僕が泡盛にハマった理由 なんで泡盛なの?

沖縄出身じゃないのになんで泡盛なんですか?山形なら日本酒じゃないんですか?

全然沖縄っぽくないけど泡盛好きなんですか?

泡盛の何がいいんですか?

 

ことあるごとに聞かれるこういった質問。僕が泡盛にどっぷりとハマってしまった理由について一度ちゃんと書いておこうと思いました。文章にしてみると僕自身はじめて気づかされた部分もあり、いままでもやっとしていたことがクリアになりました。

 

はっきりいって長いのですがお暇な方はどうぞ読んでみてください(笑)。

 

泡盛の魅力といえば沖縄料理に限らずどんな料理とも相性がいいこと。そして水割り、ロックはもちろんのことカクテルなど幅広い飲み方で楽しむことができること。そして時間の経過とともに熟成して美味しくなること、所謂古酒のことですがエイジングを楽しめることが僕にとって泡盛最大の魅力です。

 

エイジングは何も泡盛メーカーだけの専売特許じゃなくて瓶熟成なら家庭でも手軽に楽しむことができるし、少し手間はかかるけど甕を用意すれば伝統的な熟成方法である「仕次ぎ」で自分の手で古酒を育てることができます。

 

振り返ってみると僕が泡盛のエイジングに人一倍惹かれる理由がありました。


泡盛のエイジングに惹かれる理由

僕は昔からジーンズやブーツが好きで学生の頃は靴屋や古着屋でバイトをしていました。ジーンズにしてもブーツにしても履けば履くほどに色落ちしたり皺がついたり味が出るし、身体に馴染んでくる。新品でいかにもとっつきにくかったものが時間をかけて付き合っていくうちに馴染んできて自分だけのモノになる感じがたまらなく好きだったからです。

 

じじいになっても愛用のジーンズやブーツを履き続けたいし、そういう人生の相棒みたいなものを持ちたい。言い方を変えるとエイジング=劣化ではなくて時間とともに起こる変化を楽しんでいく、そういった感覚というかライフスタイルを大事にしたいと思って生きてきました。

 

といってもジーンズやブーツでエイジングを楽しんでいたのにある日急に泡盛のエイジングに目覚めたというわけではありませんでした。


大きな敗北感を味わう

ジーンズやブーツを中心にエイジングを楽しんでいましたが20代後半になると気持ちの変化を感じるようになりました。

 

じじいになるまで履き続けたいと思っても修理をしてもどうしても直せないところが出てくるといった物理的なことや、学生の頃は人生がいつまでも今のままで続くような錯覚をしてしまっていましたが、20代後半には祖父母の死を目の当たりにしていつまでも同じままというわけにはいかないと感じる心理的な変化がありました。当然なんですが。

 

老いへの不安というと少し違和感がありますが、20代とはいえ歳を重ねるごとに、じじいになっても履き続けるということが徐々にリアルに感じられてきて歳を取ることへの拒否に近い感情もあったと思います。

 

今思えば同じ物を履き続けることは見方を変えれば大きな変化を避けているともいえます。ひとつの価値観を大切にすることは安定しているようですが実のところは進化していないともいえますよね。

 

実生活では就職とともにスーツを着て働くようになり、ジーンズやブーツが日常から遠ざかったことで気持ちがエイジングから離れてしまったことも大きかったと思います。

 

そして、エイジングから気持ちが離れてしまう最大の理由は会社を辞めたことでした。

 

会社を辞めることとエイジングから気持ちが離れることがどんな関係があるのかと思われるかもしれませんが、会社を辞めることは同じ物を大切に履き続けること、広い意味ではエイジングを大切にするこれまでのライフスタイルを手放すことでした。

 

僕は大学で土木を専攻していました。今考えると本当にもったいないと思いますが大学院に進んで計6年間土木を学びました。当時はかなりの就職氷河期でしたが大学で学んだ専門分野が活かせる建設コンサルタントという業界で第一志望の会社に入社することができました。

 

希望する仕事、さらには第一志望の会社に入社できたことでやる気いっぱいで大阪での社会人生活を始めたわけですが・・・理由は長くなるので割愛しますが数年でこの会社を辞めることにしました。

 

同じ物を大切に履き続ける、広い意味ではひとつのことに夢中になって続けること、そんなライフスタイルをかっこいいと思ってきましたが、大学から数えて12年間過ごしてきた土木の業界で働くことがどうしても嫌になってしまったことはエイジングを大切にしてきた僕にとっては敗北感でいっぱいでした。


といっても敗北感に浸っている余裕はなく

色々考えたのち、会社を辞めて司法書士を目指すことにしました。これまでとはまったく畑違いの業界です。会社を辞めても同じ業界に身を置くなら「続けている」と思うこともできたのでしょうが全てを一度リセットする、そんな強い思いで会社を辞めました。

 

司法書士試験の勉強どころか、まともに法律の勉強をしたことがなかったので来る日も来る日も慣れない勉強に打ち込みました。仕事をしていないので朝から晩まで勉強です。これまでの知識、経験がまったく役に立たない試験に挑戦するので、生まれ変わろうというほどの意気込みでした。そのぐらいの覚悟がないと試験に受からないと思っていたし実際に合格率は3%もない狭き門です。

 

会社を辞めて勉強を始めた頃は自分が「ゼロ」にリセットされたように感じました。20代前半で司法書士試験を目指す学生のイメージで試験に合格できた暁には社会に出る、まさにそんな感覚でした。

 

今冷静になってみれば人生をリセットするような思いで難関試験に挑戦しようというのは「本当にどうかしてるぜ?」って思います(笑)。でもその時はそれしか生きる道はないぐらいに思い込んでいたんですよね、可笑しな話ですが。

