チョコと泡盛が奏でるハーモニー

チョコレートと泡盛のマリアージュを楽しむのにぴったりなものを見つけました。口に入れた瞬間から楽しめる菊家の九州焼酎菓蔵シリーズの泡盛生チョコです。

 

泡盛は「久米島の久米仙」と「琉球王朝」の2銘柄どちらも買いました。この九州焼酎菓蔵シリーズは泡盛の他には芋焼酎の「伊佐美」、「五百年蔵」があるようです。前にブログに書いた泡盛ボンボンは中身の泡盛が何かわからなかったのですが、これは銘柄がわかっていてしかも2種類あるならやっぱり銘柄当てがやりたくなりますね(^O^)/

 

というわけで・・・


泡盛生チョコの銘柄当てにチャレンジ!

相方に準備してもらい泡盛生チョコの銘柄当てに挑戦しました。自信は全然なかったけど見事、生チョコに入っている泡盛の銘柄を当てることができました。たんなる直感でしたが今日は冴えてる(^^)v 

 

ちなみに中はこんな感じ。

見た目はゼリー状なのにゼリーじゃない。口の中で泡盛が溶け出す感じで濃厚な生チョコレートと泡盛の古酒の相性がバッチリ!どちらもアルコールが苦手な方にも自信を持ってオススメできる泡盛スイーツでした(^^♪


お疲れの時にはこのコラボが効く

古酒を使った泡盛生チョコも美味しいけれどやっぱり泡盛は本物がいいなぁということで「珊瑚礁(10年古酒・43度)」・山川酒造とチョコレートのマリアージュを楽しんでます。上等な古酒とカカオの力で疲れも吹き飛ぶ気がする。お疲れの時にはやっぱりこのコラボですよ!


カカオバーと古酒の奏でるハーモニー

おは朝で紹介されたチョコレート研究所のカカオバーを知ってしまったらどうしても泡盛と一緒に楽しみたくなりました。

 

チョコレート研究所所長でスイーツ王子こと、ちひろさんのこだわりがたっぷり詰まったカカオバーはインドネシア産のカカオを使っています。インドネシア産のカカオはフルーツ感のある味わいが特徴なんだそう。さてさて、どんな味わいなんでしょうか? 

野生味溢れる豆の香り、そしてざらっとした舌触り。ワイルドなイメージのチョコレートです。ちひろさん曰く、手作りなので荒さはあるけれど、その分風味が引き立つんだそう。後半はしっかりとした苦味と柑橘系のニュアンスを感じました。これがフルーツ感ってことでしょうか。

 

カカオバーのテイスティングは楽しいんですがこの辺にして泡盛とのマリアージュを楽しみましょう。あわせる古酒は「芳醇浪漫(3年古酒・44度)」・神村酒造です。

前に飲んだ時はナッツを思わせる味わいを楽しむことができましたが今回は苦味と酸味も強く感じました。これが甕熟成の妙でしょうか。カカオバーとの相乗効果でお互いの風味が一層引き立つ様子を楽しむことができました(^^♪

 

産地によるのか、品種によるのかわかりませんが素材本来の味わいが楽しめるなら個性溢れるカカオバーを集めて、テイスティングというのも奥が深くて面白そうですね。


山形発のチョコレートは凄かった

自称山形のごっつお(うまいもの)大使としては山形ならではのチョコレートと泡盛のマリアージュを楽しみたくなったので、帰省中の山形でいろいろ物色していたら・・・思わず手を出してしまったのが↓こちら。

三奥屋の「たくあんチョコレート 夢」。ごくあたり前のようにしれっと書きましたがたくあんです。 大根の砂糖漬とチョコレートを合わせた、なんと漬物スイーツなんです(*_*)

まあ普通は手を出さないと思いますが山形県民は大の漬物好き。食卓に何種類もの漬物が並べばテンションが上り、大阪人の相方にはドン引きされるけど家族全員がまず箸を付けるのはメインディッシュよりも漬物だったりします(笑)。   

 

ちなみに第十三回山形県漬物展示品評会で農林水産大臣賞を受賞しているそうなので、あながち三奥屋の悪ふざけでもなさそうです。

 

食べてみると、自分でも驚くほどたくあんとチョコのコラボをすんなり受け入れることができました。どちらかといえばチョコレートコーティングされたポテチを初めて食べた時の方が衝撃がありましたね。

たくあん(漬物)と思うと抵抗ありますが、オレンジピール的に加工された大根と思えばチョコレートコーティングも特に違和感はありません。ほんのり感じる檸檬の酸味がバランスを整えてくれています。億万長蛇(ハブ酒)との相性もgoodでした(^^♪


ルタオがワイン入りチョコを作るとこうなる

ちょっと脱線しますが泡盛のラベルのような泡盛生チョコのパッケージはイメージ通りなんだけど、スイーツなのでもっとオシャレなのがいいんじゃないかなと思ったときにみつけたのがこちらのルタオの「ホワイトレアチョコレート ナイアガラ」。

 

ナイアガラ種100%の北海道ワインを使用しているんだそう(アルコールも少しだけ含まれています)。繊細かつ濃厚な葡萄のチョコでうましです。これは泡盛ではありませんがセンスがいいなぁと感じたので備忘録的に載せておきます。

このナイアガラを金箔入りのハブ酒、億万長蛇と合わせてしまう僕には、たぶんセンスないな(笑)。


最後はお約束の

コンビニのお菓子コーナーじゃなく、なぜかドリンクコーナーでキョロちゃんと目が合ってしまった。

期間限定でチョコボールドリンクなるものが発売されていました。


迷わず買って!すかさず泡盛で割る!

ということでラストは「チョコボール de 泡盛」です。

当然なのですが後味がかなりピーナッツ!これでもかというぐらいにピーナッツ風味が押し寄せてきます。 

 

ところでチョコボールといえば、あのおもちゃの缶詰をゲットしたことってありますか?

 

金なら1枚、銀なら5枚のエンゼルを集める必要があるわけですが、小学生の頃は金も銀も1枚すら集めることができませんでした。銀がようやく5枚集まったのは大学生の頃です。その時に何事も一発は狙わずにコツコツいこうと心に決めました(笑)。

 

それから自分でエンゼルを当てられなくてもオークション等でお金を出せば手に入れることができるということを知ったのもその頃でした。ちなみに珍しい物はオークションで高値で売れるということを知ってしまったので、おもちゃの缶詰はもう手元にありません。 

 

チョコレートと泡盛のマリアージュを追求するはずが最後はおもちゃの缶詰にたどり着くという、なんとも取り留めの無い話になってしまいましたがひとまずはこの辺で。どうぞ追記にご期待ください(汗)。

文:泡盛マイスター伊藤 薫