牛乳だけじゃない! 泡盛の○○乳割りを楽しむ

泡盛をお茶割りで楽しんだ後は牛乳割りなんていかがでしょう?

 

うぇっ!て思った方が多そうですが泡盛の飲み方としては定番といってもおかしくないし、泡盛を美味しく楽しめる飲み方です。

 

泡盛ファンにはお馴染みの泡盛の牛乳割りはほんのりとした甘さを感じます。後味は牛乳感が強めに出てくるので、あぁ牛乳を飲んでるなって実感することができます。

 

牛乳割りだけではありがちすぎてブログが成り立たないので、泡盛を楽しむ○○乳割りをいくつかご紹介しますね。

 

牛乳割の変化球という感じの豆乳割り。 上の牛乳割りと見た目の変化が乏しいのですが間違いなく豆乳割りです。

まあ想像通りの味ですね(笑)。蒸留酒の泡盛は糖質、たんぱく質を含まずローカロリーなのでカロリーが気になる方は牛乳よりもカロリーの低い豆乳を選ぶのがベターかもしれませんね。お次は・・・

 


宮古島では定番の練乳割り!?

泡盛の練乳割りは変化球じゃなくて大きくそれてボール?と思いきや、宮古島ではどストライク?本命?みたいです。というのも宮古島では泡盛の練乳割りはワシミルク割りといって市民権を得ているもよう。使う練乳もネスレのコンデンスミルクが暗黙のルールだとか。ちなみにワシミルクと呼ばれる所以はラベルに鷲の絵が描いてあるかららしい。

 

やっぱりこの辺は手を抜きたくないので相方にワシミルクの調達をお願いしたのですが相方が自信満々に調達してきたのは・・・

エバミルクという無糖練乳!!まあ練乳には違いないけど・・・鷲の絵があるコンデンスミルクって言ったのに鷲の絵もないし。

 

「ワシミルク」・・・、「ワシミルク」・・・、「ワシミルク」・・・ 

 

「★!?$*♯」

 

「エバミルク」・・・、

 

「ワシミルク」がなにかのはずみで「エバミルク」に?お前は、「だんごどっこいしょ」のぐつか~!

 

ちなみに「だんごどっこいしょ」とは、ぐつという男の子が「だんご」を忘れないように「だんご」、「だんご」と繰り返しながら歩いていたのに、川を飛び越えた時に「どっこいしょ」と言ってしまったがために「だんご」が「どっこいしょ」になってしまったという話です。知らないですかね?

 

転んでもただでは起きたくないので、これが無糖練乳割りです(笑)。これまた牛乳、豆乳と変わり映えのしない見た目ですが一番白が濃いと思ったのは僕だけでしょうか。

 

練乳といっても甘さが控えめで(まあ無糖練乳だからね)、むしろ甘さが強めの牛乳という感じ。いや牛乳割りってどんな味だっけともう一回牛乳割りをやってみたり。後味はなんだか日本酒のようにも感じました。←ほんまか!

 

ちなみにこちらが正解の「ワシミルク」。このパッケージをみたら「ワシミルク」って納得できますよね。 

牛乳に限らず泡盛の○○乳割りは泡盛をほんのりとした優しい甘さで包み飲みやすくなること間違いなしです。ただエバミルク割りの後味が日本酒のように感じるなんて、ちょっと飲み過ぎてしまった可能性があるのでワシミルク割りのリベンジはまたの機会に。

文:泡盛マイスター伊藤 薫