バラエティに富む銘酒が生まれる 忠孝酒造

忠孝酒造さんへは泡盛造り体験や那覇バスのイチ押しツアー「泡盛島唄ライブコース」で何度もお邪魔していたのに肝心の工場見学はまだだったので、手造り泡盛体験の終了後にお忙しい井上さんに無理を言って見学させていただきました。

 

というわけで、酒造所見学ツアー第5弾、またの名を「時々運転手 no 旅2013」のスタートは忠孝酒造㈱さんです。

 

工場はくぅーすの杜 忠孝蔵の小禄バイパスを渡って向かい側にありました。

社用車は泡盛好きには萌えポイントですね(^^♪

でもそんなことを言って盛り上がってしまうと時間がかかるのでさっそく案内していただきましょう!

こちらが蒸し器で、上から洗ったお米を入れていくと連続的に蒸し上がる仕組みだそう。

こちらが円形の製麹機(通称は円盤?)で、下の円形部分が回ります。

ここはモロミ室。出番を待つモロミ達が蒸留の時を今か今かと待っています。

それからこちらが蒸留機で縦型(上)と横型(下)がありました。減圧の蒸留機は工場の別の場所にあるようです。この2つを使って同量を蒸留し、それらをブレンドしているということでした。

このシンプルな製造ラインから「忠孝」や「華忠孝」、「夢航海」に「豊吉」などの数々の泡盛が造られていると思うと不思議な感じです。

 

そんな疑問を井上さんにぶつけると「同じラインでも麹菌や酵母を変えたり、それから浸漬法、蒸留機を変えたりすればできるんですよ」とこともなげに返事が返ってきましたが、そうはいってもそれぞれ特徴を持った銘酒が生まれてくるのがやっぱり不思議な感じがしました。 

 

忠孝酒造の井上様 お忙しい中、丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。 

追記

泡盛マイスターになって1年が過ぎて、泡盛の酒造所見学にも拍車がかかって来た頃でした。家族旅行がメインで沖縄に行ったんですが、家族旅行に絡めて(家族を巻き込んで)一気に6つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

これまでお邪魔した泡盛の酒造所は16箇所になり、こちらも慣れてきているのでさらっと見せていただくような雰囲気が記事にも表れていますね。慣れてきているだけじゃなくて、相変わらず予定を詰め込んでいるのでじっくり聞く時間がないのと、メインはあくまでも家族旅行なのでずるずるいかないようにと必死です(笑)。

 

「沖縄に行く、イコール泡盛の酒造所を見学する」がエスカレートしてしまって、単独行動で酒造所に行ってみたりと家族旅行なのか怪しくなってしまった酒造所見学ツアー第5弾でした。訪問日:2013年11月9日

文:泡盛マイスター伊藤 薫