直火泡盛たる所以 請福酒造

酒造所見学ツアー第7弾、またの名を「石垣島泡盛強化合宿2015」の6蔵目は請福酒造(有)さんです。

 

新川から空港の近くに移転していました。こちらも八重泉酒造に負けないぐらい大きな工場です。さっそく行ってみましょう! 

これは何だと思いますか?

これは麹棚の中です。麹棚のここから中を覗いて撮影した様子です。

それにしても長~い麹棚、こんなに長いのははじめて見たかも。素人考えですがこの長さだと作業が大変じゃないのかな?と思ってしまいました。 

作業中の酒造所の方と比較するとわかり易いと思いますが回転式ドラムも相当大きい。

奥の方に見えるのが蒸留機です。

アップにすると燃え盛る炎が良くみえますね。燃え盛る直火が眩しくて、まさに「直火泡盛 請福」たる所以を近くで感じることができました!

こちらはタンクがずらっーと並んだタンク群。

新しい工場だからだということもありますがシンプルでとても整然としている印象を受けました。こちらの工場で沢山の個性が光る銘柄が造られていると思うと、ちょっと意外な感じもしますね(^^♪

 

これは運搬用のタンクでしょうか。


完全手造りの大変さが伝わってきます 漢那蒸留所

請福酒造を訪れる機会にとずっと楽しみにしていたのが敷地内にある完全手造りの漢那蒸留所の見学でした。

 

残念ながら今では見学ができないらしくその想いは叶いませんでしたが、請福酒造売店のVTRで漢那酒造所の泡盛造りの様子を垣間見ることができました。酒造所が移転したので現在は酒造所の敷地内に漢那蒸留所はありません。

これまで32箇所の泡盛の酒造所を訪問していると(もちろん工場の見学ができないところも多数あります)機械による泡盛造りのイメージがすっかり定着しているので、女将が一人、泡盛を手造りしているというのはどんなものだろうという想いがありましたがVTRを見てびっくり。   

 

本当に何から何まで手作りでした(@_@)

 

製麹(麹造り)は機械を使わずに温度管理をするので寝ずの番だし。

 酒造所で見かける三角棚はなく小さな麹箱を使っているのでひとつひとつの箱毎に気を使わなくちゃいけない。

麹造りに2日掛かるとしたら、たった一人でやっているということは丸2日徹夜なんでしょうね。

 

画面左上に出ている通り夜中の2時10分・・・。ひぇー、これは相当大変だー!  

 

仕込む量が少ないとはいえ、仕込みには甕を使っているので1つの甕で捌けなければいくつもの甕を見ないといけない。

麹造り、仕込みの2つの工程だけでも相当大変な作業だなと思うわけです。だからその漢那蒸留所で造られた泡盛が売っていたなら買わないで帰るなんてことはできませんでした。

この甕から量り売りです。

石垣島の海の色をイメージする綺麗なブルーの瓶に入れてもらいました(瓶は別売りです)。何から何まで手作業なので瓶詰めも手作業。瓶に栓をするこの工程を体験することができました。   

薄い茶色の紙を手渡され「記念に何かひと言を書いてください、これが泡盛のラベルになります」ということだったので迷わず「泡盛でカリー!」と書きましたが実に汚い字でお恥ずかしい限りです。   

写真を撮ったときに全部写ってないのでもう少し文字を詰めて書けば良かったですね。ラベルの出来栄えはさておき思い出に残る泡盛になりました(^^♪

 

請福酒造様 お忙しい中、丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。 

 

追記

泡盛の酒造所見学でお邪魔した蔵は20箇所になり、沖縄本島で見学のできる酒造所はほぼ網羅できたので次は離島に行ってみようと宮古島に続き、これまた家族旅行に絡めて(家族を巻き込んで)一気に八重山の7つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

7月に控えた泡盛マイスターの技能競技大会で上位入賞を果たすべく、今回の酒造所見学ツアーを「石垣島泡盛強化合宿2015」と位置づけて石垣島、波照間島で泡盛漬けの6日間を過ごしました。訪問日:2015年6月9日


諦めていた泡盛と再会(^^)v

確か7,8本はあったはずなのに次に行ったときは1本もなくなっていて、買わなかったことを激しく後悔していた泡盛を同じ酒屋で発見!事情はわかりませんが一度店頭から外していたようです(まだ6本ぐらいありました)。1年半振りに再会できたのがこちらの泡盛「ぶれんど2003(43度)」・請福酒造

