すべてはここから始まった。「白百合」との出会い

扇町の沖縄料理店「てぃーあんだ」(おばあのバーの方)でママに泡盛のお薦めを聞いたら、「癖があるけど・・・」という前置きがあって出てきたのがこの「白百合(30度)」・池原酒造所でした。

 

 

飲んでみた感想は、

  • 「かびくさい」
  • 「土臭い」
  • 「泥水飲んでるみたい」
  • 「友達の家の小屋の匂い」
  • 「台所の床下収納の匂い」

とか。名前に似合わず癖が強すぎやろ~(笑)と思いました。

 

でも「癖があるけどハマるとこれしか飲まなくなる人もいるから」とママがいっていたとおり、日に日に気になって最近「わしたショップ」で買ってしまいました。家で飲んでもやっぱり癖がある!

 

でも嫌じゃなく、むしろいい。

ラベルの容量のとこを上からシールを張って直しているところからしても、正真正銘の「手造り泡盛」なんだろうと思いますが手造りだからこの味になるんでしょうか?

白百合は甕で熟成しているみたいなんですが、ネットで見つけたあるブログでは白百合のことを「甕臭(かめしゅう)」と表現してましたね(^^)

 

泡盛なので沖縄のやちむんで飲んでます。これは沖縄に行くたび訪れる「工房壱」で買いました。

白百合の個性は甕熟成だからなんじゃないかと、とりあえず自分を納得させました。


追記

白百合との出会いが僕が泡盛マイスターを目指すきっかけでした。白百合は僕の泡盛人生の原点といえる泡盛です。2010年当時のアメブロの記事をそのまま転記しています。ガラケーで撮った荒い画像だし、泡盛のことが右も左もわからない時に書いたときのまんまなので恥ずかしいのですが、当時を懐かしむ気持ちと泡盛初心者の方にも共感してもらえればと思い、あえてそのまま載せています。もちろん白百合は大好きな泡盛のひとつなので誤解の無いようにお願いします(^^ゞ

文:泡盛マイスター伊藤 薫