泡盛マイスターは酒豪しかなれないの?

「泡盛マイスターなんです」と言うとかなりの確率で「凄いですねぇ。お酒強いんですねぇ」と感心されるのですが、いやいや泡盛マイスターはそういう資格じゃないですからっ!

 

でもまわりの泡盛マイスターは確かにお酒が強い人が多い。自分はどうなんだろう?感覚的な話じゃなくて体質的にアルコールに強いのかを思い切って遺伝子検査で調べてみました。

 


お酒が強くないと泡盛マイスターになれない?

 

泡盛は強い酒というイメージが前提にあるので、泡盛が好き・詳しいということは相当飲めるはずだから「泡盛マイスター」と聞くと、それはもうむちゃくちゃお酒が強いんだろうなという想像が働くんでしょうけど、お酒が強いかどうかは合格判定にはまったく関係ありません(苦笑)

 

筆記試験と実技試験があって実技ではテイスティングという科目がありますが、試験の時は基本的に口に含むだけで吐き出しています。普通に飲んでいる人も多いようですが(苦笑)

 

泡盛を口に含むので未成年は受験できませんが、練習でも試験でも特に飲む必要はないのでお酒が飲めなくても取れる資格です。


僕は酒が強いのか?

正直なところ若かりし頃は「自分は酒が強いのでは?」と勘違いしたときもありました。今となっては僕の周りの泡盛好きにはお酒が強い人がとても多いので自分なんて大したことないなぁと自覚しています。

  

泡盛マイスターの僕は果たして酒が強いのか?強くないのか?相対的じゃなくて絶対的にどうなのか?そんな疑問が湧いてきました。

 

過去を振り返れば数々の失態に年々弱くなっているなぁと痛感する今日この頃。そもそも強かったのが弱くなったのか?もしかしたら強くないのに単に若さで乗り越えていたのが年齢とともに乗り越えられなくなったのでは?という疑問すら湧いてきました。


思い切って遺伝子を調べてみた。

遺伝子の型を調べることで体質的にアルコールに強いかどうかが分かるという、ジーンライフという会社のアルコール代謝関連遺伝子検査キットを見つけてしまいました。たまたま新生活キャンペーンかなにかで通常は5,250円のところがスペシャル価格の2,980円。

 

いつやるの?今でしょ!

 

すっかり使い倒された感がありますが、1度このフレーズを使いたかったもので、すみません(苦笑)

 

申込みからほどなくしてこんな箱が送られてきました。

 

かなり大きな箱の割に中身はこれだけ。

口の中をこの綿棒状のものでコシコシして同意書と一緒に返送すると、アルコールの耐性が3段階で解析され、その結果に応じたシリコンバンドが送られてくるという仕組みです。

  • 強い
  • やや弱い
  • 弱い

ちなみにこれは使用前の画像なのでご安心ください。


さて解析結果は如何に!

ジーンライフからアルコール代謝関連遺伝子検査の結果が送られてきました。

開けると中には検査結果を表すシリコンバンドがっ!!色はグリーン、そしてバンドに刻まれた文字は「*1/*1」

シリコンバンドにはDon’t let me drinkの文字が刻まれています。

それからtoo much!!も。

バンドに込められたメッセージは「私にあまりお酒をすすめないでください!」

 

ということはやっぱり弱かったか。。 

 

過去の数々の失態もアルコールに弱かったゆえと納得。飲めないのに今まで無理してきたんだ、お疲れ自分と言ってあげたいとなんともいえない心境の中でこの紙を見ていると・・・

他の色のバンドにはこう書いてあるようです。

  • 黄|お酒は2杯が限界です!
  • 赤|私はお酒がまったく飲めません

ということは、遺伝子型が「*1/*1」はアルコールの耐性が強いということになります。

 

「なんだ、やっぱり強いんじゃねぇの!!」となると、過去の失態は単なる飲みすぎによるものでした(爆)

 

アルコールに「強い」というのは「弱い」よりはなにかといいような気もしますが、「強い」方がアルコール依存症になるリスクが高まるので気を付けなければいけないんだそう。このバンドは自分に対する戒めとして飲む時に持ち歩こうと思います。

 

ちなみに、日本人の6割弱は遺伝子型が「*1/*1」みたいです。

 

残りの4割は強くないってことになるはずですよね。遺伝子の型が生まれ育った地域とどこまで関係するのかわかりませんが、高校の同窓会や山形県人会の飲み会でのみなさんの飲みっぷりを拝見する限り、どうしても4割とは思えない。酒処山形恐るべし!


RELATED