やんばる酒造|原酒の海で泳ぎたい

記事の内容

  • 工場見学レポート
  • やんばる酒造の主な泡盛
  • やんばる食いな!BOXレポート

原酒の海で泳ぎたい@田嘉里酒造所

酒造所見学ツアー第2弾!恩納酒造所さんのお次は(名)田嘉里酒造所さんへ。恩納村から大宜味村までは時間がかかりますが向かっている途中にレンタカーから異音が発生\(◎o◎)/!

 

気にせずに走れるレベルの音じゃないのでレンタカー会社に電話すると、ガソリンスタンドで見てもらってくださいとのことでした。

エンジンカバーが外れてて外れたカバーを路面に思いっきりこすって走ってました。そりゃあ凄い音がするはず。でもスタンドの人は見慣れた感じで「レンタカーに多いんですよね」って軽~いリアクションでした。

 

路面に当たりそうなところをハサミで切ってもらって出直します。←そんな感じでいいの?

 

しっかり整備してください~〇〇〇レンタカーさん!!そんなトラブルを乗り越えてようやく田嘉里酒造所に到着。トラブルがあった分だけ余計に期待が高まります!

直前にお邪魔した恩納酒造所さんでは1日目、2日目、10日目のもろみを見ることが出来ました。田嘉里酒造所さんにはなんと!蒸留直前の18日目のもろみがありました!18日目ともなるともう米はほとんど溶けてしまってて、表面はあっさりしたもの。

18日目のもろみ@田嘉里酒造所
18日目のもろみ@田嘉里酒造所

蒸留した原酒を貯蔵しておく地下タンクを見せてもらいました。原酒(50~51度ぐらい?)なので近寄るとむわーっとなんとも言えない香ばしい香り。これは米の脂の匂いなんだそうです。これはもろみタンク3本分の量が入っている状態で、最大でもろみタンク21本分まで入るそう。

地下タンク@田嘉里酒造所
地下タンク@田嘉里酒造所

この原酒の海で泳ぎたい!と思うのは泡盛バカすぎますか???

 

これはなんだかわかりますか?これは割り水でアルコール度数を調整するためのタンクについている目盛りなんです。 

例えばアルコール分30度の泡盛を造りたいなら、まず30度の目盛りまで原酒を入れて後は水をタンク一杯まで入れるのかと思って聞いてみましたが違いました。そんな単純ではなさそうです。。

この建物では瓶詰めとラベル貼りの作業が効率よく行われていました。田嘉里酒造所さん 丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。訪問日:2011年10月15日

 

この日は残念ながらまるた娘さんにお会いすることができませんでした。あ、まだ一度もお会いしたことがなかったので、次回は是非まるた娘さんに工場の中を案内していただきたいです。よろしくお願いします!


やんばる酒造の主な泡盛

  • まる田
  • 山原くいな
  • 大山原(うふやんばる)etc
山原くいな43度@田嘉里酒造所
山原くいな43度@田嘉里酒造所

主催したオンラインテイスティング会から生まれた限定古酒の大山原。関連|つながるあわもりサロン

限定古酒 大山原@やんばる酒造
限定古酒 大山原@やんばる酒造

やんばる食いな!BOXレポート

やんばるの旬の味を詰め込んだスペシャルボックス「やんばる食いな!BOX」を購入してみました。なんとなくしか中身がわかっていないものは開封するところから楽しいですね。山盛り出てきました~

  • スナップエンドウ
  • 島らっきょう
  • 塩バジル
  • パッションフルーツ
  • くがにーとタンカン
  • KIZAHAコーヒーの珈琲(粉・豆)
  • 泡盛ケーキ
  • カレーとおやつ蒼翠のお菓子
  • 島どうふチップス

大山原特製ブレンド古酒とYANBARUウオッカ、シークワーサードリンクは別で購入しました。

 

まずはやんばるの新鮮な食材からいただきます。スナップエンドウはにんにく増し増しのパスタに。14年甕熟成の古酒は食前酒的に。カラメル香が凄かった~美味しゅうございました♪

島らっきょうは豚バラ巻きと天ぷらに。豚バラ巻きは大根おろしとポン酢、天ぷらは食いなBOXに入っていた塩バジルという万能スパイスでいただきました。

パッションフルーツはパッカーンと切って、片方は凍らせて酒器にしてみました。

完熟させてもまだ酸味がしっかりしていたのでアイスにかけてアクセントに使ってみました。

粉のキザハコーヒー(ヤンバルフレーバー)は袋を開けた途端に珈琲の良い香りが広がりました。泡盛漬けの生豆を焙煎しているらしい。

お気に入りの浸漬式ドリッパーで淹れました。過去最高に泡盛感を感じる泡盛焙煎珈琲で酸味苦味のバランスがよく美味しかったです。

この珈琲を飲んだら急にスイッチが入ってしまって曳いてない豆の方でウォッカコーヒーを作りました。

瓶に入りきらなかった分はビーカーでひと晩漬けて3日間乾燥させました。で、ミルで曳いてオリジナルのウォッカコーヒーにしてみました。生豆を泡盛に漬けて焙煎に対して、焙煎後の豆をウォッカに漬けたのがオリジナルですね。

まるた泡盛ねじねじ棒と一緒にいただきました。

まるたの古酒が練り込まれているお菓子です。ここにもやんばるのおいしいのコラボが詰め込まれています。


RELATED