スパイスカレー×泡盛@スパイスカレー大陸

スパイス好きの泡盛姐さんこと久美さんが

スパイスカレーと泡盛のコラボイベントを

企画してくれました。

 

タイトルは「NO SPICE NO LIFE」

 

記念すべき第1回はスパイスカレー大陸さんです。

 

10000チャレンジメンバー茜 志保さんの影響で

スパイスカレーが気になっている今日この頃。

 

そんなわけで二つ返事でOKしたのですが、

タイ料理に続いてスパイスカレーも超初心者。

 

関連記事:タイ料理に開眼。パクチーモヒートもいい感じ。

 

スパイスに合う泡盛を選ぶことになったものの

またしても自信はなかったですね(苦笑)

 

いつもの初心者向けの泡盛を入口に、

  1. 泡盛でカリー!ブレンド(久米仙酒造)
  2. 白百合(池原酒造)
  3. 八重泉グリーンボトル(八重泉酒造)
  4. 珊瑚礁5年古酒(山川酒造)

気づいたときにはノリノリで

古酒まで飲んでしまってるという(笑)

 

いつものストーリーをイメージして

この4銘柄を準備していました。

 

古酒までスムーズにつなげると言いながら

スパイスと聞いて外せなかったのはこちら。

 

いわゆるスパイシーとは違うかもしれませんが、

スパイスカレーと合わせてみたかった白百合。

 

今回は思い入れたっぷりの白百合は外せません。

 

 

関連記事: 土の匂いがすると噂の泡盛。白百合の噂は本当なのか??

 

濃厚な味付けでも爽やかに楽しめる

泡盛ハイボール用に八重泉のグリーンボトル。

 

スパイスで刺激を受けた身体に

優しく寄り添ってくれそうな

珊瑚礁の5年古酒という布陣。

 

泡盛ハイボールを楽しむ頃には

もはやカレーは残っているはずもなく、

泡盛チョコと合わせてみました。

 

 

 

 

樽熟成泡盛とチョコのコンビは

やっぱり間違いなかったですね。

ハイボールよりも

オンザロックが人気でした。

 

ラストの泡盛、珊瑚礁の

タイミングで登場したのは、

久美さんの沖縄土産のカヌレ。

 

実はこれ泡盛カヌレなんです。

 

食後のコーヒーと一緒の

タイミングになりました。

 

8種類のこだわりのコーヒーから選んだのは

フルーツのような酸味を感じるエチオピア。

当然のように他のコーヒーも気になったもので、

みなさんのコーヒーを味見させてもらいました。

 

泡盛のテイスティングも似ていますが、

 

豆の種類、焙煎、挽き方・淹れ方。

いろいろな要素があいまって

コーヒーのテイスティングも奥深そう。

 

珊瑚礁は常温の水割りが一番人気でした。

流れが作れたら泡盛初心者の方にも

古酒を楽しんでもらえるんですよね(^^♪

 

最後になりましたが

肝心のスパイスカレーはこちらです。

 

 

器も素敵な3種類のカレー@スパイスカレー大陸
器も素敵な3種類のカレー@スパイスカレー大陸

副菜がとても充実しています。

3種類のカレーを別々に楽しんだ後に

全体をざっくりまぜて口に運ぶと

一度にいろんな味を楽しむことができます。

 

ここ1年くらいですが、ちょこちょこ

スパイスカレーを食べてきました。

一度に3種類を愉しめるというのがたまりませんね。

 

カレーについての解説は恥ずかしいくらいに

できないのですが本当に美味しかった!!

 

カレーの詳細はこちらの記事をご参考に。

 

ちなみに。

 

スパイス好きのみなさんに一番人気だったのは

あの泡盛をアレンジした飲み方でした。

 

 

イベントが楽しくてテンション上がって

ついついこんな投稿をしたのですが、

詳しい話は検証をしてからですね。

 

泡盛の可能性にかなりの手応えを感じました。

この辺でやめておきますが、

方向性としてはジンですかね??

 

 

 

スパイスカレーをきっかけに泡盛初心者の方に

参加していただくことができました。

 

今回も新しいコラボで泡盛の入り口を

広げることができたんじゃないでしょうか?

 

スパイスカレー大陸のみなさんには

大変お世話になりました。

 

どうもありがとうございました。 

 

久美さん!第2回の企画を楽しみにしています(^^♪