数値で知る 節度ある泡盛の飲み方

1日に飲む泡盛の適量ってどのぐらいなんだろう?

 

ふと思い調べてみました。厚生労働省のサイトの「健康日本21」のページを見ると「節度ある適度な飲酒」というのは1日平均純アルコールにして20グラム程度のようです。   

 

純アルコールで20グラムといわれても・・・って感じですよね。主なお酒の場合は、 

  • ビール(5度)なら500ml(純アルコール20g)
  • 清酒(15度)なら180ml(純アルコール22g)
  • ウイスキー(43度)なら60ml(純アルコール20g)

というのが純アルコール20グラム程度の量になります。

  

ということは泡盛の一般酒(30度)なら90mlぐらいってことになりますね。気になるのは自分が普段飲んでいる泡盛の量。自分では適量と自信があるのですが果たしてどうなんでしょうか?

 


普段の家飲み(晩酌)を検証してみると・・・

東京泡盛パーティーでもらったグラスに、これまた泡盛マイスター技能競技大会の副賞でもらった泡盛(43度)を2.5センチぐらい入れて作る水割り。入れる泡盛の量はだいたいこのぐらいです。

 

この水割り1杯だけなので文字にすると少ないくらいに感じるのですが43度の泡盛が70mlぐらい入っている計算になるので、同じ度数のウイスキーと比較してみると少しですが適量をオーバーしているんですね^_^;

 

これはあくまでも家で飲む普段の量なので飲み会で2杯、3杯と飲むと完全に適量をオーバーしてしまっているんでしょうね。。。

 

ちなみに「健康日本21」では多量飲酒者の減少が目標に掲げられているのですが、多量飲酒者の定義というのは「1日に平均純アルコールで約60gを越え多量に飲酒する人」だそうです。

 

1日平均なので毎日60グラムという意味だとは思いますが、泡盛の水割り3杯で純アルコールで60グラム。飲みすぎない節度ある泡盛ライフを楽しみたいですね、自戒を込めて(^^)

文:泡盛マイスター伊藤 薫