圧巻の樫樽の量! ヘリオス酒造

酒造所見学ツアー第4弾、またの名を「レンタカー de ひとり旅2012」の最後を飾る6蔵目は、ヘリオス酒造㈱さんにお邪魔しました。

看板は撮り忘れましたが間違いなくヘリオス酒造です(汗)。左手に見えるあのタンクで沖縄県酒造協同組合まで泡盛を運んでいるんでしょうか?

 

小さな蔵には小さいなりのいい所があると思うし、大きい蔵には大きいなりのいい所があると思います。ヘリオス酒造はこれまで見学した酒造所の中では規模の大きい部類に入るのは間違いありません。

 

酒造所を見学する時は、頭をぶつけないか、もしくはつまづかないかと頭や足元を気にしながらということが多いのですが、「ヘリオス酒造は見学者を案内することを前提に工場が造られているのでは?」と思ってしまうほど理路整然とした見学のしやすい工場でした。

 

でも撮影禁止というのはちと寂しいし、工場の中で見学できたのはもろみタンクと蒸留器だけというのはブログを書くにはつらいかな。。工場の全貌はこの模型を参考にしてくださいね。

こちらの蔵(二の蔵)に貯蔵されていた「くら」の樫ダルは「いったいいくつあるんだろう」というぐらいの量で圧巻でした。そこで見た酒造所紹介の映像も素晴らしく、今すぐ「くら」が飲みたい~って気分に(^^)

見学後に試飲タイムがありましたが、同じ時間帯に観光バスで見学に来ていた団体さんを羨望の眼差しで見過ぎてしまっているような気がしたので、この日2食目のタコライスを食べるべく早々に退散しました。

 

沖縄本島での移動はレンタカーが便利だけど、酒造所見学に行くのに自分で運転というのはナンセンスの極みですね(>_<)

 

でもまあ金武酒造の滞在時間を読み違えてヘリオス酒造には見学開始の2時間も前に着いてしまったのですが、酒造所の方に教えてもらい近くの道の駅を堪能できたのはやっぱりレンタカーで動いていたからこそ。道の駅ではハブアタックやタコライスなどブログのネタをいくつか仕入れることができました(^^)v

 

コアな泡盛好きじゃなくても沖縄好きのリピーターは泡盛ファンの予備軍だと思います。だから観光バスで行く酒造所見学ツアーは需要があると思うので那覇バスさんとか企画してもらえませんかね?見学不可の酒造所を口説き落としたら確実に人気のツアーになるんじゃないでしょうか。

 

とにかく次回はハンドルを握らずにお邪魔するので、その節はよろしくお願いします。

追記

泡盛マイスターの筆記試験に続き実技試験にも合格することができ、晴れて泡盛マイスターとなることができました。

 

本格焼酎と泡盛の日である11月1日に沖縄で開催された泡盛マイスター認証書授与式に参加することに絡めて、一気に6つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

大阪からわざわざ授与式に参加しなくてもいいんですが、単に授与式を口実に沖縄に行きたかっただけです(笑)。「沖縄に行く、イコール泡盛の酒造所を見学する」、これが定着したのはこの頃からですね。

 

沖縄本島の酒造所巡りをしていた頃はタコライスを食べに良く金武に通っていました。それこそ早めの昼食と夕飯がタコライスなんていう、タコライスのはしごもしたことがありますが、身体が付いていかなくて最近は止めています。年のせいですかね^_^;

 

行程に泡盛の酒造所が入った観光ツアーを目にすることがありますが、酒造所によっては大型のバスで一度にドカッと来られても対応できないという話がありますよね。試飲がしたいだけならツアーじゃなくてジャンボタクシーをチャーターしてこじんまりといくのがベターかなと思えてきた今日この頃です。ここまででお邪魔した泡盛の酒造所は15箇所になりました。訪問日:2012年11月3日

文:泡盛マイスター伊藤 薫