あっつーい日にフローズン泡盛カクテルはいかが?

こう暑い日が続くと、泡盛を楽しむのに氷を入れたぐらいじゃの冷たさじゃ物足りなさを感じませんか?

 

物足りな~いと思ったので、フローズン泡盛カクテルに挑戦してみました(^^)

 

といっても素人なので、泡盛カクテルBOOKを引っ張り出してきて手軽に作れるスタンダードなカクテルから僕が選んだのは「フローズン泡盛ダイキリ」。ラムの代わりに泡盛を使うカクテルですね。

さっそく、レシピを片手に材料を集めました。

泡盛、ホワイトキュラソー、それとライムジュース

泡盛は「紺碧(5年古酒・25度)」・沖縄県酒造協同組合です。青色のボトルが涼しげなイメージで暑い夏に飲んでも涼を感じることができるのでオススメです(^^)

 

レシピを見るとガムシロップも使うようですが、今回は古酒を使うのであえて甘さは足さずに泡盛の味わいで勝負してみることに。

相方がキッチンのどこからか出してきてくれたホワイトキュラソーが相当に古そうで、これは古酒になっていますね、確実に(笑)。

 

泡盛にはライムジュースよりはシークァーサーの方が雰囲気だけど、近所のカルディに売ってなかったのでレシピ通りです。

 

クラッシュアイスをどうやって作ろうか?と考えましたが、家にブレンダーがあるのでまずはブレンダーで挑戦です。

まずはブレンダーで

材料と氷をブレンダーで混ぜること数秒、そのままグラスに注げばフローズン泡盛ダイキリの完成ですが・・・

お味は甘くなくて大人なイメージ。ただ、もう少しライムを少なめにしないと泡盛の味が生きてこないかな。

 

シャリシャリの氷で作って、もっと浅いグラスに盛り付けて・・・、グラスにミントも添えたいし、ストローも付けたら良かったと・・・と、気になると直したいところが山盛り(>_<)

 

とにかくシャーベット感をブレンダーでは出せなかったので、氷かき器でシャリシャリの氷を作ってシャーベット感を狙ってみます(^^)/   

氷かき器を投入!

ようは氷かき器で作った氷に泡盛ほかカクテルのレシピをかける作り方に変えてみようと思って、準備した氷かき器はこんなにも可愛らしいのだけど、大丈夫だろうか?

1回目の氷は子供に全部取られてしまい、足りるのか不安でしたがこんもりと氷を盛ることができました。

 

ここにダイキリのレシピをかけると・・・   

まあこうなりますわな^_^;

シャリシャリじゃなくて、ザクザクって感じの氷に。 雪国育ちの方にはわかってもらえそうだけど、積もった雪が雨で溶けていくときの感じに近いです。

 

ここで諦めずにさらに氷を足してみました。 

こうなるとストローじゃなくてスプーンで食べる雰囲気ですね^_^;

フローズン泡盛カクテルというよりか単にかき氷? それよりはフラッペという方がしっくりくるのかもしれませんね。はからずとも、食べる泡盛シリーズに新しい仲間が生まれました。 

 

氷かき器を使うとまあそれなりの出来栄えになりましたが、泡盛そのもので氷を作ってしまえばいいんじゃないかと思いついたのでもう少しお付き合いください(^^)

 

泡盛で氷を作り、それを氷かき器でシャリシャリに削る。そこにホワイトキュラソーとライムジュースを足す。

削る時、掛ける時に氷が融けるかもしれないけど、融けるとしても量はしれているし、むしろいい塩梅のフローズン泡盛カクテルになるんじゃなかろうかと思いついたので・・・

泡盛を凍らせてみた!

アルコール度数25度の泡盛「紺碧」を氷かき器に付いていた容器で3日ほど凍らせてみました。

 

串を刺すと辛うじて立つ様な不安定さで、氷というより霙(みぞれ)ですね。これを氷かき器で削るなんてどう考えても無理(>_<)。

花酒(与那国島の60度のお酒)を冷凍庫でキンキンに冷やして飲む時は凍らずにトロリとするぐらいですが、25度ぐらいならそれなりに凍るかなと思っていましたが、さずがに凍らないみたいですね。

 

今回は失敗か~と思いましたが、ここに他の材料(ホワイトキュラソーとライムジュース)を足してちょっと混ぜれば、立派なフローズン泡盛ダイキリになりますよね。むしろ削る手間が減ってありがたいか(笑)。   

 

キンキンに冷やしておいたグラスに注ぎ、カットしたオレンジを添えてみました。見た目もなかなかいい感じ(^^)

レシピにあるようにシロップで甘さを足すのもアリかもしれませんね。

 

口に含むとシャーベット状の泡盛が口の中で融ける、フローズン泡盛カクテル。あっつーい夏の日に一押しです(^^♪