あんまり長持ちするのも考えもの。

少し前にかかってきたこんな電話。

 

リースしているビジネスフォンの保障期間が終わるから修理の対応が・・・云々。

 

再リースを何度も繰り返しているのでまあしょうがないよなと思い「壊れてももう修理する部品がないということですね?」と話をまとめて切ろうとしたら

 

「ないというわけではなくある分だけでの修理になります。」と歯切れが悪い上に、しまいには、新しいビジネスフォンの提案に伺いたいと言い出した。

 

本当の目的はそっちかーって感じ。

 

気持ちはよくわかりますけどね。

 

 

事務所の電話機なんてそうそう壊れないんですよね。新しい機能もいらないし。

 

なんなら携帯で十分な感じ。

 

壊れる気配がない。そんなことを言っていると壊れそうで嫌なんですけど(笑)

 

再リースになるとびっくりするくらい安くなるし、そもそも性能が普通に良いので今よりも性能の良い機種なんて必要としていないし。

 

新しい電話機にする理由なんてまったく見当たらない。

 

以前はユーザーが勝手にというか、うまい具合に乗せられてモデルチェンジとあわせて買い替えが起こっていたけど、いまは新商品というだけでは購入に対するインセンティブは働かない。

 

電話機に限らず電化製品を定期的に買い換えてもらうビジネスは今の時代には難しいですよね。

 

 

賞味期限があと数日に迫ったビールを飲みながら思ったのはそんなことでした。

賞味期限のない腐らない泡盛も考えものかもしれませんね。

 

寝かせた方が美味しくなるなんて、美味しいうちに早く飲んでしまおうという話にならないわけなので。

 

定期的に買い換えが生まれるようなビジネスモデルは素晴らしいなと思った今日この頃。

 

ここまで書いてきて、お金2.0で読んだ使わなければどんどん価値が目減りしてくお金の話を思い出して、みんなが貯めようとするよりも新鮮なうちに使おうと思うお金というのはなんと可能性のあることだと思った次第。