休日の朝のお楽しみは泡盛コーヒー♪

おはようございます。泡盛マイスターのいとうです。

 

のんびりした休日の朝は淹れたてのコーヒーと

クリスピークリームがあればサイコーです。

 

ゆっくり新聞を読みながら、

カフェインで目覚めもすっきり。

 

と言いたいところですが、

なぜかまた夢の世界に引き戻されてしまいそうな・・・

そうでした。これはコーヒーではなく

泡盛コーヒーだったのでした。

こちらは泡盛に豆のまま浸けたものなので

アルコール度数は30度あります。

 

これは漬けて2日経過したときの状態。

この頃は琥珀色の液体に浮く豆がはっきり見えていたので、

部屋に飾っても絵になるかなと思っていました。

が、しかし。

気がつけばいい色というか

濃すぎて中の豆が見えません。

 

目を凝らしても中身がなにか見当もつかない。

この状態でもうかれこれ1ヶ月になります。

 

挽かずに豆のままで漬けるなら

時間をかけてじっくり抽出したいと思っていましたが

1週間程度でしっかり色はついていたような気がします。

 

見た目を意識してティーバッグには入れなかったので

飲む時にフィルターで濾しました。

 

泡盛コーヒーは最初は浮いていた豆が沈んだ頃が

ちょうど飲み頃という記述をネットでみたのですが、

たしか数日で沈んでしまっていましたね。

 

しかし1ヶ月は漬けすぎみたいで雑味が半端ない。

でも普通(?)のコーヒーと飲み比べると

泡盛コーヒーは砂糖を入れていないのに

甘さをしっかり感じることができます。

 

これが泡盛コーヒーならではなんでしょうか。

 

とはいえ。

 

いくら休日でも朝からこの泡盛コーヒーを

飲むのはやめた方が無難です。

 

30度の泡盛をストレートで飲んでいるのと

同じことなので^_^;


泡盛コーヒーを熟成させてみた。

セミナーコンテストを通じてご縁があった

スイーツレポーターちひろさんに教えてもらった

北浜にあるFOCEのモンブラン。

 

見た目のインパクトが大!

モンブラン好きとしては

これは1回いっとかないと!と買ってみました。

昔、粘土を髪の毛に見立てて

カットして遊ぶおもちゃがありましたが、

その粘土の髪の毛を彷彿とさせる見た目・・・

 

しかし上品なお味。

 

中の生クリームは甘過ぎずちょうどいい。

630円のお値段も納得してしまう

上品かつ高級感漂う一品です。

 

泡盛好きとしてはスイーツと泡盛のマリアージュを

楽しもうとチョイスしたのはこちら。

 

当たり前ですがただのコーヒーではありません。

僕がコーヒー豆を1年半以上泡盛に漬け込んで抽出した

泡盛コーヒーのお湯割りです。

泡盛は菊之露(一般酒)を使っています。

泡盛に漬けた時間が長いので、

なかなかの苦味をかもし出しています。

 

一方で時間の経過と共に泡盛がまろやかになり

飲みやすくなってる気がします。

 

これがモンブランの甘さとちょうどいいんです。

バランスがいいマリアージュになっております。

 

 

ちなみに朝ではなく夜にいただいています(^^♪ 


泡盛珈琲と私

3月●日 泡盛にコーヒー豆を漬けてみた。

どんなことになるのか?

楽しみで今日はなかなか眠れそうにない。


3月●日 1日経過

だいぶ色がついてきた。色・香りはコーヒーだ。

飲んでみると薄くてアメリカ~ンという感じ。


3月●日 2日経過

苦味が強くコーヒーの余韻を長く感じる。


3月●日 3日経過

所用で帰りが遅くなったので観察はお休み。

遠目に見る限り変化はなさそうだ。

 

3月●日 4日経過

苦味もさることながらアルコール味を強く感じる。

味見のためにどんどん量が減っている(笑)

 

少し味見の量を減らないと(汗)


3月●日 6日経過

アタックが強い。アルコールのピリピリ感がすごい。


3月●日 10日経過

香りというか臭いがすごい(らしい)

 

自分じゃわからないけど

早くなんとかしてくれ!

