【開催レポート】週末だけの泡盛BARゆいまーるの復活

泡盛マイスターの先輩、栗山 伸代さんが以前中崎町でされていた泡盛BAR「週末だけの泡盛BARゆいまーる」が7月21日(金)・22日(土)の2日間限定で復活しました。スタッフとして僕もお手伝いをさせていただきましたのでイベントの様子をレポートします(^^)


会場は趣のある古民家

築100年を越える古民家を改築してカフェをされているモノカフェワヲンさんが会場でした。とても趣のある建物です。季節的に入り口で蚊取り線香を焚いてましたが蚊取り線香の香りが似合う建物といえばイメージが湧きますかね?


テーマは夏の泡盛

テーマはズバリ!『夏の泡盛』ということで、マイルドタイプよりさらに飲みやすさを追求した20度以下の泡盛達がカウンターに並びました。ありがたいことに僕のオリジナル泡盛「泡盛でカリー!ブレンド」もラインアップに加えていただきました(^^)

 

「のみごろひやさっさ(10度)」・多良川

「泡盛でカリー!ブレンド(12度)」・久米仙酒造

「翠古 夏限(19度)」・忠孝酒造

「夏泡盛・守禮(20度)」・神村酒造

「ストレートは冷やしても、常温でもGOOD!

氷をたっぷり入れたグラスに注いでキーンと冷やしてガブッと飲みほすのも好し!!

アルコールが低めな分、しっかりと味わえるのです。口の中でゆったり、まったりと果実の香り、お米の香り、南の風の香り、

そして沖縄の海の香りを探ってみてください!」

 

というのは低度数の泡盛に対する栗山さんからのメッセージですが「アルコールが低めな分、しっかり味わえるのです」という点は激しく同意。ストレート、オンザロックで飲む泡盛ももちろんいいんですけど、古酒は特に40度を超えるものも多いので口の中でじっくり味わうには度数が高すぎると感じることがあります。

 

それに暑い季節には冷えた水割りをごくごくと喉を鳴らしながら飲むのも良いものです。飲みやすさを追求するなら氷も入れない方がいいと思います。だから1:1くらいで前割りにした泡盛を冷蔵庫で冷やしておいて風呂上りに飲む。暑い時期にはサイコーの飲み方じゃないでしょうか。「泡盛でカリー!ブレンド」を家で飲むときも最近ではだいたいそんな感じですね。

 

話が脱線しましたが、夏の泡盛の他にも泡盛の新しい魅力を発見してもらいたいという思いで栗山さんがセレクトされた泡盛・泡盛リキュールがカウンターに並びました。

イベントは泡盛が並ぶカウンターで好きなものをショットで注文するキャッシュオンデリバリースタイルでした。「週末だけの泡盛bar ゆいまーる」は2009年春からワヲンさんを借りてスタートしたそうですが、その当時の常連さんも沢山来られていて思い出話に華を咲かせていました。

 

二日間とも開店からずっと満席状態でたくさんの方が夏の泡盛を中心に泡盛を楽しまれていましたよ( ^ω^ )


超絶な技の応酬!

イベント初日はフットバッグ ×ディジュリドゥ のパフォーマンスで盛り上げていただきました(^^♪

フットバッグをはじめて見たという方が「ふあ~」とか「えー」とか驚きの声をもらしていましたが、初めてじゃない僕もやっぱり声を出してました。超絶な技の応酬が凄すぎました^o^

charhanさん、タクトさん、shunさんありがとうございました。なぜか僕がディジュリドゥを手に記念撮影(笑)


お題は電話

ワヲンさんのレジにあったレトロな電話を見つけた僕らスタッフがその電話をお題に撮影会をはじめました。時代は昭和、ホテル?旅館?のフロントがイメージです。雰囲気出てるでしょうか?笑


今回もプロップスの犠牲者が(笑)


気軽に泡盛を楽しめる場所を作りたい!

栗山先輩のご指導の元で2日目が終わる頃にはすっかり手際が良くなってきたスタッフの面々。せっかく慣れて来たのに終わってしまうなんてもったいないし、参加された方が泡盛を楽しんでいる様子が伝わってきたので、常設じゃなくていいから月1回くらいでも誰でも参加しやすい泡盛BARをやりたいなぁという思いが湧いてきました。

 

もっといえばお店じゃなくてもいい。誰でも気軽に参加できる泡盛を楽しむ場を作りたいですね。

文:泡盛マイスター伊藤 薫