泡盛はオンザロックだけじゃない! こんなにある泡盛の飲み方

泡盛カクテル 58KACHA-SEA
泡盛カクテル 58KACHA-SEA

泡盛といえば・・・オンザロックやストレートで飲むものと思っている方が本当に多いです。

 

沖縄が持つ大らかで開放的なイメージや一年中温暖な気候ということもあって、高い度数のお酒をオンザロックやストレートでグイグイ飲んでいるイメージを持ってしまうのかもしれませんね。

 

実際のところ、沖縄では泡盛はかなりの割合で水割りで飲まれているといっていいのではないでしょうか。アルコール度数が14~15度位(もっと低い?)の水割りにするので、日本酒やワインと変わらない度数です。

 

こう書くと。 

 

なんかイメージと違うとがっかりされる方もいるかもしれませんが、これが等身大の泡盛の飲み方なんですね~。

 

ちなみに割るのは水に限らず、ソーダ(炭酸水)をはじめさんぴん茶、珈琲や牛乳で割ったりするのも沖縄ではメジャーな飲み方です。もちろんオンザロックやストレートで味わいたい泡盛も沢山あります。

 

他には泡盛カクテルやお湯割り、パーシャルショットなど泡盛マイスターが初心者にも楽しめるオススメの泡盛の飲み方を紹介します。

 

記事の内容

  • ソーダ割り
  • 水割りをフロートスタイルで楽しむ
  • 意外と簡単!泡盛カクテルに挑戦
  • シークワーサーと泡盛は鉄板です
  • コーヒー割り・牛乳割りも定番
  • オンザロックやストレートで飲みたい泡盛
  • パーシャルショットって
  • 泡盛のお湯割りってあり?
  • 宮古島名物オトーリ etc

炭酸割りにするだけで印象が変わる!?

泡盛のソーダ割りで乾杯
泡盛のソーダ割りで乾杯

泡盛と炭酸水を1:1でブレンドしただけです。

 

グラスの力もあると思いますがオシャレで洗練された雰囲気に(^^)

 

炭酸割りは家で飲むよりもバーで待ち合わせをする時にいいかもしれませんね。これから出動って感じがして(笑)

 

水割りだと「まったり」という感じなのに水を炭酸水に変えただけでこんなに印象が変わるのは面白いですね。

 

ちなみに泡盛はエンダー・瑞穂酒造です。




泡盛初心者にオススメしたい泡盛のイメージが変わるかもしれないお酒です。イベントでも楽しんでいただきました。

アワモリ×アワヒニ メニュー試作会

瑞穂酒造様のサポートの元、新しいスタイルの泡盛イベントを提案しました。

飲みやすい方がいいけどソーダ割りにすると泡盛本来の味わいがわかりにくくなるのがちょっとなぁ、という方もいそうですね。

 

お酒は特別強くないけど泡盛をじっくりと味わいたいときにオススメな飲み方があります。


インスタグラムでも泡盛の魅力・楽しみ方をわかりやすく発信中!



水割りをフロートスタイルで楽しむ

飲む機会が続くと特別お酒が強くない僕は薄めの水割りをお願いしたくなりますがはじめて飲む泡盛だとほんの少しでいいからストレートで飲みたいと思うわけです。

 

でも水割りが欲しいけどその前におちょこにストレートで少し入れてなんて言いにくい時ってありますよね?ないですかね、僕だけ?笑

 

そんな時に水割りなんだけどストレート気分で泡盛を楽しめる方法ってことで某泡盛メーカーのNさんからフロートスタイルという飲み方を教えてもらいました。

 

先に注いだ水の上に泡盛を浮かべるようなイメージで注ぎ、ステアせずに水の上に浮んだ泡盛をストレートで楽しむような飲み方です。

 

そおっと浮かべるように泡盛を注ぐのが肝なんですけど、伝わってますかね?

 

やっぱり文章ではわかりにくいと思うので画像でご紹介します。先に水を注いだグラスにそおっと水の上に泡盛を浮かべるように。 

樽貯蔵泡盛をフロートスタイルで楽しむ
樽貯蔵泡盛をフロートスタイルで楽しむ

イメージではうまくいっているんですけど心が乱れているのか?手が震えているのか?混ざってしまいますね(苦笑)

樽貯蔵の琥珀色の泡盛を使ったので文章だけよりはわかりやすくなっていませんかね?

