ジューシーな泡盛カクテル

泡盛を気軽に楽しもう!とカクテルなんて名ばかりの泡盛を何かで割っただけのなんちゃって泡盛カクテルを楽しんでいます。

 

割るのは清涼飲料水、炭酸飲料が定番ですが、たまにはフレッシュな100パーセントの果汁や生搾りで豪快に割ってしまおうという企画です。名付けてジューシーな泡盛カクテル!行ってみましょう!

  • 泡盛のパイン缶割り
  • たんかんの生絞り割り

泡盛のパイン缶割り

唐突ですが、パイナップルを食べすぎて口の中が切れたことってありませんか?

 

パイナップルと聞くと、相方がタイに行った時に食べ物が全く合わなくて旅行中はパイナップルだけで過ごしたというエピソードを必ず思い出します。何日もパイナップルだけなんて口の中が切れまくりで、ちょっとした拷問ですよ。 

 

そんなことはさておき(苦笑)、ジューシーな泡盛カクテルの1杯目で使うのはそんじょそこらのパインジュースとは違いますよ。そもそもジュースじゃないし。誤解を恐れずにいえばパイナップルの缶詰めの残り汁を使います。残り汁というと聞こえは悪いけど、味は間違いありません!

これは砂糖不使用の自然体「砂糖の入っていないパイン缶詰 ロイヤルスウィート」です。泡盛マイスターのKさんに教えてもらい国際通りのわしたショップで購入しました。パイナップルよりも残り汁(果汁)の方が気になって缶詰を買ったのは初めてです(笑)

ミルク酒作りで学んだ缶詰を注ぎやすくする加工もお手の物です(^^)v

おっと、忘れるところでした。こちらが本来はメインであるはずのパイナップルです。

本来は脇役のはずの果汁の力でいい感じに仕上がった泡盛のパイン缶割り。

真夏のビーチで飲んだらきっと最高です。何を隠そう果汁だけも「砂糖の入っていないロイヤル・スウィート パインジュース」として販売されているので美味しいのは、当然といえば当然なのです。それにしてもパインジュースだとたくさん飲んでも口の中が痛くならないのが不思議!!笑

 


たんかんの生絞り割り

たんかんって「ポンカン」×「みかん」なんですね。「たん」はどこからきたんでしょう???

 

みかんの季節は冬。こたつでテレビを見ながら一気に2、3個食べてしまうイメージがありますが、ヤンバルの灼熱の太陽で育ったたんかんには、こたつは似合いません。似合うとすれば、それは沖縄の銘酒、泡盛。

いささか強引な感じですが(苦笑)、ジューシーな泡盛カクテルの2杯目は沖縄はヤンバル生まれのたんかんを使います。

 

スクイザーを使って手でじっくり搾った100パーセント果汁を使った泡盛の生絞りたんかん割りです。「スクイザー」なんて普段使いませんが、挑戦している泡盛マイスターの技能競技大会は筆記試験もあるのでカクテルをつくる道具もときどきおさらいしておきます。

 

まずは果汁だけで。ヤンバルの自然の中で育まれたからでしょうね、しっかりとした甘さがあります。

生搾り、本搾り、一番搾り、直搾りと〇〇搾りが乱立していますが、これはやっぱり生搾りになるんでしょうか?

 

生搾りの濃いたんかんで割った泡盛もかなりイケます。

ところで、雪がまったく似合わないヤンバル育ちのたんかんでも、こうやって2つ重ねると雪だるまに見えてくるのは僕だけ?

こういうのはやっぱり雪国育ちの成せる業かもしれませんね。口は残念ながらたんかんではなくみかんです。

地味に怖い(汗)
地味に怖い(汗)

フルーツと泡盛の組合せを変えてジューシーな泡盛カクテルを楽しんでみませんか?


RELATED