泡盛の賞味期限はいつまで?|瓶熟成の謎に迫る

泡盛のラベルや瓶に貼られているシールの日付を見て「賞味期限が切れている!」と思った方は多いのでは?

 

あの日付は賞味期限ではありません。

 

賞味期限が表示されていないどころか、泡盛はなんと!瓶の中でも熟成すると言われています。

 

泡盛の瓶内熟成の謎に迫ってみました。


泡盛に賞味期限はないの?

泡盛のラベルや貼られているシールに書かれている日付は、賞味期限ではなく詰口年月日というものです。ようは泡盛を瓶に詰めた日です。

  • 詰口年月日|泡盛を瓶に詰めた日 

お店で泡盛を手に取った日よりも確実に前になるので、詰口年月日ということを知らないと、この泡盛は賞味期限が切れていると思ってしまうのも当然のことなんですよね。

 

泡盛は蒸留酒でアルコール度数が高いものがほとんどです。だから酒質の変化があまりないことが賞味期限を記載していない理由でしょうね。

 

詰口年月日を表示するのは当初は義務でしたが最近は任意とのこと。

詰口年月日は賞味期限とは関係ありません!
詰口年月日は賞味期限とは関係ありません!

泡盛の瓶熟成とは?

泡盛は熟成することで味わいが増す(美味しくなる)という特徴があり、3年間熟成させたものを古酒(こしゅ、クース)といいます。

 

古酒の詳しい内容はこちらをどうぞ!

 

本記事では古酒(こしゅ・くーす)の定義、おいしい飲み方をはじめ古酒の造り方まで沖縄の宝、古酒の魅力を初心者にもわかりやすく解説します。

泡盛の古酒ってどんなお酒なの?|古酒とは

泡盛の熟成というと甕で寝かせるイメージがあると思いますが、泡盛は瓶詰めされた後も熟成が進み瓶で熟成させたものを瓶熟(びんじゅく)と言ったりします。

 

瓶熟は瓶熟成(瓶内熟成)の略ですね。ほとんど省略されてませんが。

 

でもこんな声が聞こえてきそうですね・・・

 

瓶のままでほんまかいな?

 

確かに瓶のままで10年間保管していた泡盛が美味しくなるどころか、残念な感じになっていたという話を聞いた事があります。

 

一方でこんなに美味しい宮之鶴は飲んだことがないと、居合わせた全員(ほとんど泡盛マイスター)が唸るほどに美味しく育っていたということがありました。

 

その宮の鶴は杜氏のお名前が先代のものだったので、かなり古いものだったと記憶しています。

瓶のまま熟成された宮之鶴
瓶のまま熟成された宮之鶴

他にも瓶熟成の7年、8年古酒を飲んだ時は美味しくなっているように感じたことが何度もありました。  


前割りの極み。残波Z

瓶熟成状態で販売されている泡盛もあります。これは25度に加水して2001年から瓶に詰めて熟成させていた泡盛です。

  • 残波Z(ゼット)2001古酒(25度)|比嘉酒造

言ってみたら14年もの長期間、前割り状態で保存しておいたようなもの。水と泡盛の馴染み具合が半端じゃありません。美味しかったなぁ。

残波Z2001
残波Z2001

というように、これまで幾度となく瓶熟成泡盛の美味しさを感じたことがありましたが、瓶で熟成したものと新酒を並べて飲み比べたわけではないので実際のところどうなんでしょうね?

 

熟成させなくても、そもそも美味しい泡盛だったのかも?

 

やってみないとよくわからんというわけでやってみましょう(^^)/


2つの豊年で瓶熟成の効果を検証

泡盛の瓶熟成の効果を比較するのにうってつけのものが手元にありました。瓶詰めされた日が10年違う宮古島の泡盛です。

  • 豊年30度|渡久山酒造

渡久山酒造さんの工場見学をしたときのレポートはこちら。

関連|整然とした美しさ 渡久山酒造

瓶詰めされた日が10年違う2つの豊年
瓶詰めされた日が10年違う2つの豊年
  • 左|平成16年に瓶詰めされたもの
  • 右|平成26年に瓶詰めされたもの

10年という歳月をかけて泡盛が瓶の中でどんな変化を遂げているのか?

