旅のお供に!久米仙プレミアム

年末は実家のある山形に帰省するのが恒例行事になっています。騒がしい人達がラッキーにも寝てくれたので11月の沖縄でGETしてきたコーラルウェイ(JTA機内誌)と泡盛で新幹線の旅を満喫しようとカバンから取り出しました。

 

このコーラルウェイは1989年のもので国際通りの近くにあるバサー屋で見つけました。泡盛はもちろんのこと全体的にも相当見ごたえがありそうだったので久米仙プレミアムと一緒に今回の旅の友にしようとひと月以上飲むのも読むのも我慢していました。

 

広告もこんな感じ、時代を感じますねぇ~(^^)

 

 満を持して飲み始めようと蓋に手をかけると・・・固く閉まりすぎてるのか?まさかの蓋が開かない事態(泣)。蓋が開けられなくて新幹線の旅を満喫できないなんて・・・

 

なんて日だ!(笑)

久米仙プレミアムはしばしお預け。さてどうやって開けてやろう!?


KP VS BCOの勝負の行方???

とにかく無事に実家に辿りつきました。KPこと「久米仙プレミアム(50度)」・久米仙酒造ですが実家で落ち着いて開けようとしたけど素手ではどうしても開けられず^_^;

 

実家の台所で見つけたBCO(万能キャップオープナー)の力を借りることに。

百戦錬磨のつわものと思われたBCOをもってしても楽勝というレベルではなく、かなり手ごわかった久米仙プレミアム。恐るべしです^_^;

 

でも最後は飲みたい力が優ってねじ伏せてやりましたよ(笑)。

 

ウィスキーのようだなんて言ってしまっては泡盛マイスターとしては全く芸がありませんが、実にいい意味で泡盛らしくない味わいでした。なにはともあれこの一杯で溜飲を下げることができたのでした(^^♪

50度あるので泡盛は名乗れません。さらにこの色の濃さのため糖を加えてリキュールとして商品化しているんでしょうね。

 

1996年謹製なのでそろそろ20年物。ストレートでじっくり味わった後はちょっと勿体無い気もしますが久米仙プレミアムで作るプレミアムなハイボールを楽しみます。あわせるのは東京駅で見かけて買わずには帰れなかった「新宿カリーあられ」。

 

素通りできなかったのは黄色とカリーの文字が理由です。どうしても他人事とは思えなくて(笑)。

 

というのは カリー!と書いた黄色のハッピを着ていると「カレーが好きなんですか?」、「泡盛にカレーを合わせるんですか?」としょっちゅう聞かれます。   

 

泡盛のラベルの色のイメージから黄色のハッピを選んだのですが、黄色はやっぱりカレーの色だなとこの看板を見て納得しました。

それから黄色のハッピでもうひとつ言われるのがこれです。

 

阪神ファンですか?

黄色に襟の黒がそういうイメージを醸しだしているんだろうと思います。この看板も黄色に黒・・・新宿カリーあられもやっぱり阪神タイガースっぽいって言われてるんでしょうか??

 

プレミアムなハイボールのさっぱり感×20年古酒物の芳醇さの絶妙なバランスとスパイシーなあられとの相性はサイコーでした(^^)

ハイボールを飲んでいて思い出したことが・・・

 

沖縄から久米仙プレミアムを持って帰る時にスーツケースの中で漏れたら嫌だなと渾身の力で蓋を閉めたことを思い出しました。お騒がせしてすみませんでした(>_<)。


沖縄旅行に欠かせないものといえば

これです!このプチプチ。 

 

でもなんで?って感じですよね。

 

沖縄に行ったらやっぱり泡盛を買いますよね(^^)。で帰ろうかという時にいつも気になるのがスーツケースで割れたら嫌だなということ。泡盛ファンのみなさんは大体そうじゃないですか?   

 

まあTシャツやタオルに包んで持って帰るってことになりますがこれがいちいちめんどうくさい。何かいい方法はないかなと前から思ってましたがアマゾンで泡盛を買ったときにこの袋状の緩衝材に泡盛が入って届いたのを見て閃きました。

そうだ!これを持って沖縄に行こう!

今回はじめて持って行ってみたら簡単にすっきり荷造りができました。ちょっと感動(^^)

 

これは撮影のために家にある泡盛を入れてみたものですがミニボトルから四合瓶まで入ります。一升瓶はちょっと無理でした。一升瓶はスーツケースに入れないか?   

 

このリモワは相方のでいつも貸してもらっているのですがそろそろ自分のスーツケースが欲しい今日この頃。リモワのトパーズのパイロットに憧れますね~。リモワのワインケースに泡盛を入れて運びたいなんて妄想も膨らみます。そうしたらプチプチはもういらなくなりますね(^^)

文:泡盛マイスター伊藤 薫