金武町からレトルトまで60食のタコライスを食べ比べた僕が選ぶおすすめタコライス7選

タコライスチーズ野菜@パーラー千里
タコライスチーズ野菜@パーラー千里

金武町で食べたタコライスにハマってしまい、那覇からレンタカーを借りてまず向かうのはパーラー千里という具合に通っていた時期もありました。

 

数をこなすためにタコライスのはしごをした日が懐かしい(^^)

 

60食以上タコライスを食べ比べてわかったことをまとめました。※ほぼ泡盛は出てきません


タコライスとは?

沖縄県金武町が発祥、沖縄のチャンプルー文化が生み出したソウルフードです。 

 

2010年11月14日には金武町にある8店舗がタコスミートを提供して作った746㎏のタコライスがジャンボタコライス世界一に認定されています。

金武町商工会のパンフレット
金武町商工会のパンフレット

沖縄ブームで全国に広がったタコライスは原型を留めていないものがあるくらいにバリエーション豊富に進化しています。

  • 金武町スタイル
  • オシャレ・ヘルシー系
  • 激辛・パクチー系
  • ファイヤー・石焼き系
  • カレー・海鮮コラボ系
  • ファストフード、お弁当系
  • タコヌードル系 etc

タコライスを食べるときは、混ぜる派・混ぜない派に二分されるようですが、僕は混ぜない派というか本場の金武町のボリュームでは多すぎて混ぜれません。無理です(笑)


タコライスの作り方

タコライスの作り方をシンプルに紹介するとこうなります。 

  • ①タコミートを作る
  • ②器にご飯を盛り付ける
  • ③ご飯にタコミートをのせる
  • ④レタス、チーズ、トマトをトッピング
  • ⑤お好みでホットをかける

※タコミートは作らなくてもレトルトでOK

※タコミート、レタス、チーズ、トマトを載せる順番はお好みで

 

タコライスにのっているのは、レタスなのか?キャベツなのか?という質問をネットで観ましたが絶対的にレタスです。キャベツのタコライスは見たことがないです。

 

あさひの「ちゃんぷるるんタコライス 沖縄限定 スパイシーミート」を使ってタコライスを作ってみます。

何気なく箱を開けると入っていたのは↓このタコスミートのみ。 

スパイシーミートだからホットソースはないんだなと納得したものの、裏面には「お好みでホットソースをかけても美味しくいただけます」と書いてあります。

 

ホットソースは自己責任で準備しないといけなかったのかと納得したけど、納得出来ないことが!

 

そうです!タコスミート3人前が小分けされてなくてパウチが1つ!

 

こうなったら米兵基準の3人前のタコライスを一気に作るしかないでしょう(^^♪ 

 

盛り付けはパッケージの盛り付け例に素直に従ってみました。まずはご飯をどかっと盛って。

続いてレタスをドバっと。

お次は3人前のスパイシーミートをレタスの上に、ど!どーん!!と。

フィニッシュはチーズとトマトを盛り付けて。

タコスミートは、豚肉なのにどことなく魚介系の香りがします。それとタコスミートがウエットなのはレトルトの宿命なんですかね。

気になるところはいろいろありますが、でも・・・

泡盛入りだから許す(笑)

スパイシーミートといっても後半は味の単調さが気になりました。やっぱり3人前だしホットソースは要りますね。

 

食べ終えてタコスミートの香りが魚貝系の中でも何の香りなのか気が付きました。これは鰹節ですね。

 

いっそのことビーフ、ポーク、チキンでタコスミートを作らずにシーフードタコライスというのもありかもしれませんね。(2012年2月1日)


究極のタコライスを求めて

パーラー千里@金武町
パーラー千里@金武町

沖縄本島に行くと必ず行くのがタコライス発祥の地と言われている金武町にあるパーラー千里(キングタコス第一号店)です。※2015年6月29日に閉店されたようです(泣)

 

ここでタコライスを食べないと沖縄生活が始まりません。 

 

もともとタコスをそんなに食べたこともないし特に好きというわけではなかったので、タコライスが美味しいと聞いてもはじめはまったく興味がわきませんでした。

 

