初開催!テイスティンググラスで泡盛のきき酒会をします!

テイスティンググラスを使って泡盛のきき酒会をします。テイスティンググラスを使うのはいつもの勉強会(大阪泡盛の会)と同じですがテイスティングノートは書きません。

 

最初はノリノリだったのに次第にフェードアウトしていく人を何人も見てきて(苦笑)、テイスティングノートを書くことがハードルが高いのはわかっているので、それに耐えれそうな方にしか勉強会の案内はしてきませんでした。

 

 

ちょっと閉鎖的なスタンスがこの勉強会の持ち味だと思っていましたが、前回の勉強会にはじめて参加されたMさんのあまりにも楽しそうな反応を見ていて気持ちが変わりました。

Mさんは泡盛マイスターに興味があるようなのでテイスティングノートを書くことに抵抗感はあまりないと思いますが、この日は僕と二人だったこともあって結局ほとんどテイスティングノートは書きませんでした。

 

テイスティンググラスを使って泡盛の香りを確認したり、甘味酸味などの味わいを3銘柄交互に比較したりすることで、味わいの個性を感じることがとても楽しそうでした。

 

泡盛を楽しむのにちぶぐゎーという小さな盃などの酒器もいいんですが、同じ条件で飲み比べができるテイスティンググラスを使ったきき酒の面白さに開眼されたような感じでしたね(^^)

 

そういうこともあってテイスティングノートを書くことは忘れて、テイスティンググラスを使った泡盛のきき酒の楽しさがもっと伝われば、泡盛に興味をもってもらえる人が増えるんじゃないかと思ったのでした。 

 

それとテイスティンググラスを使ったきき酒会をやろうと思った理由はもう1つあります。

 

ここ数年ずっと気になっていることがあって、それは泡盛はロックで飲むものと思っている人が多いことです(関西だけですかね?) 

 

沖縄物産展の泡盛BARに立って現場の様子を見ていると「ロックで!」というオーダーがダントツに多いです。

泡盛バー@阪神梅田本店
泡盛バー@阪神梅田本店

すすめてもはじめは「泡盛って強いですよね?どうしようかな・・・」という反応なのに、飲むとなったら泡盛はオンザロック派がほとんど。ほんと不思議です。

 

でも思い当たることも・・・ 

 

冬場のテイスティング勉強会は泡盛が冷え切ってしまっているので香りが全然立たないんです。スキル不足と言われればそれまでですが、特徴がつかめなくてテイスティングノートを書く手が止まることもしょっちゅうです(苦笑)。

 

そう考えるとオンザロックにすると泡盛が氷で冷やされて、泡盛の香りが立ちにくなって飲みやすくなることが理由かなと思います。

 

そうだとしたら泡盛初心者はともかく、泡盛好きがオンザロックを好むのはそれこそよくわからないんですよね~。

 

「泡盛らしさ」が好きと言いながら泡盛の香りを感じにくくなるように飲み方をするのは矛盾しているんじゃないかと僕は思います。香りを楽しみたいのにあえて香りが立ちにくくして飲んでいたらもったいないですよね。 

 

話がずれますが、さすがに今年の猛暑では泡盛はオンザロックで飲みたくなりました。こう暑いと常温のストレートの泡盛が重くて喉を通らない感じでしたね。猛暑や炎天下で飲むなら香りが立ちにくいとかは忘れてオンザロックで冷やして飲むのもアリだと思いました。 

 

まあ嗜好品なんで好きに飲んだらいいんですけど。

 

でも泡盛はロックで飲むものというイメージが定着するのは、初心者が泡盛を気軽に飲もうということにつながらないのでそんなイメージはできるだけ壊したいですね。 

 

勉強会の時もそうですが今回のきき酒会も泡盛はストレートで味わいます。泡盛はロック派を自称する方にこそテイスティンググラスで常温の泡盛を感じてもらいたいと思います。チェイサーはたっぷり用意しますのでご安心ください。

 

さて今回は泡友のMさんからの提案で千代泉の飲み比べ会を企画しました。

 

Mさんが

  • 追悼/千代泉ブレンドボトル 第一弾(松藤70%、千代泉酒造所 泡盛30%)
  • 追悼/千代泉ブレンドボトル 第二弾(たつ浪60%、千代泉酒造所 泡盛40%)

だけでなく、第ニ弾にブレンドされている「たつ浪 (44度)」まで準備されていると聞いたら廃業前の千代泉もなかったらイベントの価値が下がると思ったので、僕が持っていた「千代泉(30度 詰口年月日2011年7月2日)」も準備しました(^^)

 

※追悼/千代泉ブレンドボトルは誇酒プロジェクトさんが廃業した千代泉酒造所に残された泡盛を限定復活した泡盛です

 

テイスティング勉強会の時に同じメーカーの3銘柄を並べてテイスティングすることはたまにありますが、ブレンドする前の泡盛とブレンドした泡盛の飲み比べははじめてです。

 

ブレンドで使われている泡盛と厳密には度数や熟成年数が違うのかもしれませんが、そこはエンターテイメントなので大目にみてください。

 

それに単なるエンターテイメントなので「勉強は嫌い」とか「楽しく飲めたらそれでいい」という方にも気軽に参加して欲しいです。

 

テイスティンググラスで千代泉と向き合うことが僕なりの追悼と想って楽しみにしています(^^♪

テイスティンググラスで古酒会1.1

 

「テイスティンググラスで古酒会 千代泉編」

 

10/25(木)19時〜

場所:いとう事務所

参加費:5,000円(割烹よし田のお弁当2,000円含む)

定員:最大6名 残席わずか

 

※お申込みはfacebookのイベントページからお願いします

※終了しました