波照間ブルーに抱かれた 波照間酒造所

石垣島から片道1時間かかっても、しかもそれが通称「ゲロ船」と言われるぐらい揺れる船だとしても行きたかった波照間島に行って来ました! 

 

レンタサイクルで真っ先に向かったのは幻の泡盛「泡波」の・・・ということで酒造所見学ツアー第7弾、またの名を「石垣島泡盛強化合宿2015」の4蔵目は波照間酒造所さんです。

見学できないのは承知の上でしたが、念のためドアをノックしてみました・・・

 

返事はナッシング。まあそれも想定内です(^^)

 

次に向かったのは売店。

お土産に泡波を頼まれていたので2,3軒回りましたが泡波がなかったー

 

これも想定内?(^o^;) 

 

気持ちを切り換えて最南端の碑を見て、

かき氷が有名な「みんぴか」の前を通り、

名物の民宿「たましろ」も前まで行ってみました。恐いもの見たさでしょうか(笑)。

泡波のミニボトルは波照間島の売店に行けば確実に手に入ると聞いていたのですが何軒も振られ、ここでなかったら諦めようと思い飛び込んだ、たましろの近くの売店で無事にお土産をゲットできました(^^)v。 


泡波は出世魚!?

こちらはフェリーターミナルで見つけた泡波の価格表です。ちなみに一升瓶は1,600円ぐらいだとか。これを見るといかにミニボトルが割高かってことがわかりますね。

 

旅行中に波照間島の売店→波照間島の港の売店→石垣島の離島ターミナルの売店→石垣島の酒店と、どんどん値段が上がっていくのを確認できて面白かったです。   

 

出世魚かよって!!(*_*)   

 

まあ泡波が買えなかったとしてもこの最高の波照間ブルーが見られれば、それだけで波照間島に来た甲斐があったというものです。次は日帰りじゃなくて泊まりで来たいなぁ~。   

波照間酒造所の訪問記というよりただの波照間島旅行記になってしまいました。 

追記

泡盛の酒造所見学でお邪魔した蔵は20箇所になり、沖縄本島で見学のできる酒造所はほぼ網羅できたので次は離島に行ってみようと宮古島に続き、これまた家族旅行に絡めて(家族を巻き込んで)一気に八重山の7つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

7月に控えた泡盛マイスターの技能競技大会で上位入賞を果たすべく、今回の酒造所見学ツアーを「石垣島泡盛強化合宿2015」と位置づけて石垣島、波照間島で泡盛漬けの6日間を過ごしました。

 

幻の泡盛と評される泡波ですが実際のところは心ない人によって意図的に価格が吊り上げられているといわれています。一方で波照間島で造られた泡盛が石垣島へ渡り、さらには沖縄本島そして大阪に届けられるのであれば、自分が移動した距離や時間を考えると波照間島の売店で売られている価格から多少高くなってしまうのはしょうがないのかなと、実際に波照間酒造所の前まで行ってみて思いました。訪問日:2015年6月8日


珍しい!?フレッシュな泡波

居酒屋産業展のこちらのブースで各酒造所の泡盛(一般酒)を試飲することができました。

幻の泡盛「泡波」も並んでいたので(一番左端)、おそらく全酒蔵所の泡盛が揃っていたように思います。関西泡盛同好会などのイベントでも「泡波」の試飲ができますが、開場とともに行列ができてしまうので一瞬にして瓶が空になります(笑)。

 

だから泡盛のイベントで「泡波」を飲んだことがなかったし、飲めると思ったこともありませんでした。居酒屋産業展に行ったのは開催期間の最終日だったので、期待しないで「泡波」の瓶を見ると、予想外にたっぷり入っているじゃないですか!!

 

すかさず試飲させていただきました。よく見ると「詰口年月日」が新しめ。他の泡盛なら特に気にもとめないことですが「泡波」だと話が別です。「泡波」は手に入りにくいので後生大事にしまっておいて5年、10年古酒になってしまうことなんてざら。前にお土産にもらったこのミニボトルだってもう3年。

 

造られて間もないフレッシュな「泡波」というものを初めて堪能しました(^^)v

 

最近、ある酒造所の方から伺いましたが、現在の沖縄以外の焼酎全体の売り上げを仮に100とすると、そのうち泡盛の占める割合は1前後なんだそうです。もう少し多いのかなと思っていたので、そんなに少ないのって正直、驚きました。この話を聞くと最終日にも関わらず「泡波」があんなに残っていたことも妙に納得です。

 

そもそも今回のイベントは飲食店の経営者を対象にしているので「泡波が飲める!」なんて喜んだ僕みたいな来場者が少なかったんでしょうけど(苦笑)。微力ですが泡盛マイスターとして、1を2へ、3へ増やすお手伝いができれように頑張ります!

文:泡盛マイスター伊藤 薫