VIPルーム?秘密の小部屋? 1日限りの泡盛SALON

TOKYO AWAMORI PARTY2015のレポート記事です。

 

今回のイベントは泡盛マイスターの有志が裏方としてサポートしていましたが、僕は当日スタッフとして参加しました。持ち場は「泡盛SALON」でのおもてなし担当です。日帰りでしたが「TOKYO AWAMORI PARTY」をがっつり楽しんできました(^^)v   

 

こちらが「泡盛SALON」なんですが・・・


VIPルーム?秘密の小部屋??

参加された方の興味はメインのブースに集中していて、はじめのうちは一人ぼっちだった泡盛サロンでしたが、通路と間違えて入ってこられた方をつかまえたり(笑)、泡盛の女王からもPRしていただいたりと、時間とともににぎやかになってきました。

 

しだいに泡盛SALONが混んできて僕が動きにくくなってしまったので、みなさん勝手に氷を入れたり、水を入れたりとフォローしていただきました。感謝です(^^)

 

こうやって画像で振り返ると、徐々に人数が増えているのと盛り上がってきている様子が良くわかりますね~。 

おもてなしというよりも僕も完全に楽しんじゃってますね。最後はハッピ着てるし(笑) 。

 

泡盛ファンの三線奏者の方に三線の演奏で盛り上げていただき、ラストは狭い「泡盛SALON」でカチャーシーでした~。この盛り上がりの中、冷静に写真を撮っていた自分を褒めてあげたいです。  


イベントを終えて

サービスのプロではないので十分なおもてなしができたのかは自信がありません。正直、慣れない手つきでの水割りやロックのサーブはぎこちなかったと思います^_^;。でも全員で泡盛を楽しむ雰囲気は作れたかなと思います。

 

結局、泡盛SALONってなにかって?

 

VIPルーム?泡盛メーカーさんの休憩室?いろいろ言われましたが僕も結局のところなんと言っていいのかわかりません(笑)。

 

ただ、お店なのか?イベントなのか?コミュニティなのか?わかりませんが、泡盛マイスターとしての僕の役割というのは泡盛SALONのような気軽に泡盛を楽しむ場を作ることじゃないかなと思えてきたことは確かです。

 

泡盛SALONに常駐していて僕のカメラにはイベント全体の雰囲気が分かる写真がなかったので、TOKYO AWAMORI PARTY2015の詳細については東京泡盛会さんのfacebookページをご覧くださいね。

文:泡盛マイスター伊藤 薫