思わず“つぎ酒”したくなる!? スイーツ×泡盛

プリン×「琉球ティーアワー(12度)」・瑞穂酒造という泡盛リキュールの新しい楽しみ方を教えてもらったのでチャレンジしてみました。

 

プリンはカラメルがかかってないシンプルなものをチョイス。別に新しい楽しみ方にびびったわけではありませんよ(笑)。

こだわりの紅茶の香りがプリンの味を引き立たせてくれますね~。梅酒も入っているのでプリンとの相性は好き嫌いが分かれそうですが個人的には梅酒がいいアクセントになってるんじゃないかと思います。

途中でティーアワーが少なくなったので・・・ひれ酒じゃないけど、つぎ酒しました(^^♪   

 

実はこの組み合わせは瑞穂酒造のNさんがあるイベントで提供されたという話を聞きつけてやってみたんですが、Nさんのはプリンじゃなくてパンナコッタだったという後日談がありまして・・・

 

なんてこった(>_<)

 

このままでは終われないのでパンナコッタでリベンジです!


さっそくパンナコッタを買ってきました~

聞き間違い?記憶違い?理由はわかりませんが「琉球ティーアワー(12度)」・瑞穂酒造とコラボしたのはプリンじゃなくてパンナコッタだったようなので間髪入れずにパンナコッタでリベンジです。   

 

何で間違えたのかな?

 

冷静に分析してみたら、そもそもパンナコッタとプリンの違いがわからないんですよね。だからパンナコッタと聞いていたけど時間とともにプリンだったっけ?プリンでいいかってことになってしまったのかも。

 

パンナコッタから連想するのはティラミス、ナタデココとかと同じで一時代を築いたスィーツってことかな。時代を感じさせるエピソードですみません。   

    

ネットで調べたら「パンナコッタとプリンの違いとは何でしょうか?」っていうまさに僕が知りたい質問をYAHOO知恵袋で見つけたので知らないのは僕だけじゃないんだなと安心しました(^^) 

 

スーパーの売り場を覗いてみるとあるのはプリンばっかり。ないのかなと諦めかけたら1種類だけパンナコッタがありました。

梅酒も入っているティーアワーとプリンの相性は好き嫌いが分かれそうかも?と書きましたが、その点はパンナコッタは気になりませんでした。プリンには卵が入っているけどパンナコッタには入っていないという、プリンとパンナコッタの違いが関係しているのかもしれませんね。

このコラボも美味しかったので今回も思わずつぎ継酒してしまいました(^^♪ 

入手しやすさではプリンに軍配が上りますが相性がいいと思えたのはパンナコッタかな。気になる方は一度食べ比べてみてください!


やっぱりやっちゃうアレンジ(笑)

ここで終わればいいのに自己流にアレンジしてしまうのが僕の悪いクセ。

 

泡盛のテイスティングシートに「相応しい料理と理由」という項目があります。大阪泡盛の会で「南光」・神谷酒造をテイスティングしたときだったと思うのですが、伊江島出身のTさんが「邪道だけど」と前置きした後で「フルーツをのせたヨーグルトにかけたら美味しいと思う」と言っていたことを思い出しました。

 

邪道だろうが一度はやってみたいとイチゴ、オレンジ、キウイ、ヨーグルトは「濃密ギリシャヨーグルト」を買ってきました。

ヨーグルトがとても濃厚なので、ヨーグルトに負けない泡盛をと考えて旨味をしっかりと残した「荒濾過松藤」を選びました。

 

最初は恐る恐るちょっとだけ泡盛をかける。

でもヨーグルトと泡盛が想像以上に合うとわかったら、ここでもつぎ酒が炸裂(笑)。

もうちょっとかけた方がいいような・・・さらにかけてみました。

 

もうちょっとだけ・・・

 

最終的にはヨーグルトを使った泡盛カクテルにフルーツが浮かんでいるような状態に。

 

かける泡盛の量は再考の余地がありますが工夫次第で簡単に泡盛スイーツができそうです。フルーツの種類やヨーグルトの選び方次第で、泡盛を変えてみるのも面白そうですね(^^)

文:泡盛マイスター伊藤 薫