忠孝蔵で手造り泡盛体験 俺の泡盛2015

忠孝酒造さんで5回目の手造り泡盛体験をしてきました。年1回のペースで造っているのでもう5年目、早いなぁ。節目の年はなかなか着る機会のない、泡盛でカリー!ハッピで記念撮影です(笑)。

 

2011年に初めて手造り泡盛体験をした時に体験の様子を詳細に書きましたが、最近僕の話を聞いて興味を持っている方がいらっしゃるようなので改めてじっくり書いてみようと思います。   

 

7,000円の体験費用にTシャツ、手ぬぐい、さらに完成した泡盛(一升瓶1本)が含まれています。僕の場合、2回目以降はTシャツ、手ぬぐいを持参しているので、その分体験費用もお安くなっています(^^♪


手造り泡盛体験(前半)

よりわかりやすくするために体験の様子を前半・後半の2つに分けてご紹介します。前半は、

 1洗米

 2浸漬(米を水に浸すこと)

 3蒸し  

という工程になります。まずは洗米で30kgのタイ米2袋を洗うところからスタートです。体験の時は暑いのでハッピは脱いでいます(笑)。

洗米といってもお米を炊く時のようにガシガシは洗わず、ホースで水を流しながらこのケースに張った水の中で米を流動させるイメージです。ちなみにこのケースは押入れケースだそう。

甑(こしき)という蒸し器の準備が整っているのを確認したら洗い終わったそばから、タイ米をざるに移して水を切って甑の中に入れていきます。

甑の前の踏み台に登る時はそれほど気を使わなくても大丈夫です。どちらかと言うと床が濡れていると滑りやすいので、踏み台から下りる時は慎重に。この辺は経験者ならではの視点ですかね。   

ちなみに僕が洗米したのは同じ日の午後の仕込み用でして、今回体験で蒸しているのはこちらのシー汁で浸漬してあったものでした。

シー汁というのはひと言で言えば前回洗米した時の米のとぎ汁です(詳細は改めて記事にします)。   

 

忠孝酒造の井上さんによるとシー汁だと蒸し米がいつもより少しべたつくようです。それよりも僕は少し酸い匂いを感じましたが、井上さん的にはそうでもないみたいでした。 

 

ちなみに沖縄の方言でシーは「酸っぱい」で、クァーサーは「食べさせる」という意味です。だからシークァーサーは酸っぱいものを食べさせるという意味なんですね。シー汁だから酸っぱいと感じたのはちょっとイメージが先走ってしまったかもしれませんね。 

 

蒸し方はまず半分の30kgを甑に入れて蒸して、ある程度時間をおいた後でその上に残りの半分を入れて蒸すというやり方です。

これで60kg全部が甑に入りました。湯気の勢いも一瞬おさまりました。

米の芯がなくなるまで蒸せば米蒸しの工程は終了です。


手造り泡盛体験(後半)

前半では1洗米、2浸漬(米を水に浸すこと)、3蒸しまで行いました。後半は4黒麹菌の種付け(米麹づくり)です。

 

黒麹菌の種付けの前に蒸しあがったタイ米を甑から麹棚にスコップで移します。使うこのスコップといい雪国育ちの僕は毎回雪かきを連想しますが、そう思うのはかなり少数派なんでしょうね。

スコップで蒸し米をすくう時に甑の中の布を傷つけないように優しくすくいあげるのがポイントです。

熱くなった甑の上に足を載せるので火傷をしないように注意しないといけないのですが、ちょっと熱いなと思った時には時既に遅し。今回はちょびっと長靴を溶かしてしまいました(>_<)   

 

何回もやっていて大丈夫だったので、今回は気がゆるんでいたのかも。この工程は甑の上に足を載せる時間が長いので注意してくださいね!

 

蒸し米を麹棚に移し終えたら電動のファンで急速に冷やしつつ、塊になっているところを手でほぐしていきます。井上さん曰く、シー汁浸漬だと蒸し米がいつもより少しべたつくようです。確かに塊になっているところはいつもより多かったように思います(この画像は撮り忘れです)。   

 

ここまでが準備段階で、ここからが麹づくりの本番で麹棚の数箇所に散布した種麹菌を米全体にいきわたる様に手で混ぜていきます。今回の種麹菌は沖縄の石川種麹店のものでした。

蒸し米を手ですくっては広げてを繰り返し、時間をかけて全体に種麹菌をいきわたらせるようなイメージです。蒸し米はだいぶ冷えていてベタつきも感じず、パラパラしていて扱いやすくなっています。

いつまでも触っていたくなる心地よさで心なしか手がスベスベになったような気がします(^^)

 

最後は麹棚に布とシートをかぶせて体験はここで終了となります!

このあとは、

 5もろみ(水と酵母を加えアルコール発酵)

 6蒸留

 7熟成

 8容器詰め   

という工程が残っていますが、これらは酒造所の方にお任せしてあとは出来上がるのを楽しみに待つだけ。

 

こうやって1年に1回ぐらいはいつもと違った形で泡盛と向き合ってみるのも面白いもの。忠孝酒造の井上さん いつもありがとうございます。今年も自分だけの特別な泡盛が造れたことに感謝です!!

 

↓真剣に向き合ってます!  

体験日:2015年7月4日


カリー!は20年後のお楽しみ

沖縄から届いた荷物は大き目のダンボールが2箱で過去最高のボリューム!!いつものようにテーブルの載せるのも面倒なので床置きで撮影です。

中身は7月に忠孝酒造さんで造った5回目となるマイ泡盛です。

今回は8月に生まれた子供の名前の1文字をラベルにしました。こちらのラベルはセミナーコンテストでご縁があった書ムリエの池上晋翔さんに書いてもらったものです。

沢山出して頂いた案がどれも素敵で正直選ぶのに苦労しましたがその分最幸のラベルが出来上がりました。先の長い話ですが20年後にこの泡盛でカリー!するのが今から楽しみです(^^)

 

忠孝酒造さんでの手造り泡盛体験は5年目(5回目)になり今回も井上さんにお世話になりました。晋翔さん、井上さん 誕生記念に素晴らしいものができました。ありがとうございました!   

 

このダンボールのボリュームで中身がこの2本というはずもなく、他の泡盛についてはまた改めて(^^♪

文:泡盛マイスター伊藤 薫