【開催報告】大阪泡盛の会 第50回~

第51回 過去最高に緊張したテイスティング

開催日:2017年4月7日

過去最高に緊張した51回目の大阪泡盛の会。テーマは「ブレンド泡盛」で参加メンバーは4人の泡盛マイスターと泡盛マイスターにチャレンジすることを決めたTさんでした。

 

なぜそんなに緊張したのかというと・・・今回テイスティングをしたのはこの3銘柄だから。左から「泡盛でカリー!ブレンド(12度)」・久米仙酒造、「六蔵七杜氏(25度)」・神谷酒造所、「ぶれんど2003(43度)」・請福酒造。

 

緊張した理由はいわずもがな。僕のオリジナル泡盛も入れておいたからです。

 

僕と久米仙酒造のまっきーさんにとって渾身のブレンド泡盛ですが実際に泡盛マイスターの方にテイスティングをしてもらうと、いったいどう感じるのだろう?という興味(と不安)があったので「まな板の上の鯉」になったつもりで3銘柄の中に思い切って入れてみました。結果はというと不安な気持ちを払拭してくれるような良いご感想をいただくことができてホッとしました。

 

本人を目の前にして言いにくいという事情もあったにせよ(笑)、概ね率直な感想をいただくことができたように思います。

それにしても緊張した~(大汗)。新しい泡盛を世に送り出すたびに評価の目にさらされる酒造所の方は本当に大変だー。


第50回 泡盛の変態に相応しいプレミアムフライデーの過ごし方

開催日:2017年2月24日

プレミアムフライデーの今日は50回目の大阪泡盛の会でした。ここまで続けることができたことはやっぱり自信になりますね。参加していただいているみなさんに感謝です(^^)

 

でも月末の金曜日って浮かれる気持ちよりも正直フラフラなんですが、こちらの3銘柄とがっつり向き合ってきました。テイスティングしたのはこちらの3銘柄で「南風(30度)」・沖縄県酒造協同組合、「瑞泉(30度)」・瑞泉酒造、「瑞穂(30度)」・瑞穂酒造です。 

 

瑞穂はタイ米ではなく蓬莱米で造られているので泡盛の変態のみなさんの関心は「蓬莱米ってどんなお米なのか?」でした(笑)。こういう話題で盛り上がれるって僕にとって至福の時間です(^^)

 

蓬莱米のことは瑞穂酒造の仲里さんに瑞穂を飲みながらじっくり教えてもらいたいですね〜、それこそ泡盛の変態にとっての至福の時間ですかね(^O^)

文:泡盛マイスター伊藤 薫