酒器と楽しむ

カラカラ

泡盛の酒器の定番、カラカラです。由来には「空になったモノを振るとカラカラと音がした」という説があります。

 

何故、音がするかというと中に玉が入っているからなんですね。注いでみなくても手で持っただけで中身が入っているかどうかがわかる優れもの。巷には玉が入っていないものもありますが、頂いたのは玉が入った本格派でした!!

   

このカラカラはある仕事のお礼に頂いたもの。絶対に僕はカラカラを持っているはずだと思われていたようですが、実はひとつも持ってなかったので凄く嬉しいです(^^)   

 

さらに頂いた日というのが僕の誕生日だったので、偶然ですがこのタイミングというのがまた嬉しい。でも、とってもお世話になっている方から頂いたので実はかなり恐縮しています。本当にありがとうございましたm(__)m   

 

そんなわけで今宵もカリー! 

これからの一年も酔い(良い)年にしたいです(^^)/

文:泡盛マイスター伊藤 薫