でもある雑誌で紹介されていたパーラー千里のタコライスがあまりにも旨そうで(取材陣も滞在中何度も食べたらしい)、ものは試しと一度食べてみたらタコライスの魅力にとりつかれてしまいました(笑) 

 

パーラー千里の他にも沖縄にはタコライスで有名なお店がいくつもあります。他のお店でも食べてみましたが、パーラー千里のタコライスチーズ野菜(600円)が一番でした。

  • なんてったって基地が目の前にあるので米兵向け?のボリューム感
  • 意外とさっぱりしたタコミート
  • 旅行中に陥りがちな野菜不足を一挙に解決できそうなほどのたっぷり野菜
  • これでもかと乗せられたチーズ
  • そして自家製のチリソース

思い出しただけで今すぐ沖縄に飛びたくなります(^^♪

 

金武町は那覇から結構遠いので移動時間を考えるとレンタカーで行くのがベストです。

 

最近は慶良間諸島に船で渡ることが多いので空港から泊港へ直行したいところですが、パーラー千里を知ってからはまずは金武へ行ってタコライスを食べるためだけにレンタカーを借りています(笑) 

 

でもパーラー千里周辺には安心して駐車できそうな場所がないので、ゆっくり店内で食べた事がなくいつもテイクアウトするのでこんな感じです。 

タコライスチーズ野菜@パーラー千里
タコライスチーズ野菜@パーラー千里

これはこれでケースからタコライスがこぼれそうな感じ(時にこぼれている)にテンションが上がりますけどね。

タコライスチーズ野菜@パーラー千里
タコライスチーズ野菜@パーラー千里

車内をタコミート臭でいっぱいにしながらイートポイントを探すのも楽しみのひとつです。大抵我慢できずに金武のビーチで海を見ながら食べるんですけどね。

 

あ~沖縄に来た~と実感できるサイコーの時間です。(2011年2月20日)

 

パーラー千里のタコライスが食べたくなってもすぐに沖縄に行けるわけではないので、難しいのですがパーラー千里に匹敵するタコライスを食べれるお店を探してみようと思い食べ歩いてきました。

 

関連|究極のタコライスを求めて|タコライス放浪の旅 vol.1 vol.2 vol.3


混ぜるな危険!?|KING TACOS(金武)

パーラー千里の姉妹店「KING TACOS」通称「キンタコ」です。

 

でも看板を見る限り正確には「キングターコース」?

金武町商工会発行のパンフレットで老若男女に大人気と紹介されているだけあって、入店すると赤ちゃんおじいが食事中でした。

 

おじいはタコライスではなくチキンピラフのようなのを食べていましたが、半分以上残して帰っていきました。

 

米兵基準のボリューム感はおじいにはヘビィでしょうとも(苦笑)

 

さて僕がオーダーしたのはタコライスチーズ野菜。高さ8センチはありそうな最高峰にトマトがのっています。

僕はタコライスを食べる時は混ぜない派ですが、ネットで検索してみると混ぜない派はどうやら少数派のようです。 

 

ちなみに、混ぜる派の言い分としてはこういう理由があるようです。

  • チーズが溶けてほしいから混ぜる
  • 混ぜた方が断然おいしい
  • 混ぜないとはじまらない(石焼きタコライス)

普通のタコライスなら混ぜるのもありかもしれませんが、この盛り感じゃ下手にさわれば最高峰のトマトがレタスを巻き込んで滑落してしまいそうだし、というか既に器からレタスがはみ出しています。 

 

少なくともキンタコのタコライスをこぼさずに混ぜることは不可能と言い切ります!

 

「いやいや~それはお前の混ぜテクがないからやろ?」と思われた混ぜる派の方は、是非チャレンジしてみてください。

  

タコスミートは〇っさん臭とは無縁だしレタスのシャキシャキ感も最高!