 

ステアせずとも時間とともにどんどん混ざってしまうのでムダ話はしないで、注いだそばからすばやく飲むのがフロートスタイルを楽しむ鍵ですね。 




泡盛で作るカクテル

蒸留酒の泡盛はカクテルベースにも最適です。代表的な泡盛カクテルにはアワモリ・トニックやしまボールなどがあります。それから泡盛業界イチ押しの泡盛カクテルといえば、こちらの58KACHA-SEA(ゴーヤカチャーシー)です。

泡盛カクテル 58KACHA-SEA
泡盛カクテル 58KACHA-SEA

泡盛マイスター協会から泡盛カクテルブックも出ています。

 

泡盛は30度が一般的なので強い酒というイメージがあるかもしれませんが、水割り、炭酸割りに限らずにカクテルのベースとして、飲みやすい飲み方で遊び心を持って飲めばいいんだと感じてもらえたら幸いです。 

意外と簡単!泡盛カクテルを楽しむ。 

しまボールやアワモリ・トニック、沖縄を代表する泡盛カクテル58KACHA-SEAだけでなく、もっと気楽に楽しめるものもあります。60種類以上作ったオリジナル(なんちゃって)の中から特に人気のある泡盛カクテルを厳選してご紹介します。


カクテルともひと味違う泡盛フルーツポンチ。アウトドアでも女子会でも盛り上がると思いますよ!

アウトドアにもハマる。泡盛フルーツポンチ!

泡盛カクテルとも違うフルーツポンチ。漬け込まないので泡盛サングリアよりも手軽です。

泡盛カクテルなんてハードルを上げず、それこそ泡盛の水割りにシークワーサーをプラスするだけでも雰囲気が変わります。

 

それにシークワーサーひとつでも果実、果汁、ジュースとバリエーション豊かに楽しむこともできます。こんな感じですね。


シークワーサー×泡盛という鉄板

泡盛に入れる・搾る用にシークワーサー(和名ヒラミレモン)をさりげなくつけてくれる沖縄料理屋さんもあるくらい、泡盛とシークワーサーの相性は抜群ですよね。飲みやすくなるだけじゃなくてあの酸味がいい仕事をしてくれます。 

 

ど定番から変化球までシークワーサーを使った泡盛のおいしい飲み方をご紹介します。

シークワーサーを使った泡盛のオススメの飲み方。

泡盛とシークワーサーは鉄板の飲み方ですよね。カットして果実をそのまま水割りに入れたり。飲みやすいだけじゃなくて果汁を搾ってしっかりとした酸味を味わうのもお好みで。



コーヒー割り・牛乳割りも定番です

ファミリーマートの泡盛コーヒーが話題になったので知っている方もいると思いますが、沖縄では泡盛でコーヒーで割るのは定番の飲み方といってもいいと思います。

 

缶コーヒーで割ったり、泡盛にコーヒー豆を漬けたり、水出しコーヒーのように泡盛出しをしたりとバリエーションも豊富です。泡盛の牛乳割りも定番ですが、濃く作りすぎた泡盛コーヒーはミルクを入れてカフェオレ風にどうぞ!

【沖縄では定番】泡盛コーヒーのオススメの作り方。


泡盛リキュールという選択肢。

泡盛カクテルもいいけど。手間を掛けずに飲みやすく泡盛を楽しめるようにと、泡盛ベースのリキュールがたくさんの泡盛メーカーから販売されています。 

泡盛リキュール@東京泡盛パーティー
泡盛リキュール@東京泡盛パーティー

オンザロックやそのまま飲んでも美味しく作られていますが、甘いと感じる方も少なからずいらっしゃるようです。

 

そんなときは・・・ソーダで割ったり凍らせてみたり泡盛リキュールもアレンジしてみよう♪ってことで。

泡盛のイメージが変わる!入門編に泡盛リキュールはいかが?

泡盛がベースのお酒でカクテルのように甘味や酸味を程よく感じることができる泡盛リキュール。ストレート、オンザロックだけじゃなく、ソーダ割りやフローズンスタイルとアレンジも楽しめます。赤ワインをブレンドした変わり種も。入門編に泡盛リキュールはいかが?


と飲みやすさを前面に出した飲み方を中心にご紹介しましたが、泡盛はオンザロックやストレートで飲むのももちろんアリです。というよりもロックやストレートでぜひ味わって欲しい泡盛もたくさんあります。 

ストレートの一択!

五升甕と泡盛の古酒
五升甕と泡盛の古酒

テイスティンググラスで泡盛と向き合いながら古酒をじっくりと味わうのもいいですし、年代物の古酒はちぶぐわーという小さな盃でなめるように味わう楽しみかたもあります。

 

仕事が一段落した時は年代物の古酒をオンザロックでじっくり楽しみたくなりますし、瓶のまま冷凍庫で凍らせた(パーシャルショット)トロトロの花酒(60度)を味わうならストレートに限ります。

 

↓あわせて読みたい!

