製麹機の大きさにたまげた! 久米仙酒造

酒造所見学ツアー第4弾、またの名を「レンタカー de ひとり旅2012」の4蔵目は久米仙酒造㈱さんにお邪魔しました。

 

案内していただいたのは開発部門のNさん。泡盛マイスターの大先輩にあたります(認証番号は200番台前半)。名刺を頂いた時に思わず、「僕も泡盛マイスターを取って、今回は認証式に参加するために沖縄に来ました」と、自分が泡盛マイスターであることをしゃべってしまいました。

 

そんなわけで、こいつは泡盛マイスターのくせにそんな初歩的な質問するか?って思われたら嫌だなと、少し緊張しながら見学はスタートしました。

 

まずは製麹。製麹といえば、三角棚と回転式ドラムしか知らなかったので、円形の製麹機にはたまげた。広い!ビッグDの大家族でも広々寝れそうじゃないですか。

製麹機は2階建てなのですが、なんとなく気になって1階部分を見せてもらったものの中は特になんでもなくて肩すかし。ちょっぴり恥ずかしい(苦笑)。

仕込みタンクの上なう。

タンクの中を見せていただいた時に、思わず口から出てしまったのが、「この中に落ちた人っているんですか?」という間抜けな質問。俺は何を聞いているんだと思った時には手遅れ。。

 

タンクの中にはガスが充満しているので即死だそうです。それから、そんなことを聞かれたのははじめてですとのこと。

 

ああ恥ずかしい(>_<)。

 

泡盛マイスターとか以前にそんなこと聞く奴はいませんよね。即死じゃ万が一落ちてても言えないですよね。←そういうことじゃないか。

 

なかなか的を得た質問ができなかったのですが、蒸留機の説明をして頂いた時に蒸留機の「立ち上がり」に捲かれている黒っぽい布(?)にまたまた食いついてしまいました。

この布(?)を1枚捲くか捲かないかで泡盛の味に影響がでるんだそう。試行錯誤の結果のこの布(?)というわけ。

 

それから、こちらは組合に泡盛を運ぶ時に使うタンクだそう。おっと、組合というのは沖縄県酒造協同組合で運ばれた泡盛は南風だったり、海之邦の一部になるというわけですね。

このタンクは組合に泡盛を運ぶ時に他の酒造所が借りに来たりもするようです。ちゃんとした質問ができると打てば響くのだと思い知りました(^^) 

 

見学の最後には試飲ができないのにもかかわらず、「奴樽蔵(やったるぞう)」、「久米仙ブラック」、「樽熟成十年古酒」など7銘柄をグラスに注いでいただいて香りと色を確認させてもらいました。

 

車じゃなかったら、他にも試飲できますか?と言ってるところですが、今回ばかりは、「もったいないのでこれは注がなくもいいですよ」とか言ってみました(笑)。

 

それにしても、試飲のできない酒造所見学ツアーなんて・・・苦行に近いですね。

 

久米仙酒造㈱のN様 丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。

追記

泡盛マイスターの筆記試験に続き実技試験にも合格することができ、晴れて泡盛マイスターとなることができました。

 

本格焼酎と泡盛の日である11月1日に沖縄で開催された泡盛マイスター認証書授与式に参加することに絡めて、一気に6つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

大阪からわざわざ授与式に参加しなくてもいいんですが、単に授与式を口実に沖縄に行きたかっただけです(笑)。「沖縄に行く、イコール泡盛の酒造所を見学する」、これが定着したのはこの頃からですね。

 

酒造所見学の回数を重ねる毎に独自の視点で質問をすることができるようになってきたように思います。少々間抜けですが(笑)。

 

それからNさんというのは、マッキーさんこと中村真紀さんです。阪急百貨店の沖縄物産展で開催された泡盛講座では「美王」の資料を提供して頂いたりと何かとお世話になっています。僕が見学の時に間抜けな質問をしたことは憶えていないとないと思いますが、今度お会いした時に聞いてみようかなと思います。訪問日:2012年11月2日

文:泡盛マイスター伊藤 薫