 

同じ銘柄で飲み比べてみたら面白そうだと買っておいたものです(造り自体は変わっていないと一応仮定しての比較です)    

 

左の豊年の詰口年月日(泡盛を瓶詰めした日)は、「16.12.2」

 

撮影した日は2015年(平成27年)なので16は2016年ではなく、平成16年ということです。現行のものとは違った見慣れないラベルですね。 

平成16年に瓶詰めされた豊年
平成16年に瓶詰めされた豊年

右の豊年の詰口日は「26.6.19」なので、平成26年に瓶詰めされた泡盛ということになります。

平成26年に瓶詰めされた豊年
平成26年に瓶詰めされた豊年

ちなみに左の豊年は買ってから家で10年間保管しておいたわけではありません。

 

私そんなに意志が強くないので(笑)

 

偶然にもこの2本は同じ日に買ったのですがお店は別です。左の豊年はかれこれ10年以上も売れ残っていたことになりますね。嬉しいような悲しいような複雑な心境です。。

 

瓶熟成は甕と比べると熟成のスピードは緩やかといわれますが、それでも10年間寝かせておけば立派な古酒になっているはず。

 

さて結果は!


瓶熟成は比べてみるとよく分かる!

瓶詰めされた日が10年違う2つの豊年
瓶詰めされた日が10年違う2つの豊年

瓶で10年間熟成させた豊年(左側)の印象は・・・

  • 角がとれて丸くなっている
  • 香りは控えめな印象
  • 口当たりはまろやか
  • 喉を通る時にまろやかさが良くわかる

違いがわかりやすかったのは度数です。

 

どちらも同じ30度ですが10年間熟成させた豊年は度数が低く感じます。25度と言われればそうかなと思ってしまいそうです。

 

どちらの豊年を美味しいと感じるかは好みの問題ですが、とにかく古酒造りは難しく考えなくてもいいんだという手ごたえを感じました。

 

古酒を育てるといっても難しく考えずに泡盛を買ってただ家に置いておけばいいだけ。直射日光の当たらない場所、暑くなり過ぎない場所など保管場所には少し気をつけてくださいね。

 

泡盛の古酒作りを始めてみませんか?


《追記》調査の結果、瓶熟成の効果ははっきりとわからなかったという論文があると耳にしたことがあるので現在、調査中です。

 

実は劣化したような味わいになっていた瓶熟成の泡盛を飲んだことがあります。水とアルコールが分離してしまったような感じで舌にピリピリと刺してくるような違和感がありました。

 

ちなみにその泡盛はミニボトルでした。持ち主によると長年、蛍光灯の光にさらされた状態だったとか。

 

保管状態は味わいに大きく影響するようです。 箱なしで店頭で売れ残っていたような泡盛は、瓶熟成の効果はあまり期待できないと個人的には思っています。

 

この体験が少なからず影響していますが、他のお酒、一般的な焼酎は瓶の中で熟成しないのに泡盛だけが熟成するといわれると・・・疑問は色々と沸いてきます。

 

泡盛と焼酎は何が違うの?泡盛の由来は?【画像でわかる】泡盛ができるまでなど、泡盛マイスターが初心者にもわかりやすく解説します。

【初心者向け】泡盛とは?泡盛と焼酎は何が違うの?


瓶で古酒づくりのレポート

手造り泡盛体験で造った泡盛のラベル
手造り泡盛体験で造った泡盛のラベル

忠孝酒造さんで初めて手造り泡盛体験をしたのは2011年。回を重ねる毎にその面白さに魅せられて2018年まで8年連続で体験を続けてきました。

 

できあがった泡盛のラベルは、体験スタート時に撮影した画像使ってオリジナルラベルを作ってもらえます。

手造り泡盛体験2011のラベル
手造り泡盛体験2011のラベル
  • 2012年は子供の誕生記念に
  • 2013年は友人の結婚祝いに

泡盛を造ったのでラベルは体験時の写真ではなく、記念に相応しい画像で作ってもらいました。

 

