ボトルキープができる!? 金武酒造

酒造所見学ツアー第4弾、またの名を「レンタカー de ひとり旅2012」の5蔵目は(有)金武酒造さんにお邪魔しました。

 

工場の見学ができないことは承知の上でしたが、鍾乳洞で泡盛の保管サービスをしている「古酒蔵」が不運にも工事中で見学できないっていうのは想定外でした(汗)。まあ那覇から金武の新開地までタコライスを食べに来ていて、目と鼻の先にある金武酒造に寄らないという手はないのでいいんですけど。。

 

古酒蔵のことは潔く諦めてショップ「龍の蔵」を覗くと・・・

あるじゃないですか泡盛Tが!!

悩んだのはどのサイズにするかだけで、すぐさまカゴに入れてました。

 

余談ですが、泡盛T(これに限らず)を着て出かける事に対して相方の反応が頗る悪いのです。理由を包み隠さずに言うと「なんだかキモイ」ということらしいのですが、そんなことは意に介さずに「大阪泡盛の会」の日の僕の正装です。

 

左胸には龍のワンポイントが入ってます。

そして、次に触手が動いたのがこちら。

金武町特産の田芋で造られた焼酎「金武の誉(ほまれ)」で、一合で1,000円となかなかいいお値段です。

 

最近はなにかと「ブログのネタになりそうか?」という視点で選ぶことが多いのですが、芋焼酎との違いやどぅる天(簡単に言うと田芋の天ぷら)との相性を知りたくてと、今回はいたってまともな好奇心からのチョイスなのでした。←ずここまで来たなら泡盛買えよって話もありますが。

 

ところで、金武酒造をいくつかの酒造所で泡盛を保管してくれるサービスを行っているのですが(ちなみに金武酒造では保管サービスのことを「ボトルキープ」って呼んでいるようです)、ある泡盛マイスターの先輩が常々仰っているのが「自分が死んだ後でその泡盛がどうなるのかと考えるとおちおち死ねないから保管サービスを利用しない・・・」。

 

そんな悩みを抱える泡盛ファンのために、どこの酒造所にいくつ甕を預けているかなんてことが整理できるエンディングノートがあったらいいですね。それは僕が作るしかないか(笑)。

 

レンタカーでのひとり旅なので今回も試飲はなしです。精神鍛錬の旅はもう少し続きます。

追記

泡盛マイスターの筆記試験に続き実技試験にも合格することができ、晴れて泡盛マイスターとなることができました。

 

本格焼酎と泡盛の日である11月1日に沖縄で開催された泡盛マイスター認証書授与式に参加することに絡めて、一気に6つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

大阪からわざわざ授与式に参加しなくてもいいんですが、単に授与式を口実に沖縄に行きたかっただけです(笑)。「沖縄に行く、イコール泡盛の酒造所を見学する」、これが定着したのはこの頃からですね。

 

沖縄本島の酒造所巡りをしていた頃はタコライスを食べに良く金武に通っていました。それこそ早めの昼食と夕飯がタコライスなんていう、タコライスのはしごもしたことがありますが、身体が付いていかなくて最近は止めています。年のせいですかね^_^;

 

この所、大阪泡盛の会は平日に開催することがほとんどなので泡盛Tシャツを着て行かなくなりましたが、泡盛マイスターの活動が増えている分、最近は泡盛Tシャツがネタになってて(笑)、キャンプや近所の買物、子供の保育園の行事など相方から「今日はこれ着て行ったら?」と勧められるので出番は意外とあります。訪問日:2012年11月3日

文:泡盛マイスター伊藤 薫