島うららの八重泉酒造

  • 工場見学レポート
  • 島うらら
  • YAESEN77

酒造所見学ツアー第7弾、またの名を「石垣島泡盛強化合宿2015」の5蔵目は(有)八重泉酒造さんにお邪魔しました。

 

これまで石垣島でお邪魔した酒造所の中では、ひときわ大きい工場でした。手前の建物の1階が事務所で2階が販売所です。

工場見学はこちらの2階でVTRを観るスタイルでした。本音をいえば実際に工場の中を拝見したいところですがこちらには家族も一緒にお邪魔したので涼しい部屋でVTRを観るのが良かったかなと思います。

VTRのナビゲーターは八重泉酒造のゆるキャラ?八重泉くん(だったと思う)。八重泉くんにはうちの子が「泡盛かぶってる」と興味深々の様子でした。かぶってるというかそのものですけどね(笑)。

僕はいえばときおり垣間見える回転式ドラムや蒸留機の細部に興味深々。こうなるともはや泡盛の変態ですね(笑)。

試飲させてもらった黒麹酢(もろみ酢)が美味しかったです。泡盛が良かったというのが本音ですが、なんせドライバーなので(>_<)

母が気に入って買った泡盛用のかりゆしウエアを、父が買った四合瓶の「黒真珠」に着せてブログ用に店内で撮影させてもらいました。ほんと騒がしくてすみませんでした(>_<)

 

この泡盛用のかりゆしウエアは両親と一緒に山形に帰っていったので正月に実家で再会できるのが楽しみです(^^)

そして5月に阪神百貨店の沖縄物産展でお会いした座喜味さんと再会を果たしました。沖縄物産展で全国各地へ飛び回っていらっしゃるようなので本当にタイミングが良かったようです。座喜味さんからクラウドファンディングのお話も聞けて大満足でした!

八重泉酒造様 お忙しい中、丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。


追記

泡盛の酒造所見学でお邪魔した蔵は20箇所になり、沖縄本島で見学のできる酒造所はほぼ網羅できたので次は離島に行ってみようと宮古島に続き、これまた家族旅行に絡めて(家族を巻き込んで)一気に八重山の7つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

7月に控えた泡盛マイスターの技能競技大会で上位入賞を果たすべく、今回の酒造所見学ツアーを「石垣島泡盛強化合宿2015」と位置づけて石垣島、波照間島で泡盛漬けの6日間を過ごしました。訪問日:2015年6月9日


YAESEN77|これも泡盛です!

高度数泡盛のYAESEN77@八重泉酒造
高度数泡盛のYAESEN77@八重泉酒造

こんなご時世なので消毒用にと思いスプレーボトルを探しましたが、すぐに入手できなかったので77度の泡盛をテイスティングしてみました。

 

テイスティンググラスだと77度の力強さが眼にきます。。

 

でもすごく良い香りを感じました。具体的に表現できないのがもどかしい、花の香り。なんだろ?

 

味わいは想像よりもやわらかかったと言っても伝わりにくいと思いますが、ぜひともパーシャルショットで飲みたいと思った八重泉77でした。

 

グダグダになってしまいましたが、もし興味がある方はこちらの動画でお楽しみください(^^)


島うらら

島うらら@八重泉酒造
島うらら@八重泉酒造

石垣島産のひとめぼれで造られた泡盛です。僕、島うららのボトル好きなんですよね。汎用ボトルだと思うんですけど、このカッティングとラベルのバランスがサイコーです。

 

見てると石垣にすぐに飛んで行きたくなる(^^)

  • 第一アロマは洗米香
  • 第二アロマは果実様

ボトルやラベルから感じる印象が大きいのですがエレガントな印象、みずみずしさを感じます。

 

でも口に含むとイメージと違ってまろやかでオイリー。ミルクキャラメルの様な甘味、ヨーグルト様の酸味も感じました。

島うららのラベル@八重泉酒造
島うららのラベル@八重泉酒造

一度、石垣島で飲んだことがあります。そのときの記憶でソーダ割りかオンザロックで飲みたいと思っていました。肴は刺身の一択です。

 

石垣島の泡盛なのでマグロの刺身を肴に、島うららを飲みながらライブ配信しました。興味がある方はfacebookのグループ(泡盛でカリー!倶楽部)で投稿の人気のトピックの【ライブ配信】で観てください(^^)


RELATED