2016年からはラベル自体も自前で作って手造り泡盛造りを楽しんでいます。

 

自分で造った泡盛が古酒になるというのはとても感慨深いです。もちろん飲んでみたい気持ちはありますが、開けずに熟成させたいので味見も我慢しています。 


手造り泡盛体験2012のラベル

泡盛を造った時は体調不良でかなりグダグダでしたが、手元に届いた泡盛の出来栄えにはかなり満足しています。

手造り泡盛体験2012のラベル
手造り泡盛体験2012のラベル

今回のラベルはどんなのにしようか?・・・なんて、全く迷うことなくこの色紙の画像に決めました。

この色紙はお世話になっている局長さんの郵便局で開催された開局50周年イベントで、ことば絵書家神島 純先生に書いて頂いたもの。

 

すごく気に入っていて、いつ見てもいいものを書いてもらったなあと思っていたので、ラベルは文句なしに上等なものができました(^^♪

 

「子供が成人するまで寝かせる泡盛を自分で造る!」というミッションはクリアできましたが、これを20年間飲まずに我慢するという真のミッションがスタートしました!


手造り泡盛体験2014のラベル

箱の中から出てきたのは・・・なんと!僕の写真がラベルになった泡盛!!

 

別に某大臣のようにお世話になっている方に配るわけでもなく、まして選挙に出るわけでもありません(笑)

 

忠孝酒造さんで造ってきた2014年の泡盛ができあがっただけです。

手造り泡盛体験2014のラベル
手造り泡盛体験2014のラベル

手造り泡盛体験2015のラベル

8月に生まれた子供の名前の1文字をラベルにしました。ラベルの文字はセミナーコンテストでご縁があった書ムリエこと池上 晋翔さんに書いてもらいました。

手造り泡盛体験2015のラベル
手造り泡盛体験2015のラベル

沢山出して頂いた案がどれも素敵で正直選ぶのに苦労しました。その分だけ素晴らしいラベルが出来上がりました。

 

晋翔さん、おかげさまで誕生記念に素晴らしいものができました。ありがとうございました。

 

先の長い話ですが20年後にこの泡盛でカリー!するのが今から楽しみです(^^)


手造り泡盛体験2016のラベル

手造り泡盛とは直接関係ないけど、2016年はやっぱりこれかなと思ったのが泡盛でカリー!プロップスです。

 

今年もいろんな泡盛イベントを開催しました。楽しい時間を過ごすことができたのはこのプロップスのおかげと言っても過言ではないでしょう。

 

例によって相方にデザインしてもらったデータをカンプリに持ち込んで、文房具屋で買ったレーザープリンタ用のシール用紙に印刷しました。どうですか?楽しんでいる雰囲気が伝わってきますか?

手造り泡盛体験2016のラベル
手造り泡盛体験2016のラベル

でもいざ瓶に貼ろうとすると・・・・おかしい。間違ってシールの上に貼る保護シートに印刷していました。

 

ラベルの印刷の仕上がりがもひとつだなぁと思ってましたが道理で綺麗じゃないはず。

 

瓶に貼るから耐水性のシールの方がいいだろうと選びましたが、シールと保護シートが入っていることをちゃんと確認していませんでした。

 

仕組みを理解せずに耐水性のシールを選んだのが仇になったパターンです(苦笑)

 

逆に保護シートにあれだけ綺麗に印刷できるカンプリのプリンター(プロフェッショナル)はすごいですね!

 

ということで仕切り直し!