 

チーズはこってりしていてホットソースの酸味との相性もgood!でした。 

 

家でタコライスをする時の参考にと思いお店の方にチーズの種類を聞いてみたのですが、工場から送られてくるので詳細は分からないということでした。

 

わかったのは雪印製らしいということだけです。(2011年10月20日)



金武じゃないのにこのレベル|赤とんぼ(那覇)

サンライズ・なは通りにある「赤とんぼ」

 

テイクアウトがメインだけどお店の前のテーブルで食べることが出来ます。

タコライスを食べる時は混ぜない主義ですが、この盛り感では混ぜたくてもちょっと混ぜれません(サイズ大:500円)。嬉しい悲鳴って奴です(^^♪

 

崩さないように端から慎重に攻めていきます。 

ホットソースはトマトの果肉たっぷりでジューシー。これがかなりピリ辛でしばらく辛みが舌に残るほど。

 

ホットソースの他にマヨネーズもサービスでかけてくれるみたいでしたが、それは丁重にお断りしました。

 

タコスミートは程良いしっとり感でおっ〇ん臭も適度にあります。国際通り周辺でこのレベルのタコライスが食べられるのは感動です。

 

エアコンもない店の前のテーブルで食べるのは暑いけど風が抜けてなかなか気持ちが良いものです。サービスのレモン水も暑さを和らげるのにひと役買っています。(2011年8月18日)


テイクアウトのみだがしかし|タコスマイル(東京)

東京に行くことがあり、これは東京のタコライス事情を調査するチャンス!と鼻息荒く板橋区にあるタコスマイルに向かったわけですが、まさかのテイクアウトオンリーでした。

雨じゃなくて良かった(汗)

本来の目的地から片道30分もかけて来てるから食べずには帰れないし。

 

振り上げたこぶしを下ろすに下ろせず逆にオロオロしちゃって来る途中に公園なんかあったかなぁ・・・と、完全にリサーチ不足でスマイルどころか半泣きです(泣)

 

土地勘はないし次の予定は迫ってるし、とりあえずオロオロと板橋区役所駅に戻る途中に幸運にもベンチを発見。

 

そうです!平和記念像の前で一人、周りを気にしながらタコライスを携帯で撮ったりしていたのは僕です。

 

味の方は・・・諦めずに買って良かった~。

 

チーズはねっとりとしてて味が濃厚でサルサソースのピリ辛に合います(サルサソースは辛さを選べました)

 

レタスは細かく切ってあっていいシャキシャキ感が出てます。もちろんタコスミートは〇ッサン臭なし。 

 

区民が選んだ板橋のいっぴんに選ばれたのも納得です。

数日後、タコスマイルのHPを確認したら・・・

 

タコスマイルはテイクアウト専門店です。提携cafeでタコライスの持ち込みが可能です。

 

としっかり書かれていました。提携cafeか・・・

 

さらに、その下に

 

「タコスマイル周辺の公園情報満載のテイクアウトマップをご用意しています」とも書かれていて、僕が挙動不審でタコライスを食べた平和記念像の前のベンチがテイクアウトマップに載っているのかヒジョーに気になる今日この頃です(笑)(2011年9月22日)



レタスの盛感を見よ!|ハモニカクイナ(東京)

タコスマイル 同様、東京遠征なのにまたやってしまいました。

凡ミスです。。

交通の便から本店の吉祥寺店ではなく汐留店をロックオンして予定通りに到着できたのにまさかの定休日。しかも日曜が休みになったのが去年の9月からとは神様も意地悪ですわ。

でもここで諦めたら男がすたるので、慣れない東京の電車を乗り継いでなんとかハモニカクイナ吉祥寺店にたどり着きました(汗)

 

店名のハモニカの由来はどこから?って思っていましたが、どうやら吉祥寺駅前のハーモニカ横丁にあるからだと思われます!

オーダーしたのはベーシックにチーズタコライスのLサイズ。ルックスはいい感じ!

 

レタスを相当細かく刻んでるからだと思いますがレタスのみずみずしさが半端ないです。

 

しかしこのレタスの盛感はやばいです。タコライスというより前半戦はレタスを食べてる感じ。

トマトはのってませんがトマトの果肉入りのホットソースをタップリかけてと。チーズにしっかりコクがあって旨しです。

 

タコスミートはウェットです。欲を言えばレトルトじゃないんだからもう少しオレンジ色の液体がないといいですね。

しかし沖縄の金武町でもないのにタコライス専門店ですよ。

 

さすが東京だ!と言ってしまえばそれまでですが大阪ではちょっと考えられませんね。この姿勢に超リスペクトです!

