「廠」に垣間見る泡盛の歴史 崎山酒造廠

酒造所見学ツアー第2弾! 3蔵目は崎山酒造廠さんへ。 

小雨が降る中、ウエルカムボードが出迎えてくれました。さりげない心配りが嬉しいですね(^^)

酒造所の外観はこんな感じ。歴史を感じつつもモダンな印象もあり、とってもオサレ。

奥には、かまぼこ型の屋根が見えます

工場の中をひと通り見せてもらいましたが、この日は工場がお休みでしたので残念ながら作業中の写真はありません。

 

しかし!作業中の写真はなくてもこういう写真ならあります。

まずは松藤Tシャツ

職人ぽさに惹かれて、ついついお買い上げしてしまいました。お次は・・・

「松藤粗濾過(44度)」

少し前に泡盛を大人買いしたので今回は自粛モードを貫いてきましたが、ここでしか買えない商品とか聞いちゃうとダメですね。濾過を控えめにして、素材の旨味を濃厚に残した泡盛なんだそうです。

 

ところで、前から気になっていた崎山酒造廠の「廠(しょう)」ってなに?「所」じゃないの?っていう謎が工場を見学して解けて、スッキリしました。

崎山酒造「所」ではなく、なぜ「廠」なのか?

敗戦直後の沖縄では泡盛メーカー以外にも各地で自家用酒を造っていたそうです。

 

このヤミ酒や密造酒を飲んでは悪酔いして暴れたり、暴力事件が起きたりと問題になっていました。こうした酒の密造問題に対処するために、アメリカ民政府の指導で民政府直轄の酒造工場(官営酒造工場)が5ヶ所出来ました。

  • 首里崎山町に首里酒造廠
  • 那覇市に真和志酒造廠(神村酒造の前身)
  • 金武村に伊芸酒造廠(崎山酒造廠の前身)
  • 羽地村に羽地酒造廠(龍泉酒造の前身)
  • 金武村の群島政府の工業試験場

昭和24年の官営が解かれたときに伊芸酒造廠が名前を崎山酒造廠として現在に至っているんですね。「廠」というのは官営の酒造工場時代の名残だったというわけです。

 

官営酒造工場は軍の施設や戦前の民間の酒造工場跡を利用しており、崎山酒造廠も元は米軍のコンセット(カマボコ型兵舎)だったことから屋根がカマボコ型なんだそう。沖縄の歴史と泡盛の歴史は切っても切り離せないですね。※官営酒造工場については「焼酎楽園Vol.36」を参考にさせていただきました。

 

崎山酒造廠さん 丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。

追記

泡盛マイスターの筆記試験に合格して、次は実技試験に向けてテイスティング研修のために東京・沖縄に通っていた時期がありました。

これは沖縄でテイスティング研修を受けるのに絡めて、一気に6つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。といっても2回目の酒造所見学なので突っ込んだ質問もできずに、読み返してみると恥ずかしいのですが、この頃はそんな感じだったなぁと懐かしく思えるので手を加えずにそのままにしています。

 

この日は残念ながら泡盛造りの様子を拝見することが出来ませんでした。たぶん土曜日だったからだと思います。土日を利用して沖縄に行っている身からすると、土曜日でも工場見学を受け付けていることはとてもありがたいのですが、せっかく行ったのに工場が動いていないのはもったいないという気分になるので、工場見学はできるだけ月曜日から金曜日にしようというきっかけになりました。 訪問日:2011年10月15日


松藤からイメージするのは?

「松藤」に“個性的”というイメージを持っている方は少なくないと思います。もちろん良い意味で。僕もその一人ですが飲むといつも連想してしまうのはグラスホッパー。もちろんバッタじゃなく、ミントリキュールを使ったカクテルの方です。

 

よく飲むカクテルというわけでもなく、むしろ長い間飲んでないのですが若かりし頃に飲んだ時の強烈な印象が脳裏に焼き付いているんでしょうね。ネットでグラスホッパーのレシピを調べるとペパーミントリキュールの他にもカカオリキュール、生クリームを使ったカクテルなんですね。自分の中ではあのペパーミントグリーンの色と、とにかくミントのイメージです。

 

「松藤」からそこまでのミントの香りを感じるのかといわれると・・・???なんですが、やっぱり連想してしまいます。

松藤以外の泡盛で感じたことのない印象なので余計かもしれません。

 

とにもかくにも二十歳そこそこの若造には、大人なイメージのグラスホッパーがよっぽど衝撃的だったんでしょうね。

何処で誰と飲んだのかは忘れてしまいましたが(笑)。

 

この「荒濾過 松藤(44度)」・崎山酒造廠はその名の通り旨味をたっぷり残した濾過なので飲み応えは十分ですが、松藤ならではのグラスホッパー感は穏やかです。瓶で3年ほど熟成されていることも関係あるかもしれませんね。

 

光の加減もありますが、うっすらとグレーがかって見えます。これが旨味成分なんでしょうね。あっというまになくなりそう(^^♪


行ってみる大切さ

「焼酎楽園」の酒販店ガイドに載っていたA店。ホームページを見る限り泡盛の品揃えは期待できませんでしたが、電話で泡盛の取り扱いを聞いてみたら数銘柄だけおいているということ。それでも何かが気になってA店に行ってみました。

 

確かに泡盛は数銘柄だけでしたが、店主と話し込んだら奥からこんな泡盛が出てきました(*^^)v「崎山廠(30度)」・崎山酒造廠

はじめてみる泡盛です。これは電話で聞いていた銘柄ではありません。詰口年月日が2005年11月14日ということは瓶詰めされてから早9年。

店主が瓶を拭こうとしたのを慌てて制止して持ち帰りました。堂々たる汚れっぷりですが僕的にはこの汚れが萌えです。ちょっとした変態ですね(笑)。

 

ネットで調べるだけ電話やメールで聞いてみるだけというように、効率を優先した行動をとってしまうことが多いですが一見無駄なようで実際に行ってみることは大事だなぁと改めて思いました。行ってみることできっと何かが変わりますよね(泡盛に限らず)。行ってみたところで、ろくに話をせずに帰ってしまえばそれまでですが。「崎山廠」にはアルコール度数43度のもあるということも教えてもらいました(^^♪(2015年2月4日)

文:泡盛マイスター伊藤 薫