【開催報告】大阪泡盛の会 第50回~

第52回 今回のテーマはなんでしょう?

開催日:2017年5月26日

今回テイスティングをした泡盛はこちらの3銘柄です。左から「ゆり酵母仕込み(20度)」・瑞穂酒造、「デイゴ酵母仕込み(30度)」・瑞穂酒造、「G.E.M.(42度)」・久米仙酒造。一見すると統一感がないようで実は共通点があるんです。なんだかわかりますか?

酵母?貯蔵方法?・・・正解は3銘柄ともに酒類コンクールで入賞しているということでした!

 

瑞穂酒造の2銘柄は2016年秋季全国酒類コンクールの泡盛部門で2位、3位を受賞。G.E.M.は2017年の春季全国酒類コンクールのリキュール部門の第1位特別賞を授賞しています。同じ年の授賞酒ではないのでわかりにくかったかもしれませんね。テーマが思いつかなくてこじつけって話も(汗)

先日発表されたばかりの「泡盛フレーバーホイール」を使ってみました。といっても他のメンバーは来年の泡盛マイスター実技試験に向けてスタートしているので試験を突破できるようなテイスティングノートを書くトレーニングに集中してもらうために泡盛フレーバーホイールを使ったのは僕だけですが。

 

本格的な泡盛テイスティングではなくとも気軽に泡盛の個性の違いを感じてもらえるツールとして、泡盛フレーバーホイールは手軽なので面白いなぁと思いました。来月7日から阪急うめだ本店で開催される「おいしい かわいい 沖縄展」の泡盛講座でご紹介しようと思います。

 

懇親会は南森町にある 炮炮(ポーポー)さんへ。先日某泡盛メーカーさんが名物の辛旨麻婆豆腐をSNSに投稿されているのを見て以来どうしても食べたくなったのでお邪魔しました。

【懇親会】炮炮(ポーポー)さん

大阪府大阪市北区東天満1-11-15 新興産業ビル1F

泡盛のチョイスから某泡盛メーカーというのが簡単に想像できてしまいそうですね(笑)。旨辛麻婆豆腐は想像以上に美味しかったけど辛かった(汗)。菊之露も瑞穂もソーダ割りでいただいたので麻婆豆腐の辛さを和らげてくれるのに一役買ってくれました(^^)

珍しい金武酒造の豆腐ようをいただきました。今はどうかわかりませんが一時は数ヶ月待たないと買えなかったみたいです。こちらは入手されてからお店でさらに熟成させたもの。となると合わせるのはもちろん金武酒造の泡盛。こちらはオンザロックでじっくりといただきました。

 

泡盛好きが集まって泡盛について熱く語った時間をさらに熱くしてくれたのが炮炮さんの麻婆豆腐でした。麻婆豆腐の他にも豆腐ちゃんぷるーや沖縄すばなどいろいろいただきましたがどれも美味しかったです(^^♪


第51回 過去最高に緊張したテイスティング

開催日:2017年4月7日

過去最高に緊張した51回目の大阪泡盛の会。テーマは「ブレンド泡盛」で参加メンバーは4人の泡盛マイスターと泡盛マイスターにチャレンジすることを決めたTさんでした。

 

なぜそんなに緊張したのかというと・・・今回テイスティングをしたのはこの3銘柄だから。左から「泡盛でカリー!ブレンド(12度)」・久米仙酒造、「六蔵七杜氏(25度)」・神谷酒造所、「ぶれんど2003(43度)」・請福酒造。

緊張した理由はいわずもがな。僕のオリジナル泡盛も入れておいたからです。

 

僕と久米仙酒造のまっきーさんにとって渾身のブレンド泡盛ですが実際に泡盛マイスターの方にテイスティングをしてもらうと、いったいどう感じるのだろう?という興味(と不安)があったので「まな板の上の鯉」になったつもりで3銘柄の中に思い切って入れてみました。結果はというと不安な気持ちを払拭してくれるような良いご感想をいただくことができてホッとしました。

 

本人を目の前にして言いにくいという事情もあったにせよ(笑)、概ね率直な感想をいただくことができたように思います。

それにしても緊張した~(大汗)。新しい泡盛を世に送り出すたびに評価の目にさらされる酒造所の方は本当に大変だー。


第50回 泡盛の変態に相応しいプレミアムフライデーの過ごし方

開催日:2017年2月24日

プレミアムフライデーの今日は50回目の大阪泡盛の会でした。ここまで続けることができたことはやっぱり自信になりますね。参加していただいているみなさんに感謝です(^^)

 

でも月末の金曜日って浮かれる気持ちよりも正直フラフラなんですが、こちらの3銘柄とがっつり向き合ってきました。テイスティングしたのはこちらの3銘柄で「南風(30度)」・沖縄県酒造協同組合、「瑞泉(30度)」・瑞泉酒造、「瑞穂(30度)」・瑞穂酒造です。 

 

瑞穂はタイ米ではなく蓬莱米で造られているので泡盛の変態のみなさんの関心は「蓬莱米ってどんなお米なのか?」でした(笑)。こういう話題で盛り上がれるって僕にとって至福の時間です(^^)

 

蓬莱米のことは瑞穂酒造の仲里さんに瑞穂を飲みながらじっくり教えてもらいたいですね〜、それこそ泡盛の変態にとっての至福の時間ですかね(^O^)

文:泡盛マイスター伊藤 薫