泡盛マイスターが国家資格に??

このニュースを知ったときは純粋に嬉しかったですね。

 

国家資格は無理みたいですが、「泡盛マイスター」という文字を久しぶりにメディアで見たので。

 

最近、自己紹介をする機会が増えています。

でも「泡盛マイスターの伊藤です」と言うと、すごく自称感が出るみたいで

 

あぁ、いま胡散臭く思われてるよなぁと感じるときがあります(苦笑)

 

 

というわけで、「泡盛のソムリエとして活動しています。」みたいな紹介に甘んじています。

 

ソムリエが世間に認知されているので泡盛のソムリエという方が伝わりやすいんですよね。泡盛マイスターという沖縄県知事認証の資格に誇りをもって活動していますが伝わらないことには意味がないので。。

 

メディアに取り上げられることで泡盛マイスターが認知されるきっかけになれば嬉しいです。

 

協会本部のこういった活動を素晴らしいなぁと思う反面。全国に600余名いる泡盛マイスター達が地道な活動を通して「泡盛マイスター」を盛り上げていくことも必要だと思うんですよね。

 

例えば、SNSに泡盛のことを投稿するならハッシュタグで泡盛マイスターをいれるとか。地道すぎると思うかもしれないけど認知されるための努力ってこういうコツコツやることなんじゃないのかなと思うんです。

 

国家資格に代わって泡盛マイスターの上位資格を作るという展開がありそうですが、最近は「泡盛マイスター」をグーグル・ヤフーで検索すると泡盛マイスター協会の次に僕のサイトが出てくるんですよ。

 

10位以内に入ったことなんてなかったのになぜか、じわじわと上昇している。ヒットしている記事というのは2015年に書いた記事なんですよね。

 

僕が頑張って記事を書き続けたわけじゃなくて単に他のサイトの更新が止まっているのが理由?

 

ないと思うけど。泡盛マイスターで検索して、もしも僕のサイトが1位になるようなことがあれば、もしそんなことになったら泡盛マイスターを名乗るよりも

  • 泡盛のソムリエでも
  • 泡盛マスターでも
  • 泡盛エンターティナーでも

 

好きに名乗った方が動きやすいんじゃないだろうか?

 

資格からはみ出すってこういうこと??

 

と思っていたら、先日の朝日新聞に泡盛マイスターの技能競技大会でご一緒してその年に優勝された貞岡さんが泡盛マイスター協会の新会長として紹介されていました。久しぶりに上がった(^^♪