これは世界的なソムリエの田崎真也氏がブレンディングをしたもので、ブレンド割合はこちらです。

ワインはいうまでもありませんが、田崎氏は泡盛に対する造詣も深く泡盛のすべての酒造所を見学されたとセミナーで伺ったことがあります。

 

もう12年もの間、瓶で熟成されているんですよね。普段ならこの12年をありがたく感じるのですが、やっぱりブレンディングした当時の味に興味があるので少し複雑な気分・・・。ちなみに2005年にも同じように田崎氏がブレンディングしたものが販売されていたようです。

 

それにしても請福酒造さんは「南雪」といい、ふるふるシリーズなど他ではない面白い商品が多いですね(^^♪これは勉強のためにじっくりテイスティングしてみようと思います。

「沖縄上手な旅ごはん(さとなお/文春文庫)」書いてあったのは、目から鱗の美味しいもの面白そうなことだらけ。美ら海のウニってのが気になるし、小浜島でタコ取りモズク採りはやってみたい。宮古島で島豆腐作りも体験したい! そしてそれを肴に泡盛が飲みたい(笑)!

 

この本で知ったことといえば、岩手県と石垣市の交流から生まれた泡盛、「南雪(みなみゆき)・請福酒造なるものがものすごく気になる。1993年の冷夏で米消滅の危機に陥った岩手県、それを助けた石垣市、この2つの地域の絆から生まれた米「かけはし」で造った泡盛なんだそう。

 

こんな感じで書いてしまえば2、3行なんですが著者曰く、書けば一冊の本が書けるぐらいの感動のエピソードがてんこ盛りみたいです。是非読んでみたいですね。とはいえ興味があるのは本よりも泡盛(笑)。

 

この本(出版は2005年)は泡盛マイスターの先輩からいただいたもので情報がちと古いため、南雪はもう手に入らないかもしれませんね(そうなると余計に気になる)。今年は石垣島の酒造所巡りをする予定なのでダメもとで探してみますか (^^♪(2015年3月24日)


花粉症対策のリーサルウェポン!?「請福ファンシー」

今年の花粉はハンパじゃない量らしく近畿地方は昨シーズンの10倍の飛散量とも予測されています。花粉症歴25年の僕も戦々恐々としていましたが、花粉症対策の最終兵器?を手に入れて安心しきっています。

 

花粉症歴25年となると発症は小学校高学年ぐらいでした。考えてみれば当時は花粉症もマイナーで5~6月になるとくしゃみ、鼻水が止まらず、くしゃみのしすぎで最後は鼻血が出るという始末。自分は特異な体質ではないかと悩みました。

 

近くの病院では病名がはっきりせず学校を休んで山形市内の病院まで行って、やっとブタクサが原因の「アレルギー性鼻炎」と診断されたと記憶しています。花粉症じゃなくてアレルギー性鼻炎です。病歴が長い割には今は花粉症の症状としては軽い方だと思います。

 

さて本題です(笑)。

最終兵器というのは・・・請福酒造有限会社の「請福ファンシー」という泡盛です。いつものバイブル「知識ゼロからの泡盛入門」で「泡盛は花粉症に効く?」というコラムで紹介されていたので即行でわしたショップに走りました。残念ながら学術的な裏付けはないようですが、効果がある人は水割りを一杯飲むだけで症状がやわらいだりするそうです。

花粉症のベテランを自負していましたが、花粉症に泡盛が効くなんて話は全く知りませんでしたね。古酒と一般酒をブレンドしている点が「請福ファンシー」の特徴かなと思いますが、他にも同じような泡盛はあるのでそれが花粉症に効く理由かどうか分かりません。

 

今年は泡盛をたくさん飲んで予防に励んでいた?おかげなのか、花粉がかなり多いという割には例年より症状がひどいということもありません。

 

でも、はなこさん(環境省花粉観測システムの愛称)が教えてくれるのは、主にスギ花粉の飛散量で僕の場合はブタクサが原因なのでいわゆるスギ花粉症に対する効果は実証できていないかもしれません。そもそも花粉症に効くというモノや方法は、どんな花粉にもオールマイティで効果があるんでしょうか?

 

効く効かないは人それぞれみたいですので興味のある方は「請福ファンシー」を探してみてください。(2011年4月10日)

文:泡盛マイスター伊藤 薫