泡盛でカリー!プロップス ミシン目プロジェクト

オリジナル泡盛の「付録」のプロップスについて「はさみ、カッターは酔っ払いには危険!」というご意見をいただきました。確かにちょっと盛り泡って来た頃がプロップスの出番だったりするので、なるほどと思いました。

それならと。もっと気軽にプロップスを使ってもらえるように、先にミシン目を入れておくことにしました。

カッターで! 誰が?

僕が! 1枚1枚、手作業で(^_^;)

1日1枚、2週間位ミシン目を入れてみましたが、仕事のいい気分転換になってます!←ちょっと強がってます(笑)。

 

そして、時々勢い余って切り取ってしまうこともあります(//∇//)

ミシン目を入れるくらいなら、いっそのこと切り取ってしまったらという話もありますが、切り取らないのが「付録」ならではのこだわりかなと。だって子供の頃に雑誌の「付録」が面白かったのは、自分で作る楽しさあってこそじゃないですか?(^O^)


2017年11月18日 ミシン目プロジェクトに革命が!?

↑こちらのfacebookの投稿で「ミシン目を入れるならOLFAのミシン目カッターなら楽かな?」と教えてもらったので、物は試しに購入してみました。

さすがですね!ミシン目カッター!

テレビマガジンの付録のミシン目みたいなクオリティ〜。切り取る時のプチプチという子気味の良い音が快感ですらある( ^ω^ )

ただ、いかんせん、径が28mmもあると小回りが利かない。

径が大きいほうが一気に切れて楽かな?と思った僕が浅はかでした(ToT)

途中で諦めてカッターで切り取りました(泣)。もっと径が小さいの探さな~


2017年11月25日 日本一になれるかも??

さすが18mm。小回りが利きますね。

本音を言うともっと小さい径のミシン目カッターが欲しかったんですが、文房具屋で探してもらったけどこれ以上小さいのはありませんでした。でもまあ、28mmとのコンビネーションなら、このプロジェクトもなんとか乗り越えられそうかな!?

 

あとこれだけやったら日本一のプロップス職人になれそうな気がします。

日本一というのはもう既にクリアしてそうですが( ^ω^ )


2017年12月2日 何度でも何度でも何度でも

三種の神器を使い分けて、1日1枚コツコツと泡盛でカリー!プロップスミシン目プロジェクト進行中〜

 

勢い余って切り取ってしまう日もたまにはあります(苦笑)

この部分は普通のカッターで、ここのカーブは18mmのミシン目カッターでと、やり易いパターンが見えてきました。

 

めがね(グラス)のとこは、切り取ってしまっても面白いかなと( ^ω^ )

カリー!してるこの後ろ姿は誰でしょう?


2017年12月17日 熟練の職人技をぜひその目で

日本に一人しかいないプロップス職人によるハンドカットプロップスです!

 

1枚1枚丹精込めて丁寧に切り取られています。この滑らかなカーブは熟練の職人にしか作ることが出来ません。

職人によるホンモノのハンドカットであることを証明する印もついてます(笑)

 

ミシン目を入れる時に勢いあまって切り取ってしまったり、印刷がズレてものなど泡盛には付けられないプロップスが3枚たまったので(何百枚も印刷するとこういうのもあるんですね~)、約束どおりプロップスだけで販売します。

 

限定1セット、特別価格の390円です!

○○さんは約束どおり買ってくれるんだろうか?笑

オンラインショップ ※おかげ様で売り切れました<(_ _)>


2017年12月27日 サンタさんお願い!!

プロップスに簡単にミシン目を入れれる秘密道具をサンタさんにお願いしたら・・・

ちょっと大きめのカッティングマットが届きました〜

今のがボロボロなんでありがたいけど、秘密道具はやっぱりドラえもんにお願いするべきだったなぁと思ったら

1枚だけ手伝ってくれました(笑)


2018年1月4日 仕事始め。

あけましておめでとうございます!

司法書士の仕事初めに合わせてプロップス職人も始動しましたー

 

2018年もどうぞよろしくお願いします(^^) 

 

もう少しでのべ1,300人分の「あわもり」が集まりそうです。ありがとうございます(^^♪

#つながるあわもりフォトギャラリー


2018年2月16日 継続は力なり

1日1枚でも続けていると貯まってくるもんですね。まったく使い道はないけど(苦笑)。コースターにしたらというアドバイスが嬉しかったです(^^)


2018年3月11日 歩みはのろくても。