ジューシーな泡盛カクテル

泡盛を気軽に楽しむために、「泡盛カクテル」なんて名ばかりの泡盛を何かで割っただけのなんちゃって泡盛カクテルを普段から楽しんでいます。

 

割るのは清涼飲料水、炭酸飲料が定番なんですが、たまにはフレッシュな100パーセントの果汁や生搾りで豪快に割ってしまおうという企画。名付けてジューシーな泡盛カクテル3連発行きまーす!


パイン de 泡盛

唐突ですが、パインアップルを食べすぎて口の中が切れたことってありませんか?

 

パインアップルと聞くと、相方がタイに行った時に食べ物が全く合わず、旅行中はパインアップルだけで過ごしたというエピソードを必ず思い出します。何日もパインアップルだけなんて、口の中が切れまくり de ちょっとした拷問ですよ、これは(汗)。

 

そんなことはさておき、ジューシーな泡盛カクテルの1杯目は「パイン de 泡盛」です。

 

使うのはそんじょそこらのパインジュースとは違いますよ。そもそもジュースじゃないし。誤解を恐れずにいえば、↓このパインの缶詰めの残り汁。というと聞こえは悪いけど、味は間違いありません!

こちらのパイン缶は砂糖不使用の自然体、「砂糖の入っていないパイン缶詰 ロイヤルスウィート」。泡盛マイスターのKさんに教えてもらい、わしたショップで購入しました。

パインアップルよりも残り汁(果汁)の方が気になって缶詰を買ったのは初めてです(笑)。

ミルク酒の時に学んだ缶詰を注ぎやすくする加工もお手の物ですね。

おっと、忘れるところでしたが、こちらが本来メインであるはずのパイン。

本来は脇役の果汁なんですがいい感じに仕上がりました。

真夏のビーチで飲んだら最高ですね。何を隠そう果汁だけも「砂糖の入っていないロイヤル・スウィート パインジュース」として販売されているので当然といえば当然なのですが(^^♪

 

パインジュースだとたくさん飲んでも口の中が痛くならないのは不思議!

 

2杯目は僕の地元、山形のラ・フランスの果汁を使ったジューシーな泡盛カクテルです。


ラ・フランス de 泡盛

これはメインがラ・フランスの果肉で、果汁は脇役というわけではないのですが、どういうわけか「くだものえき」という名前なんです。

 

ラ・フランスの果汁を「くだものえき(液)」とネーミングしてしまうのは、いくらなんでもちょっとがさつな感じがします。

 

いや待てよ、ラ・フランスのエキスから連想しての「えき(エキ)」かもしれないぞと、勝手に弁護してみたり。

ラベルをよく見たら、なんてことはない鉄道をイメージしての「くだものえき(駅)」でした。「汁」じゃなくて「液」で良かった。

 

いささか強引な展開ですが、これも泡盛で割ってみました。山形県民としてはラ・フランスをジュースにするなんて冒涜するような気もするし、もったいないと思っちゃうんですけど、背徳の味というか?とっても美味しくいただきました(^^)

ジューシーな泡盛カクテルのラストを飾る3杯目は、沖縄はヤンバル生まれのたんかんです。


たんかん de 泡盛

たんかんって「ポンカン」×「みかん」なんですね。「たん」はどこからきたんでしょう???

 

みかんといえば季節は冬、こたつでテレビを見ながら一気に2、3個食べてしまうイメージがありますが、ヤンバルの灼熱の太陽で育ったたんかんには、こたつは似合いません。

 

むしろ似合うとすれば、それは沖縄の銘酒、泡盛。

 

というわけで、100パーセント果汁を使った「たんかん de 泡盛」です。

 

スクイザーを使って手でじっくり搾りました。「スクイザー」なんて普段気にすることはないのですが、泡盛マイスターの技能競技大会は筆記試験もあるのでカクテルをつくる道具もときどきおさらいしておきます。

 

まずは果汁だけで。ヤンバルの自然で育まれたせいかしっかりとした甘さがあります。

近ごろ、生搾り、本搾り、一番搾り、直搾りと○○搾りが乱立していますが、これはやっぱり生搾りになるんでしょうか?

 

生搾りの濃いたんかんで割った泡盛もかなりイケます。

ところで、雪が似合わないヤンバル育ちのたんかんでも、こうやって2つ重ねると雪だるまに見えてくるのは私だけ?

雪国育ちの成せる業かもしれませんね。

こわいって((((;゚Д゚))))

身近にあるフルーツの果汁と泡盛の組合せを変えて、ジューシーな泡盛カクテルを気軽に楽しんでみませんか?

文:泡盛マイスター伊藤 薫