泡盛の三合瓶の秘密

泡盛のボトルといえば・・・

 

左から一升瓶、四合瓶、三合瓶、二合瓶、ミニボトルがメジャーですよね。容量はといえば

  • 一升瓶:1,800ml
  • 四合瓶: 720ml
  • 三合瓶: 600ml
  • 二合瓶: 360ml
  • ミニボトル:100ml

あれ!?三合瓶は540mlじゃない

三合瓶といいながら540mlではなく、なぜか60ml多い・・・600ml。

 

アメリカの瓶の規格に合わせたためとか言われたりしますが、理由は諸説あってはっきりしていないようです。

 

僕が酒造所見学の時に教えてもらった説は「多めに入っている60mlはご先祖様が飲むためのもの」というもの。ご先祖様を大切にする沖縄ならではの説明で妙に納得しました。そんなこともあってか三合瓶のことを仏壇のお酒といったりするようです。

 

へぇーと感心しながらもご先祖様も60mlじゃ足りないんじゃと思っていたら沖縄のスーパーで今帰仁酒造の墓前・仏前・神御願事専用の泡盛「ウートートー」なるものを発見。

これは二合瓶でした。やっぱりご先祖様も360mlぐらいは欲しいですよね。60mlじゃ少ない(笑)。 

 

でもさすがにこれは買わずに画像だけです・・・。

文:泡盛マイスター伊藤 薫