 

印刷し直してカットしたこのシールを瓶に貼って完成です。

オリジナル泡盛のラベルをカットしているところ
オリジナル泡盛のラベルをカットしているところ

貼るのはまあまあ上手くできたかな。

 

手造り泡盛体験2016のラベル
手造り泡盛体験2016のラベル

写真を沢山入れたくてラベルを大きくしたけど、正面から撮ると両サイドが収まらないってことは大きくし過ぎてるよね、やっぱり(笑)

 

 

ラベルひとつとっても一から作るのは難しいってことが身に染みた冬の日でした。


手造り泡盛体験2017のラベル

2017年は関西で泡盛ファンのつながりが形になってきた手応えがあって、泡盛でカリー!倶楽部の2周年イベントが印象的でした。

 

そこで、最近推している「つながるあわもり」というキーワードからラベルのデザインを考えてみました。

 

つながるあわもりに相応しい写真を集めてお気に入りの9枚の画像をかるた風に(年末年始に作業をしていたので)

 

つながるあわもりから連想するキャッチコピーを泡盛でカリー!倶楽部で募集してみたところ、ナイスなキャッチコピーをいただいたので採用させていただきました(^^)

手造り泡盛体験2017のラベル
手造り泡盛体験2017のラベル

応募がなかった文字は僕が考えました。最初の一文字じゃないキャッチコピーが多いのはご愛嬌ということで(^^) 

  • つ ながろう 泡盛飲んで みんなの輪
  • な カリスマと つはものどもが 泡の
  • が プロップス えおはじける 年の暮れ
  • る はしご酒 まだまだいけ 長い夜
  • あ わもりで つながるご縁 素敵かな
  • わ 来年も もっともっと 盛りあろう!
  • も ずくラブ 泡盛もラブで BBQラブ
  • り こだわの 泡盛でカリー! 蝉しぐれ

お祝いでカリー!ラベル

手造り泡盛体験では完成したお酒(一升瓶1本)がもらえますが、結構な確率で追加をお願いしています。

 

追加でお願いしている泡盛は720mlもあって、これは自分用ではなく誰かにあげる用です。

 

あげるなら何かのお祝いで乾杯するときに飲んでもらえたら嬉しいと思いラベルを作ってみました。

お祝いでカリー!ラベル
お祝いでカリー!ラベル

コンセプトはお祝いでカリー!(乾杯)です。おめでたい雰囲気が出ているでしょうか?

 

試作品なのでシールではなく普通紙にプリントアウトしてテープで留めただけです。実物はかなりしょぼい。

試作品のお祝いでカリー!(乾杯)ラベル
試作品のお祝いでカリー!(乾杯)ラベル

アップにするとテープが見えてるかもしれません(苦笑)

 

でも、こんな感じに遊んでいるうちにオリジナル泡盛の企画が実現したように思います。


コラム|古酒ならぬ古書の秘かな楽しみ方

焼酎・泡盛ブックは2007年に発行されたものなので、ラベルが現行のものと違っているものや終売になっているものも多くてハンドブックというよりは資料として楽しめます。

焼酎・泡盛ハンドブック

ゆったり焼酎・スッキリ泡盛の会 池田書店 2007年2月


ハンドブックに載っている「豊年」のラベルは、我が家にある瓶で10年間熟成された豊年のラベルと同じでした。

豊年@焼酎・泡盛ハンドブック
豊年@焼酎・泡盛ハンドブック

ちっちゃいけどよく見るとハンドブックの方の詰口日も同じ平成16年(に見える)。「豊年」の隣の「千代泉」のラベルも見慣れないデザインです。

 

こんな風に一覧になっていると「一番高いのはどれなのか?」とついつい探してしまうのですが、みなさんはそんなことしませんか?笑

 

ちなみに泡盛の中で一番高かったのは「守禮(限定20年古酒・43度)」・神村酒造でした。

守禮限定20年古酒@焼酎・泡盛ハンドブック
守禮限定20年古酒@焼酎・泡盛ハンドブック

これも瓶で20年間熟成させた泡盛です。これは瓶熟成泡盛のスーパー古酒ということになりますね。

 

最高額といっても2万5千円!高いといえば確かに高いのですが、ワインと比べると泡盛ってかなりリーズナブルだなと思います。


コラム|日本酒が熟成するとこうなるの?