 

でもまあオムタコライスや季節のタコライスという旬の素材を使った「めかぶとろろタコライス」、「オクラと枝豆のカリー風タコライス」などがあったり、タコライスとしてはイレギュラーなメニューもあります。

 

ベジタコライス(挽肉の代わりに金時豆)はもはやタコライスなんでしょうか?

 

メニューを確認して若い子やカップルで賑わっているのが納得できました。内装やプレートもオサレですしね。

 

おっさんが一人で写メ撮りつつブツブツ言いながらタコライスを食べる姿は道理で浮いてた筈です。(2012年1月18日)


タコスマイルの並がある|吉野家(沖縄)

いとう 「タコライス1つ」

店員さん「サイズは大盛りのどちらにされますか?」

 

いとう (って?・・・並ってたぶん並盛りのことだよね?タコライスで並盛りって・・・)

 

としばし固まってしまいましたが並でいいんですよ。

 

だってここは・・・

吉野家ですから!

なんだかケンミンSHOWのネタみたいですが、沖縄県内の吉野家にはこの通りメニューにタコライスがあります(^^)

吉野家のタコライス(大盛り)はレタスで何も見えない!

 

横から見てもレタスの山しか見えない!笑

レタスを掻き分けてようやくタコスミートを確認。

  • ボリュームは申し分ありません
  • ホットソースは酸味が強めの味付け
  • チーズはとろけています
  • レタスはもっと細かく刻んで欲しかった

食べながら店内を観察しているとお持ち帰りのタコライス弁当の注文が結構ありました。さすがに牛丼の方が多かったですが。

 

それにしても店員さんの「牛丼でお待ちの方~」という声が聞こえる店内で食べるタコライスは違和感ありありです。

 

あ、さすがにタコライスの特盛りはありませんでした。(2011年12月2日)


ホーメルのタコライス

自宅で食べるタコライスもなかなかいいものです。好きにアレンジができるし泡盛も飲み放題だし(^^♪

 

レトルトタコライスの二大巨頭といえば沖ハムとこのホーメル。沖縄の離島の海の家で出てくるのは、この2つのどちらかだと思いますね。

 

ホーメルのタコスミートを使ってタコライスを自作してみました。

意識したのはパーラー千里の

米兵基準のボリューム感

トマトのカットの仕方もパーラー千里をまねてみました。

 

あとは大阪で食べるとチーズの量が少ないのが不満だったので、これでもかとチーズをトッピング。 

 

2食分のタコスミートを使って作ってみました。器が小さいとのりきらないので大皿に盛りましたがこれじゃボリューム感が分かりにくいですね。

 

個人的には通常の味のタコスミートはオキハムのものよりホーメルのほうが好きです。

泡盛は「忠孝(30度)」・忠孝酒造です。

 

いつものバイブル「知識ゼロからの泡盛入門 」によると「フルーティでまろやかな泡盛」と書いてありましたが水割りにしてもしっかり味がする力強い泡盛だと感じました。

 

ストレートでちびちび味わうのもいいですが泡盛は水割りでぐいぐい飲むのが沖縄らしい飲み方だと思うので(タコライスと一緒ならなおさら)、水割りがうまい忠孝はいい泡盛だと思います。(2011年5月19日)


オキハムの大辛タコライス

オキハムの「大辛タコライス」です。

 

本品はホットソースなしのタコスミートのみ。といってもタコスミートが沖縄県産のハバネロ入りなのでホットソースは不要です。

パッケージの盛り付け例に素直に従う従順な僕。

と見せかけて、チーズはこのくらいたっぷり欲しい!のでトッピング。

ホットソースは付いていませんが、タコスミートがホットどころか

ファイヤ~!!って感じ。

辛い物を食べるとしゃっくりの出る体質(?)のため、しゃっくりが止まりません。

 

ほんとトマトだけが心の寄りどころ。

 

それでも食べ進めると舌がジンジン、鼻がズルズル、喉がヒリヒリ。

しかし食べ終える頃には花粉症気味の鼻の通りも良くなり、癖になる辛さでした。ごちそうさまでした(^^♪(2012年6月20日)