【瑞穂酒造】泡盛テイスティング会@富山ろくちょう

81回目の泡盛テイスティングの会は、な!なんと!はじめて泡盛メーカーさんをお招きして開催することができました。

 

記念すべきお一人目のゲストは瑞穂酒造の本田さん。カリスマ営業マンとしてその名を全国に轟かせています(^^)

 

今回テイスティングする泡盛は瑞穂酒造さんのこちらの4銘柄を準備していました。

  • エンダー 25度
  • 美ら燦々 30度
  • 瑞穂熟成3年古酒 43度
  • 尚(しょう)MIZUHO 40度

瑞穂酒造さんについて少し補足すると今年で創業171年、新里酒造さんに次いで2番目に歴史のある泡盛メーカーということになります。各泡盛のオススメの飲み方やテイスティングメモと共にイベントの様子を紹介します。


乾杯はエンダーで

初心者の方も多いので一番度数が低く、泡盛らしさが弱いエンダーで乾杯しました。エンダーの日本酒を思わせる香りは吟香酵母で造られているからです。ソーダ割り(泡盛ハイボール)が人気でした。

 

テイスティングメモ

  • 香りの強さは中庸からやや弱い。軽快で爽やかな印象。
  • 第一アロマは洗米香様の爽やかな香り
  • 第二アロマは白いぶどうのようなフルーティな香り、デラウエア様のジューシーで瑞々しい香り、ラフランス様の甘い香り
  • 味わいはぶどう様の甘味、デラウエアの皮の様な苦味を感じる

美ら燦々はお湯割りがオススメ

本田さん一押しの泡盛は美ら燦々です。泡盛造りで使われる一般的な酵母ではなく黒糖酵母で造られています。エンダーと飲み比べることで酵母による違いも感じてもらえたかなと思います。本田さんのオススメの飲み方はお湯割りでした。

 

テイスティングメモ

  • 香りの強さは中庸。濃厚でしっかりとした印象。
  • 第一アロマは炊き上がりの米の香り
  • 注いで時間が経つと綿飴様の甘味を感じる
  • ニッキ様の苦味、苦味がやや長めに残る
  • 苦味、こくがしっかりつつ優しい甘味もある

古酒も水割りでどうぞ

古酒も飲んで欲しいと考えて3年古酒も準備していました。こちらはおそらく一般的な酵母(101号酵母)だと思いますので、酵母違いで飲み比べもできたはず。本田さんのオススメは水割りとのことでした。

 

みなさんいい感じで飲んでましたが泡盛初心者の方が多い会なので、薄めの水割りにしていたんでしょうね。

 

テイスティングメモ

  • 香りの強さは中庸。穏やかな印象。
  • 第一アロマは炊いた米の香り
  • 第二アロマは、メープルシロップ様の香ばしく甘い香り、パイン(缶)の様な甘い香り
  • (パイン缶を連想する)シロップ様のなめらかな甘味、黒糖様の苦味のある甘味を感じる。ミネラル、海草様をイメージする苦味を感じる。

テイスティングメモはいつものように泡盛マイスターのSさんにお願いしました。


尚は面白い

この4銘柄は本田さんの個人的なオススメも踏まえて選びました。エンダーを入り口に古酒までつなげるストーリーも意識しました。その中でも話題の新商品、尚をご紹介できたのも良かったと思っています。

 

尚については公式のテイスティングメモを記載しておきます。

  • ミントのような爽快な香り。やわらかな口あたりとほのかに感じるお米の風味により、上品な和テイストのカクテルをも演出できる、特にミキサブルな尚です。

ミキサブルという言葉に馴染みがなかったのでググってみたところ、カクテルベースに最適というニュアンスのようです。ご参考まで。

尚の話をもう少し。

尚は3回蒸留しているわけですが、蒸留した泡盛をすぐさま加水して度数を下げてからまた蒸留をしているそうです。一度蒸留した泡盛をそのまま2回目、3回目と、まるで連続式蒸留器で何度も蒸留するようなイメージでしたがそうではないようです。

 

一旦、度数を下げるのは消防法との絡みでの対応のようです。

 

ずっと気になっていた「泡盛は単式蒸留器で1回だけ蒸留をする」という決まりはどうなったんだろう?という疑問は、今回の尚の開発をきっかけに税務署の考えが変わって1回に限定しないことになったらしいです。税務署を動かしてしまうなんて画期的な泡盛ですね。

 

ちなみに尚は海外向けを意識して開発された面もあります。海外の方は香りが強いお酒が得意じゃない方が多いようで、3回蒸留のおかげで香りがマイルドになるという利点があります。

 

MIZUHOアイランドスピリッツとの差別化も香りになるんでしょうか。


泡盛にあわせたお料理

それぞれの泡盛に相応しいと思う料理をメニューからテーブル毎に選んでもらいました。画像はその一部ですが沖縄料理もあればいろいろですね~。大将・奥様いつも美味しいお料理をありがとうございます(^^)


来年もどうぞ。

お酒好きな方、泡盛ファンでもこんなスタイルで泡盛を飲み比べる機会はあまりないと思います。

 

富山ろくちょうさんに会場を移してからは、泡盛ファンの方ばかりではなく泡盛を飲むのはほぼ初めてという方にも参加していただけるようになりました。しかも初参加でも抵抗なく泡盛を楽しんでもらえているように感じています。

 

参加者のみなさんに大人の勉強会を楽しんでもらえたみたいなので、今回も大成功ですね(^^) 

 

瑞穂酒造の本田さんのおかげで酒造所の方をゲストに招いてという会を実現することができたので、来年はこういうスペシャルな会もどんどん開催したいと思っていますので関係者のみなさん、どうぞよろしくお願いします。



RELATED