古酒をぬる燗で。古酒といっても泡盛ではなく日本酒です。

  • 「自然酒生もと1992年(古酒・15度)」・大七酒造

1992年度に醸造して瓶で熟成された純米古酒で、瓶のまま20年以上も熟成されたもの。

 

泡盛の古酒の魅力に迫るためのアプローチのひとつとして、泡盛以外の古酒を味わってみました。

自然酒生もと1992年@大七酒造
自然酒生もと1992年@大七酒造

ちらし寿司の画像のお酒は乾杯用の泡盛のお湯割り。

ちらし寿司と乾杯用の泡盛のお湯割り
ちらし寿司と乾杯用の泡盛のお湯割り

純米古酒はこちら。色が全然違いますよね(^_^;)

自然酒生もと1992年@大七酒造
自然酒生もと1992年@大七酒造

「自然酒生もと1992年(古酒・15度)」をぬる燗で飲んだ感想です。

    

他の酒に例えるのは良くないとわかっているのですがアタックは紹興酒をイメージしました(この方がイメージ湧きませんか?)。

 

舌の上で転がすと瓜の粕漬けのような力強さを感じます。 飲み込むときには喉にピリッと来る、アルコール度数15度とは思えないボリューム感があり、僕が持っている日本酒のイメージからは程遠いものでした。

 

鼻に抜けるのは熟したリンゴの様な香り。口の中がきしきしするようなしゅうれん性を感じるとともに、余韻に焼いたみかんのような酸味を長く感じました。

 

例える香りや味わいは食べ慣れたものからしか出てこないので、表現力を養うためにも普段からいろいろな物を味わっていないといけませんね。。

 

どういうわけか無性にするめが欲しくなったのでいか徳利で楽しむのも面白そうでした。

 

僕は飲みやすいお酒がいい酒とも思いませんが(という前置きをした上で)、作りたての方が圧倒的に飲みやすいんじゃないのかなと思いました。

 

泡盛は熟成するほどに角が取れて丸くなるイメージがあり、本来のアルコール度数を感じさせないほどに口当たりもなめらかになります。

 

一方、日本酒は熟成するとともにどんどん主張してくる感じでしょうか。僕が日本酒の古酒を飲み慣れていないということを差し引いたとしても、この違いは面白いものでした。

 

ちなみに長期貯蔵によりキャップと瓶口の間の溝にカビが出る場合があります。と注意書きに書いてありましたが、キャップにカビはきていませんでした。

自然酒生もと1992年のキャップ
自然酒生もと1992年のキャップ


コラム|芋焼酎の長期熟成古酒

侍士の門(古酒・25度)・大久保酒造
侍士の門(古酒・25度)・大久保酒造

お客様からいただいた「侍士の門(古酒・25度)」・大久保酒造

 

お客様といっても泡盛マイスターのではなく、もうひとつの顔、司法書士の方でご依頼をいただいたお客様です。

 

僕らの士業の相続チームで作成したエンディングノート「相続あんしんナビノート」のメンバー紹介欄に泡盛マイスターを取得したことを書いたのですが、そこを見ていただいていたようです(^^♪

 

古酒(熟成)は泡盛の魅力の1つですが、熟成させることはなにも泡盛だけの特権ではなく、ワイン、ウイスキーや日本酒、焼酎などの楽しみ方の1つでもありますよね。

 

広義では泡盛も焼酎なのですが別物と思っている方が多いですね。いただいた「侍士の門(さむらいのもん)」は芋焼酎の古酒。

 

恥ずかしながら全く知らなかったのですが、今読んでいる「至福の本格焼酎 極楽の泡盛(山同 敦子/ちくま文庫)」の中で著者お薦めの銘柄として紹介されていました。

 

また、この本では「萬膳」で有名な万膳酒造では、芋焼酎を5年、10年、15年と5年おきに35年まで熟成する予定だということが紹介されていました。

 

35年古酒の芋焼酎というのはどんな味わいになるんでしょうか?

  

N様ありがとうございました。古酒の勉強に活用させていただきます。

 

泡盛の古酒の魅力に迫るアプローチの一つとして、泡盛以外の古酒の魅力を学ぶことも大切だと感じる今日この頃です。(2015年2月6日)


RELATED