泡盛は生き物でした! 恩納酒造所

酒造所見学ツアー第2弾の1蔵目は恩納村にある恩納酒造所へ。

 

恩納酒造所の泡盛で飲んだことがあるのは「萬座 」と「NAVI古酒 」。

7月末に神村酒造さんの工場見学をさせてもらった時はかなり暑かったのですが、10月はずいぶん涼しいですね。

 

幸運なことに仕込み中のもろみがいくつかあって、1日目、2日目、10日目と日を追ってもろみの状態を比較することができました。

 

ちなみに「仕込み」とは、麹と水と酵母(泡盛101号酵母)を1つの容器の中に一定の配合割合で投入し、良く混ぜ合わせることをいいます。

 

米に含まれているデンプンが糖化され、酵母が糖分からアルコールと炭酸ガスをつくるわけです。仕込み日数は10~14日で季節や酒造所によっても違うようです。

ブクブクと勢いのある1日目のもろみ

少しお疲れ?の2日目のもろみ

相当お疲れ?の10日目のもろみ

10日目ともなると米が溶けてしまって、元の形がなくなりつつありますね。

家にある「NAVI古酒 」は最近購入したものなのに7年古酒(瓶熟成)になっていて、もう生産終了しているのかと気になっていたので酒造所の方に聞いてみたところ、「今も作っています」ということでした(失礼しました)。買ったものがたまたま7年古酒になっていただけでラッキーだったようです。

 

最後に看板の前で記念撮影をと思って見まわしたものの見当たらない・・・。酒造所の方を追いかけて確認したところ、「まだ付けてないんですよ」ということだったので記念撮影は諦めて看板だけを撮ってきました。

看板はこんな感じで床置き(笑)

恩納酒造所の泡盛は傍にある嘉真良井(かまらがー)の地下から湧きだす硬水をつかっているのが特徴です。

これも美味しさの秘訣なんでしょうね。

恩納酒造所さん 丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。

これが、働き者の嘉真良井(かまらがー)

追記

泡盛マイスターの筆記試験に合格して、次は実技試験に向けてテイスティング研修のために東京・沖縄に通っていた時期がありました。

 

これは沖縄でテイスティング研修を受けるのに絡めて、一気に6つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。といっても2回目の酒造所見学なので突っ込んだ質問もできずに、読み返してみると恥ずかしいのですが、この頃はそんな感じだったなぁと懐かしく思えるので手を加えずにそのままにしています。訪問日:2011年10月15日

文:泡盛マイスター伊藤 薫