レア物がざくざく 瑞泉酒造㈱

酒造所見学ツアー第2弾! 4蔵目は瑞泉酒造さんへ。  

 

工場の中をひと通り案内してもらいましたが、お邪魔したのが朝の早い時間帯で残念ながら工場が稼働していなかったので工場の写真はありません。

 

でも2階(3階?)が資料館のようになっていて、なかなかお目にかかれないレアものをたくさん拝見することができました(^^♪

 

限定12本の創業120周年記念古酒

5年前、瑞泉酒造の創業120周年記念に限定12本で発売された30年ものの古酒です。器はなんとフランスのバカラ!

 

とはいってもこれは12本に含まれない例外なので、中身は入っていません。ちなみに販売した泡盛の度数は33度で、お値段は税込52万5,000円也。600mlということは・・・計算するのはやめておきましょうか(笑)。

 

120周年ということで出来れば120本を用意したかったそうですが、出来の良い古酒にこだわった結果、120本分の量を確保することができずに12本になったそうです。ちなみに即完売だったとか。

 

「君知るや名酒あわもり」

お次は、東京大学名誉教授の故坂口謹一郎博士の論文のタイトル、「君知るや名酒あわもり」が刻まれた石碑のレプリカ。本物は沖縄県酒造協同組合の玄関正面に建立されています。

 

実物と見比べると緻密なレプリカではないのですが、これはかなり欲しいです。 どういう経緯でこのレプリカが作られたのかも気になります。

こちらが本物@沖縄県酒造協同組合

泡盛干支ボトルの元祖!鶏ボトル

続いては泡盛干支ボトルの元祖になる鶏ボトル。今ではおなじみの干支ボトルですが、実はここ瑞泉酒造がパイオニアだそうです。

 

いつの年のものかはっきりしないそうですが、酒造所の方も物心ついた時には干支にちなんだの泡盛の酒器をお正月に飾っていた記憶があるということでしたので、少なくとも30年以上前からは存在していたようです。かなり年季の入った鶏ボトルの頭をありがたく、なでさせてもらいました。

御酒の東大限定ボトル

1階の試飲コーナーに「御酒(うさき)」の東京大学限定ボトルが展示されていました。「御酒」というは、戦前に使用されていた黒麹菌を復刻した「瑞泉菌」で造られた泡盛なんです。何故、東大限定販売というと・・・

 

戦前の黒麹菌は、沖縄の地上戦で壊滅したと考えられていました。ところが坂口謹一郎博士によって瑞泉酒造から採取されていた黒麹菌の標本がなんと東大で保存されていることがわかり、瑞泉酒造がこの瑞泉菌で戦前の泡盛の味の復刻を目指して、1999年に商品化に成功した泡盛が「御酒」です。

 

御酒と瑞泉菌で映画が撮れそうな話ですよね~。

 

そういった経緯から東大限定販売なんですね。だから、あくまでも参考に展示してあるだけで東大でしか買えないそうです。ボトルもオサレだし、今度チャンスがあれば是非ゲットしたい代物でした。

 

 瑞泉酒造㈱さん 丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。

追記

泡盛マイスターの筆記試験に合格して、次は実技試験に向けてテイスティング研修のために東京・沖縄に通っていた時期がありました。 

 

これは沖縄でテイスティング研修を受けるのに絡めて、一気に6つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。といっても2回目の酒造所見学なので突っ込んだ質問もできずに、読み返してみると恥ずかしいのですが、この頃はそんな感じだったなぁと懐かしく思えるので手を加えずにそのままにしています。 訪問日:2011年10月17日

 

2016年4月16日、再び見学させていただくことができました。この時のレポートはまた改めてアップする予定です。

文:泡盛マイスター伊藤 薫