泡盛でカリー!ブレンド 商品コンセプト

ハイサイ!はじめまして、泡盛マイスターの伊藤 薫です。

「泡盛でカリー!(乾杯)」を合言葉に大阪を中心に泡盛を盛り上げようと活動しています。そんな中、泡盛に対して強い・きついというイメージを持っている人が本当に多いなぁと日々感じています。

 

みんなでわいわい泡盛を楽しみたいのに泡盛が敬遠されている場面を目撃することも多く、悲しい気持ちになることもよくあります。そこで強い・きついという初心者が泡盛に持つイメージを変えることができるようなオリジナル泡盛を造ろうと決意しました。

 

オリジナル泡盛 第1 弾は那覇市にある久米仙酒造株式会社とのコラボで「つながる」をキーワードに今までにない泡盛造りにチャレンジしました!


☆オリジナル泡盛 第1弾☆

つながるあわもり「泡盛でカリー!ブレンド(12度)」

 

泡盛についてこんなイメージを持っている人、こんな感想を持っている人って多いんじゃないでしょうか?

  • 沖縄で泡盛を飲んだことがあるけど、きつくてほとんど飲めなかったという人
  • 芋焼酎はロックで飲むのが好き。泡盛も当然ロックで飲むものと思っているので30度の泡盛は飲みにくいと思っている人
  • 日本酒が好き。泡盛は強いから水割りにしてもきつそうで、まだ飲んだことがない人

まずはこういった泡盛は強い・きつい、オンザロックで飲むものという固定観念を捨ててもらうこと。そしてのびがいい泡盛は水割りでも薄くならずに美味しく飲めることを体験して欲しいという思いでオリジナル泡盛のコンセプトを固めていきました。



「あわもりでつながる」

久米仙酒造のカリスマブレンダーまっきーこと中村真紀さんとは同じ泡盛マイスターとして出会い、今回一緒にオリジナル泡盛を造ることになりました。これも泡盛がつないでくれた縁です。市販されている久米仙酒造の泡盛を使って初心者でも気軽に楽しめるブレンド泡盛を完成させました。


「味わいでつながる」

泡盛は30 度以上が一般的ですが初心者でも抵抗なく飲めるように、度数は低く香味は穏やかな味わいに仕上げました。

  • フレッシュなメロンや青リンゴ、食べごろのバナナなどのフルーティな香りの泡盛です。
  • 青リンゴのようなすっきりとした甘さ、ほのかな酸味が口の中に広がります。
  • 冷蔵庫で冷やすとすっきりしてさらに飲みやすくなるのでオススメです。オンザロックでキリッと冷やしてもいいですよ。

初心者向けなので泡盛ファンには物足りなく感じるはずです。泡盛ファンは他の泡盛を飲んで一緒に楽しんでくださいね。

 

そして僕と同志の【泡盛サポーター※】なみなさんにお願いです。

みなさんのまわりにいる泡盛初心者の方に「こんな飲みやすい泡盛もあるんだよ!」と教えていただけると嬉しいです(^^♪

※自分が楽しむだけでは飽き足らず泡盛ファンを増やそうと活動しているお節介な人達(笑)


「ラベルでつながる」

まっきーさんと僕と一緒に泡盛のラベルでカリー!してもらえる人をSNS で募ったところ、北は北海道・青森、南は沖縄まで全国各地から、そしてなんと海外ベトナムからもエントリーをしていただき、ラベルがきっかけで泡盛サポーターと泡盛初心者がつながって総勢36 名でカリー!するラベルが完成しました。

デザイナーの大石 真也さんが時間を惜しまずに描きあげてくれた超大作です。絵の密度が濃すぎて完成までにどれほどの時間がかかっているのか?怖くて聞けません(≧∀≦)  

 

ラベルには大石さんがいろいろネタを仕込んでくれているので見れば見るほど新しい発見があります。ラベルに隠された大石コードの謎は僕もまだ全てわかっていません。ぜひ一緒にこの謎を解き明かしてください~^o^ 


「プロップスでつながる」

自撮り・記念撮影の小道具 プロップスをはじめて作ったのはお酒が飲めない人にも沖縄物産展を楽しんでもらいたい、また泡盛に興味を持ってもらうきっかけにしたいと考えたからでした。

  • プロップスがあると自然と笑顔になる 
  • 初対面でも仲良くなれる 
  • 飲めない人でも楽しめる 

プロップスをきっかけに沖縄物産展をはじめ泡盛イベントでみなさんが楽しそうにしている様子を見てそんなことを感じました。

オリジナル泡盛をさらに楽しんでもらえるように新作プロップスをおまけにしました。単なるおまけではなく、ボトルに巻いて透明な箱の中に入れているので箱のデザインを兼ねています。沖縄物産展などで棚に並べることがあればかなり目立ちそうです(^^)

泡盛でカリー!オリジナルプロップスを使う時はハサミやカッターで切り取るだけ。これがなかなか楽しいのです。ラベルに登場していただいたこちらのお二人にプロップス作りに挑戦してもらいました。

仲間とわいわい飲みながら楽しむもよし。ひとりでも自撮りした画像をハッシュタグ#つながるあわもり #泡盛でカリーと一緒にFacebook、Instagram、TwitterなどのSNSに投稿すれば全国の泡盛サポーターとつながることができるかも!?

泡盛でカリー!プロップスで飲むだけじゃない泡盛の楽しみ方を感じてください!