【開催報告】9月4日は古酒でカリー!@めんそーれ沖縄観光と物産展

9月3日から1週間にわたり京阪百貨店くずはモール店で開催された『めんそーれ沖縄観光と物産展』で「泡盛の楽しみ方講座」を担当させていただきました。泡盛講座が開催された3日間を画像を中心に振り返ります。


9月4日は「  」の日?

モニターに映し出された、9月4日は「  」の日の文字。

 

泡盛ファンにはお馴染み過ぎる問題ですが、そうじゃない方には「何?何の日?」って感じですよね。9月4日は古酒(くーす、こしゅ)の日なんです。ちなみに古酒というのは全量を3年以上熟成させた泡盛のことをいいます。

 

泡盛講座の初日が偶然にも9月4日、古酒の日だったので、めんそーれ沖縄観光と物産展ではたくさんの方と古酒でカリー!してきました。


泡盛マイスターいとうのオススメ泡盛

泡盛の楽しみ方講座の中で試飲していただいたのは「琉球アワモヒート(左端)」と「紺碧5年古酒」(左から4本目)です。

 

この2銘柄を含めて今回に特にオススメしたかったのがこちらの6種類の泡盛でした。もちろん会場にあったすべての泡盛がオススメなんですが心を鬼にして2つの酒造所さんから3銘柄ずつを選んでご紹介しました。 

 

順番が逆になりましたが、『めんそーれ沖縄観光と物産展』に出店されていた泡盛の酒造所をご紹介しますね。まずは沖縄本島から「沖縄県酒造協同組合」さんです。

お隣は同じく本島から「瑞穂酒造」さんです。

こんなに沢山の試飲ができる泡盛があるのに、お車で来られている方が多くて試飲をオススメできなかったのは本当に残念でした。沖縄物産展には是非、電車もしくはハンドルキーパーと一緒にめんそーれ~(^^♪


ステージは5階吹き抜けのエスカレータホール

今回の泡盛講座ではなかなかできない経験を2つさせていただきました。 

 

1つ目は管内放送で名前を呼ばれたこと。

 

「まもなく、6時からグランドアトリウムで泡盛マイスター伊藤 薫さんによる泡盛の楽しみ方講座を開催いたしますので・・・」 

 

子供の頃にも経験したことがありますが、あれは確か迷子になったときでした(笑)。30年振りぐらいにあのドキドキを疑似体験させて頂きました(^^)   

 

もう1つはトークショーを2階というか、頭上でも聞かれるという経験。

 

泡盛講座をするステージはエスカレーターホールの中央にあって、そこは5階までの吹き抜けになっていたんですよね~。グランドアトリウムに設置されたステージはモニターがあってこんな感じでした。

泡盛講座の前日はモニターとPCの接続がうまくいくのかどうかにばかり気を取られて気が付かなかったというか、あまり深くは考えていなかったのですが、ステージがエスカレータホールの中心にあるので2階からステージをみるとこんな感じ^_^;

それでも講座がスタートするまでは特に気にならなかったんですが、講座が始まる直前になんだか上の方に人の気配を感じてから意識するようになってしまいました。

 

講座の直前にステージから撮った写真はこんな感じ。

始まってしまえばそんなことを気にする暇もなく、どんどん講座が進んでいきます。自分の声や自分が話しているのを録音したものを聞くのが嫌でしょうがないのですが、マイクを通して会場に響く自分の声は予想外に心地いいものでした。

 

なんだかクセになりそうで、この手すりを人が埋め尽くす中で話してみたいなんていう妄想にまで発展してしまいました(笑)。


イベントを終えて

3日間に渡り6回開催した『泡盛の楽しみ方講座』を通して僕が伝えたかったことは「泡盛は強いお酒って思っている人が多いけど、泡盛リキュールや泡盛カクテルをきっかけに、もっと気軽に泡盛を楽しんでみませんか?」ということでした。泡盛の話を聞きながら泡盛の試飲もしてもらう、泡盛を知ってもらうこととまずは飲んでもらうことだけ、それだけです。

 

だから泡盛講座の後に泡盛のブースに足を運んでいただいた方がたくさんいらっしゃったことはとても嬉しかったです(^^)。

 

『めんそーれ沖縄観光と物産展』にご来場いただきました方、また泡盛を購入して頂いた方にはこの場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 

6月にプロフィール写真の撮影をお願いしたパーソナルフォトグラファーのかんばやしちあきさんも忙しい撮影の合間を縫って応援に駆けつけてくれました。売れっ子なのに恐縮です^_^;

 

そして素敵な写真をプレゼントしてくれました。この記事で使っている画像はちあきさんが撮影してくれたものです。 

ちあきさんの写真は見ていると元気が出る。僕にとってのパワーフードならぬパワーフォトです(^^)v

最後になりますが、応援に駆けつけていただいた方、応援のメッセージをいただいた方、また今回の機会を与えていただいた方、本当にありがとうございましたm(._.)m

文:泡盛マイスター伊藤 薫