と相方が声を荒げるほど。

 

よくわからないけど

泡盛コーヒーに何かが起きてる!?

これは泡盛にコーヒー豆を

そのまま漬けて作った

泡盛コーヒーですが

 

漬けるコーヒーは

豆のままでいくか?

それとも粗挽きでいくか?

 

悩むのは時間の無駄だと思ったので

どちらもやってみることにしたんですよね。

 

といっても泡盛に対して、

どのぐらいコーヒー豆が必要なのか?

どのくらいの時間漬けておけばいいのか?

 

と分からないことだらけだったので、

お世話になっている珈琲焙煎師G氏に

色々教えていただきました。

 

粗挽きした豆を使って10日間

その経過を観察してみました。

夏休みのアサガオ観察日記調になってますが

泡盛コーヒーに初挑戦したときの記録です。

 

豆はG氏お薦めの

アイスコーヒーミックスの粗挽き。

 

泡盛に豆をそのまま入れると飲む時に

フィルターで濾さないといけないので

G氏のアドバイスでティーバッグに入れました。

10日間漬けていたので

コーヒーの苦味(雑味?)はありますが

泡盛の甘味をしっかり感じることができます。

 

この見た目に騙されてコーヒーと思って飲むと

足元すくわれますね、確実に(笑)

 

抽出に必要なコーヒーの量がわかったし

粗挽きは長く漬けすぎると、

良くない香りが出るということがわかったので

本番では挽かずに豆のまま漬けたのでした。

 

何事も経験ですね。

取り出すタイミングは間違えましたが(苦笑)


沖縄で泡盛焙煎コーヒーに出逢った

泡盛コーヒーといえば沖縄で

泡盛焙煎コーヒーなるものを頂きました。

 

泡盛で焙煎したものらしいのですが

詳しいことはわかりません。

さらに販売用のもあって、「琉球」「暖流」

「菊ノ露」で焙煎されたものがありました。

言われなければ気づかないかもしれませんが、

味わいに深みが増しているような??

アルコールはとんでいるので、

アルコールはNGでも大丈夫みたいです。

こうして何種類もの泡盛コーヒーを見てくると

泡盛とコーヒーの相性って想像以上に

いいんだろうなと思えてきます。

 

泡盛とコーヒーのコラボ(融合)について

一度じっくりと考えてみて、

これがベスト!と思える泡盛コーヒーについて

個人的にまとめてみようと思いました。


芳ばしさの相乗効果

「コーヒー泡盛」と「泡盛コーヒー」

どっちが正解なのか?

なんてことは気にせずに。

ひと通り泡盛とコーヒーのコラボを楽しんできました。   

 

こうしてみると。

スタイルはいろいろ試してみましたが、

  • どんな泡盛を使うのか?
  • コーヒーはどんなものを?

ということについては、

ほとんど意識したことがなかったですね。   

 

なので。

 

泡盛とコーヒーにコダワルと

泡盛コーヒーはここまで美味くなる

みたいなのを探ってみようと思った1回目です。   

 

コーヒーは詳しくないので、

まずは泡盛に特徴のあるものを持ってきました。

 

樽貯蔵の泡盛「暖流(古酒・40度)」・神村酒造です。

コーヒーの芳ばしさと樽貯蔵の暖流の芳ばしさを

合わせたら面白いんじゃないかという発想です。 

芳ばしさのジャンルが違うので、

お互いのカバーできない部分を補いあって、

芳ばしさが深まっていくようなイメージ。

 

多少芳ばしいもの同士がぶつかり合うような

感じもありますね。

  • 泡盛の度数を変えるとどうなるのか?
  • 酸味の強い豆にしたら?
  • 焙煎の仕方を変えてみたら? 

と考え出すと面白そうなマッチングができそうなので、

泡盛とコーヒーのブレンディングの会も面白そうですね(^^♪