鍋の季節、泡盛はお湯割りが恋しい。第69回大阪泡盛の会

開催日:2018年11月29日

テーマは千代泉ブレンド@第69回大阪泡盛の会
テーマは千代泉ブレンド@第69回大阪泡盛の会

だんだんと寒くなってきました。

泡盛も縮こまってしまうような印象で

テイスティングするのが難しい季節に突入。

 

今回テイスティングしたのはこちらの3銘柄。

どこかで見たことがあるような気がしますね。

 

前回のきき酒会で僕が飲むことができなかった

千代泉をリベンジさせてもらいました。

 

関連記事:誇酒プロジェクトはなんで千代泉をブレンドしたの?

 

いつも通り泡盛テイスティングチャートを

隣においてテイスティング開始です!

その傍らには秘密兵器の醤油さし。

魚型じゃないですけどね。

泡盛テイスティングチャートと秘密兵器
泡盛テイスティングチャートと秘密兵器

千代泉×松藤のポイントは黒糖酵母で造られた

赤の松藤がブレンドされているところ。

 

第一アロマは4:蒸米

第二アロマはこのあたりを感じました。

  • 46:ミント
  • 57:マッシュルーム
  • 69:熟したメロン
  • 84:海草類

スパイシーで苦味が印象的な味わいですね。

 

この苦味を表現するのが難しかったのですが

シェアタイムであ、これだ!というのが見つかりました。

 

柑橘系の白いわたの苦味、グレープフルーツ

の皮の苦味のイメージです。 

 

話が変わって。

 

寒くなってくるとよく言われるのが

泡盛を飲むなら沖縄でしょとか、

飲んでも夏だけでしょとか。 

 

そんなことは言われたくないので寒い時期に

相応しい飲み方と料理を考えましょ!

 

相応しい料理はこんな意見がでました。

  • 苦味が強いので甘い冬瓜漬けやラフテー
  • フルーツを入れて甘味のあるトニックウォーターで割ってお好み焼きと
  • ソーキの煮付け、うむくじのてんぷら

苦味とあわせるなら山菜のてんぷら

あたりもよさそうです。

 

飲み方は丸氷を1つ入れて溶かしながら

味わいの変化を楽しむのもいいですね。 

 

 

千代泉×たつ浪のテイスティングはブレンドに

使われたベースのたつ浪があるので並べて

テイスティングをしました。

 

たつ浪は簡易濾過なので予想通り

白い浮遊物を確認。

脂成分だから全く問題ないんですけどね。

知らないとなにこれ?って感じですよね。

脂成分が目で見えるほどにろ過が緩やかなたつ浪・伊平屋酒造所
脂成分が目で見えるほどにろ過が緩やかなたつ浪・伊平屋酒造所

たつ浪は甘さひかえめの黒いぶどうの皮の

ような苦味と酸味を感じます。

 

瑞々しさを感じジューシーな印象の泡盛です。

上等なブランデーから漂う雰囲気に近いものを

感じます。

 

このたつ浪にブレンドしたというのがわかると

テイスティングの判断基準ができてやりやすい

ですね。

 

たつ浪×千代泉はまったりとした印象。

ベースがそうなのでやっぱりオイリーですね。

 

第一アロマは5:炊き上がりの米

第二アロマはこのあたりを感じました。

  • 8:さとうきび
  • 17:ジャスミン
  • 83:栗
  • 85:干ししいたけ

甘味は白い瓜の奈良漬、砂糖漬けにした

オレンジのような酸味を感じました。

ビターキャラメルのような苦味も感じます。

 

醤油さしは香りがわかりにくくなったときに

2、3滴加水するのに使います。そうすると

香りがふぁっと立つので困ったときの

秘密兵器というわけなんです。

 

で、加水したら苦味が増しました。

あるイベントでお会いした方が

 

伊平屋の泡盛だけはどうも苦手なんです

 

と言っていたのは、この苦味か?

オイリーな感じが理由かもしれませんね。

 

嗜好品だから好みが分かれて当然ですが、

一度、本格的なテイスティングで

その個性を感じてもらいたいと思います。

 

相応しい料理はこんな意見ができました。

オイリーさを中和するという発想からの

  • チゲ鍋、マーボー豆腐、ピエンロー鍋

逆に泡盛で油分を補うという発想から

  • 白身魚のマース煮、鳥ササミの塩焼き

他には生姜を使った鍋など鍋料理が多かった

のは季節柄なんでしょうね。

 

泡盛にお湯割りのイメージはあまりないかも

しれませんがこれはお湯割りがよさそうです。

熱々よりはすこし冷ましたもので

割ってみてください(^^♪

 

関連記事:さむ~い夜だから・・・泡盛でホットひと息 お湯割り編

 

 

たつ浪はだいぶ残っているので

しばらく寝かせてみようと思います。

これは面白く変化しそうで楽しみです(^^)

  

最後にグラスに残った香りを確認したら

たつ浪ブレンドはミルクキャラメル

ブレンド前のたつ浪からはキャラメル香

を感じました。

 

鍋で温まりながらお湯割にした泡盛で

芳醇な香りをじっくりと楽しみたい。

そんな季節になりました。

 

泡盛秋祭りにつづき企画している

泡盛冬まつりのテーマは泡盛×鍋です!

 

関連記事:アウトドアで楽しむ泡盛はサイコー 泡盛秋祭りのテーマは燻製×樽