泡盛マイスターはみんな酒豪なの?

泡盛マイスターなんですというとかなりの確率で「凄いですねぇ。お酒強いんですねぇ」と感心されるのですが、いやいや、そういう資格じゃないから。

 

もしかすると泡盛マイスターというのは僕の勝手に名乗っていると思っている人も多いかもしれませんね(苦笑)。

 

これは勘違いも甚だしいんです。だって飲めなくても取れる資格なんですよ泡盛マイスターって。

 

試験にテイスティングもありますが口に含むだけで吐き出しています(飲み込んでいる人も多いみたいですが笑)。口に含むので未成年は受験できませんが試験でも飲む必要はないので飲めなくても取れる資格です。

 

「泡盛は強い酒」というイメージが前提にあって、泡盛が好きということは相当飲めるはずだから「泡盛マイスター」と聞くと、それはもうむちゃくちゃお酒が強いんだろうなという想像が働くんでしょうね(苦笑)。

 

この泡盛のイメージを変えないと広く普及させようと思ってもどうにもならないと思うのですが、新商品といえば濃く・強い(度数が高い)ものがやっぱり多いですよね。既存の泡盛ファンが喜ぶのはそういう系なのはよくわかるんですが本当のところ泡盛業界の方はどう思っているんでしょうね?

 

話がそれてしまいましたが、泡盛マイスターの僕は果たしてお酒が強いのか?強くないのか?相対的じゃなくて絶対的にどうなのか?そんな疑問が湧いてきました。

 

正直なところ若かりし頃は「自分は酒が強いのでは?」と勘違いしたこともありました。今となっては僕の周りの泡盛好きには強い人がとても多いので自分なんて大したことないなぁと自覚していますが。。

 

それに振り返れば数々の失態に年々弱くなっているなぁと痛感する今日この頃です。そもそも、強かったのが弱くなったのか?もしかしたら強くないのに単に若さで乗り越えていたのが年齢とともに乗り越えられなくなったのでは?という疑問すら湧いてきました。

 

そんな時に遺伝子の型を調べることで体質的にアルコールに強いかどうかが分かるという、ジーンライフという会社のアルコール代謝関連遺伝子検査キットを見つけてしまいました。

 

ちょうど新生活キャンペーンかなにかでスペシャル価格の2,980円になっていたので(通常は5,250円)

いつやるの?今でしょ!

と飛びつきました。もう使い倒されていますが1度このフレーズを使いたかったもので、すみません(苦笑)。

 

申込みからほどなくして送られてきたこちらの箱。

かなりの大きさの割に中身は超シンプルでこんな綿棒状のものと同意書が入っているだけ。

口の中を綿棒でコシコシして会社に返送するとアルコールの耐性が「強い」「やや弱い」「弱い」の3段階で解析され、その結果に応じたシリコンバンドが送られてくるというわけです。ちなみにこれは使用前なのでご安心を(^_^;)

 

↓これがジーンライフから送られてきたアルコール代謝関連遺伝子検査の結果です。

さて、解析結果は如何に!

開けると中には検査結果を表すシリコンバンドがっ!!

色はグリーン、そしてバンドに刻まれた文字は「*1/*1」

それと「Don’t let me drink」

それから「too much!!」。

バンドに込められたメッセージは「私にあまりお酒をすすめないでください!」ということは

やっぱり弱かったか。。

過去の数々の失態もアルコールに弱かったゆえと納得。飲めないのに今まで無理してきたんだ、お疲れ自分と言ってあげたいとなんともいえない心境の中でこの紙を見ていると・・・

他のバンドにはこう書いてあるみたいなんです。

  • 「お酒は2杯が限界です!」
  • 「私はお酒がまったく飲めません」

ということは「*1/*1」はアルコールの耐性が強いということ。「なんだ、強いんじゃねぇの!!」ということで、過去の失態は

単なる飲みすぎ

によるものでした(爆)。 

 

アルコールに「強い」というのは「弱い」よりはなにかといいような気もしますが、「強い」方がアルコール依存症になるリスクが高まるので気を付けなければいけないんだそう。このバンドは自分に対する戒めとして飲む時に持ち歩こうと思います。

 

ちなみに日本人の6割弱は遺伝子型が「*1/*1」らしい。ということは日本人の4割がアルコールに「弱い」ということになるはずですが、高校の同窓会や山形県人会の飲み会でのみなさんの飲みっぷりを拝見する限り、どうしても4割とは思えない。

 

恐るべし酒処山形!!


ウコンもいろいろ

ウコンってお酒が飲める人が気合いを入れて飲む前とか、二日酔いになりたくないからと飲んでいるイメージがありますよね。お酒が弱い人の味方のような気がするのに飲めない人がウコンを飲んでいるイメージはないですね。

 

ウコンの種類も色々でこれはお酒上戸という名のウコン。「上戸」というのは「下戸」の対義語で意味はお酒をよく飲む人、酒に強いというところでしょうか。それならウコンは必要なさそうですがやっぱりウコンを飲んでさらに飲みたいってこと?ww

酒飲みたいっ!

間違えました。正しくは「酒呑隊」でした。琉球王朝秘伝のウコンです。心の声が出ちゃってたわけではありません(笑)。

こちらはなにかとお世話になっている「酒豪伝説」。パッケージが変わったのかと思ったら違いました、これは酒豪秘伝でした。

酒豪伝説はこっちですね。色も形も全然違いますね!?人の記憶ってそんなもんなんですね(笑)

こっちは初めて見るウコンかな?と思ったらパッケージが新しくなったハブウコンでした。

 

これは吉本興業のよしもと47ご当地市場プロジェクトの一環で比嘉製茶と吉本興業がコラボしたもの。オリラジがキャラクターで「夜の武勇伝をつくろう!」とは・・・ナイスなセンス(笑)。

それにしてもハブウコンって名前からして、でーじ(すげー)効きそうですよね?

 

僕がよくやってしまうのは、ひとしきりお酒を飲んで満足した時に「あ!ウコン飲むの忘れてた!」と思い出して、慌ててウコンを飲むこと。一袋に小さいウコンの粒が10粒ぐらい入っているのでそんな時に一緒に飲んでる人から「ひと粒頂戴!」ってよく言われるんです。

 

といっても、大の大人がたったひと粒のウコンをやりとりするのもナンなので「半分あげますよ」なんてやりだしたら、床にひと粒、ふた粒落としたり。

 

そんなこんなで、ウコン飲んでも二日酔いってパターンが時々あります。いやこれは詭弁かも・・・。単なる飲み過ぎ?

そこで一句「一袋 飲まなきゃ効かない ハブウコン」


怒涛の5連戦!?

今日からはホーム&アウェイでの怒涛の5連戦って単なる飲み会の話ですww

 

最近は多くても飲み会は週に1、2回だったので5日連続となると90分間ピッチに立っていられるのかが気がかり。中日(休肝日)が欲しい所ですが試合のスケジュールは変えられません。

 

それよりも心配なのはイエローカードの累積で、次の試合に出場できないんじゃないかということ。レッドで一発退場もありえますが・・・。そんなことにならないように、試合前にこっちのイエローをもらっておきましょうかの「琉球王朝秘伝! 醗酵ウコン粒」

そもそも全試合にスタメン登録されているのか?が大問題ですが。


ウコン王子プロデュースの!

文:泡盛マイスター伊藤 薫