ダメ元が思いがけない展開に 池間酒造

酒造所見学ツアー第6弾、またの名を「宮古島家族旅行2014」の5蔵目は宮古島で有名なカレーを食べる前に池間酒造(有)さんへ立ち寄りました。

 

見学できないのは承知の上でしたがせめて近くまで来た記念に工場の外観だけでもと思い、広い敷地(なんと35,000平方メートルもあるそう)の端から遠目にバシャバシャ撮影していると・・・

工場の方から誰かが何やら話しかけてきます。聞き取れずにしばらく固まっていると、手招きしてくるではありませんか!

 

とりあえず近づいてみると・・・「もうすぐ忙しくなるから、今ならこの辺撮ってもいいよ」と言ってもらいました。

 

ということでラッキーにも貯蔵タンクと充填機をカメラに収めまることができました♪

渡久山酒造さんのようにこちらでも再利用を待つ一升瓶が敷地の片隅に積んでありました。瓶の色もそうですが銘柄もさまざまで多良川、宮の華、菊之露という具合に宮古島の泡盛はだいたい網羅されています。

これまで泡盛の酒造所見学をするときのスタンスは見学NGの酒造所には行かない。たとえ近くまで行ったとしても写真を撮ったりすることもありませんでした。

 

そんなのは「見学ではない」と考えていたからですが、離島の場合は次はいつ行けるのかわからないのでとにかく行けるだけ行こうと決めて結果的には宮古島にある酒造所を全部まわりました。だから見学とは名ばかりで酒造所の前まで行って、行った証にとにかく写真を撮って帰ってきた所も少なくありませんが、池間酒造さんでは思いがけない展開に繋がりました。

 

ダメ元でも行ってみるものですね(^^)v。池間酒造様 お忙しい中、ありがとうございました。

 

思いがけない展開に、本来の目的地だったこちらのカレーは2割増しに美味しく感じました。 

追記

泡盛の酒造所見学でお邪魔した蔵は20箇所になり、沖縄本島で見学のできる酒造所はほぼ網羅できたので次は離島に行ってみようと、これまた家族旅行に絡めて(家族を巻き込んで)一気に宮古島の7つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。訪問日:2014年10月4日

文:泡盛マイスター伊藤 薫