 

仕事もせずに毎日勉強だけをしていたので受験生時代はジーンズ、ブーツをよく履いていましたが、1年に1度のチャンス(試験)に365日を掛けるような生活だったのではっきりいって格好なんてどうでもよかったです。

 

なんとか司法書士試験に合格できた後は実務経験がそれこそゼロだったので実務を覚えるのに必死でこれまたエイジングどころじゃありませんでした。そして気がつけば独立へ。それこそエイジングなんて知るか!ってぐらいめまぐるしい毎日でした。


そんな時、ある泡盛との衝撃的な出会い

今でこそ毎日のように泡盛を楽しんでいますが(楽しみ方は飲むだけじゃないですよ(^^))、受験生時代は勉強漬けの毎日でアルコールを口にする日はほとんどありませんでした。今では考えられませんね^_^;。サラリーマン時代もお酒は好きでしたが泡盛を好んで飲むということはなかったですね。当時良く飲んでいたのは芋焼酎でした。

 

まだ泡盛と出逢っていなかったのかといえばそんなことはなく、初めて訪れた石垣島で泡盛と初対面を果たしていました。記憶があいまいですが2000年頃のことです。それ以来受験生時代も欠かさず毎年のように沖縄に行っていました。

 

試験に落ちた年でも行きました。この勉強漬けの生活が(最低でも)もう一年あるのかと思うと正直沖縄を楽しめるような気分じゃなかったけど、相方に誘われるままについて行きました。束の間の気分転換でした。   

 

司法書士試験の二次試験の合格発表の時も沖縄にいました。二次で落ちる人はいないと聞いていたので、この時は安心しきって遊びました。阿嘉島のビーチから携帯で受験番号を確認したことを覚えています。 

 

事務所を開業した年も含めて毎年沖縄に行っていましたが本格的に泡盛に興味を持つようになったのは沖縄ではなく、大阪の沖縄料理店でした。そこで石垣島の「白百合」と運命的な出会いがありました(白百合の魅力はここで改めて語るまでもないのでここでは割愛します)。

 

白百合をきっかけに泡盛に興味を持つようになって泡盛マイスターの存在を知り、泡盛マイスター試験の勉強を通して古酒について深く知ることになりました。そして時間の経過とともに味わいが増す古酒の面白さを知った時に、ようやくエイジングを大事にしていた頃を思い出しました。

 

久しぶりにエイジングの魅力、面白さを泡盛の古酒に感じることができたんです。 


泡盛独特のエイジングの魅力の奥深さ

泡盛の古酒にはジーンズやブーツにはない独特の魅力がありました。

 

ジーンズやブーツは履けば履くほどに味が出ますが、修理をしても買い換えない限り新しくなりません。でも泡盛は違います。仕次ぎといって熟成させている泡盛に時々、少しだけ新しい泡盛を継ぎ足すことで泡盛が活性化して美味しさが増します。   

 

そう考えるとジーンズやブーツのエイジングは味わい深くなっていく一方でいずれ終わりが来ますが、泡盛の古酒には限界はないように感じます。少なくとも100年物、200年物の古酒に育てることは不可能ではないようです。自分が生きている間は間違いなくずっとエイジングを楽しむことができます。

 

泡盛のエイジングはジーンズやブーツの宿命である「いつかはダメになる」というデメリットをカバーしていました。 

 

またジーンズやブーツにはサイズがあるので、いつか子や孫に引き継ぎたいと思ったところで限界がありますが泡盛にサイズはありません(甕をいくつも所有すると置き場所に困りますが)。

 

サイズ云々というよりも当時は子供がいなかったので、いくら大切にしたところで自分が死んだら誰も引き継いでくれないということへの寂しさもあったので身につけるものではない泡盛なら好きな人が引き取ってくれるだろうということも大きかったです。


泡盛のエイジングから芽生えた気持ちの変化

ジーンズやブーツのエイジングを楽しんでいた頃は「うまく育たなかったら嫌だなぁ」という思いが本当に強かったです。うまく育つというニュアンスは伝わりにくいかもしれませんが、ジーンズであればイメージする色落ちにならなかった場合で、思い通りの結果が得られなかったと言った方がわかりやすいかもしれません。   

 

泡盛も甕の蓋にカビが生えてしまって嫌な臭いがついたり、甕自体に問題があれば泡盛が漏れたり、甕臭といわれる臭いが泡盛についたりと上手く育たないこともあります。

 

でも今育てている泡盛がうまく育たなくても「それならそれで仕方がない、またそこから新しく育てればいい」という思いで泡盛に接しています。   

 

泡盛だからというわけではなく、今ではジーンズやブーツに対しても思いは同じです。でも以前はそう思えませんでした。「(履き)続ける」ということを強く意識しすぎてしまって、今思えば遊びがないガチガチの状態でした(笑)。   

 

そもそも泡盛を甕で育てている場合は蒸散で泡盛が減ってしまえばその分を足せばいいし、飲みすぎて減ってしまえばまたその分足せばいい。ゆるさというか、失敗を許してくれる大らかさというのか、この雰囲気が実にいいんですよね。   

 

会社を辞めて全くの畑違いの司法書士を目指したことで、それまでの人生をリセットする心境になってことで「いいことも悪いことも楽しもう。そうじゃないともったいない」と思えるようになりました。だからあのまま会社を辞めずに働いていたら今のように泡盛にハマることはなかったと思います。   

 

僕にとって泡盛の最大の魅力というのは、失敗も楽しめると思わせてくれる泡盛の懐の深さです(^^)

文:泡盛マイスター伊藤 薫