【60度の泡盛!?】与那国島の花酒の秘密

与那国島で造られる花酒(はなさけ)。その由来や泡盛との違い、造り方、オススメの飲み方を泡盛マイスターが紹介します。


自家製の〇〇酒

アルコール度数40度以上のもあるので泡盛で梅酒を漬ける方も多いです。僕はウコンを漬けて自家製ウコン酒を作っています。これがとにかく濃い(笑)

うっちんパワー全開!これぞリアルウコン!?


泡盛のお湯割ってあり?

菊之露のお湯割り
菊之露のお湯割り

それから常夏の沖縄からはイメージしにくいかもしれませんが芋焼酎のようにお湯割りで楽しむのもOKです。

 

関連記事:【初心者向け】泡盛とは?泡盛と焼酎は何が違うの?

 

僕も冬場はよくお湯割りで楽しんでいます。

 

お湯割りなら身体の芯から温まるし、寒いとなかなか香りが立たないのですがお湯割りにすることで寒い時期でも芳醇な泡盛の香りを十二分に楽しむことができる古酒のお湯割りもオススメです。

 

お湯で割るのではなく酒タンポで燗をつけること(熱燗)もあります。

さむ~い夜だから・・・泡盛でホットひと息|お湯割り編

寒い日は泡盛だってお湯割りで。お湯割りにすると香りが立つので古酒のひとつの楽しみ方としてもオススメです。泡盛マイスター的には普通のお湯割りじゃ物足りないので燗酒にしてみたり、いか徳利でアレンジしてみたりと楽しみ方は無限大(^^♪


宮古島のオトーリ【コラム】

泡盛好き・沖縄特に宮古島好きなら一度は耳にするであろうオトーリ。宮古島にはオトーリという独特の泡盛の飲み方があります。

【宮古島名物】オトーリという泡盛の飲み方

夜のトライアスロンと恐れられる宮古島独特の泡盛の飲み方、オトーリ。オトーリ廃止決議をしたその日の夜にオトーリを回したという上野村議会の真実は??未体験なので本で得た情報が中心ですが、宮古島名物オトーリついてまとめました。


ほとんどの泡盛は既に水割りです。【コラム】

泡盛はアルコール度数30度が一般的なので、泡盛を強い酒、きつい酒と敬遠されている方がヒジョーに多くてとても残念です。一方で泡盛好きの中には水で割ることをもったいないと感じている方も結構いらっしゃるように感じます。

 

意外かもしれませんが、30度だろうが43度だろうが市販されている泡盛は、そもそも水割り状態だということをわかってもらうと、泡盛の水割りが広く受け入れられる気がするんですがどうでしょう?

泡盛を水割りで飲むのはもったいない!?

泡盛初心者でオンザロック派の方の話を聞いていると「どうせ飲むなら割らないで飲みたい」。古酒では特にそんな想いが伝わってきます。 泡盛は度数が高いことが敬遠する理由になっているにも関わらず、なんでそのままで飲みたいの?ここが気になって、つっこんで聞くと30度の泡盛は、できたてから30度と思っているような反応がかえってくるので泡盛を醸造酒と混同しているような印象を持ちます。


泡盛の楽しみ方は無限大

水割り、ソーダ割りをはじめ泡盛カクテル。それからオンザロック、ストレート、お湯割りなど主な泡盛の飲み方をざっと挙げてみました。 

 

飲み方ひとつを取ってもいろいろな楽しみ方があります。これに数百ともいわれる泡盛の銘柄との組合せ次第で泡盛の楽しみ方は無限大に。本サイトではそれぞれの飲み方について、もっと詳しい作り方やおススメのレシピをご紹介します。

無限大といえ飲みすぎは論外。

度数の高いものが多い泡盛は気がつかないうちにお酒の適量を超えてしまっているかも? 1日に飲む泡盛の適量ってどのぐらいなんだろう?と、気になって調べてみました。

数値で知る 節度ある泡盛の飲み方

泡盛に限らずお酒があるコミュニケーションはとても楽しいもの。楽しいゆえについつい普段よりも沢山飲んでしまうわけですが、度数の高いものが多い泡盛は気がつかないうちにお酒の適量を超えてしまっているかも?1日に飲む泡盛の適量ってどのぐらいなんだろう?と、ふと思い調べてみました。