古酒を育てる

泡盛を飲んでいると、あるタイミングで気がつくはずです。 ドリンクメニューに「〇泉3年古酒」や「〇波5年古酒」とか、古酒という文字があることに。 古酒というのは、読んで字のごとく古くなった泡盛? 寝かせると美味しくなるの?そして高くなるの?...

泡盛には賞味期限が表示されていません。賞味期限が表示されてないどころか、泡盛は瓶の中でも熟成すると言われています。瓶詰された年が10年違う2本の泡盛、宮古島の豊年で瓶熟成(びんじゅくせい)の秘密に大阪の泡盛マイスターが迫ります。

「人のふり見て我がふり直せ」 他人の古酒造りを目にする機会はなかなかありませんが、もちろん古酒造りにも言えることですよね。 不幸にも水のようになった泡盛を目の当たりにして、自分の泡盛の甕を点検するきっかけをもらった僕はとてもラッキーでしたd(^_^o) 強い、きついと言われる泡盛がどうして水のようになってしまったのか?

数年前から甕で古酒造りに挑戦しています。古酒造りを始めるために準備したものや定期点検で気をつけていることを中心にまとめました。 記事の内容 古酒造りを始めるために準備したもの 甕入れレポート 定期点検レポート 泡盛仕次古酒コンクールに挑戦 etc

沖縄出身じゃないのになんで泡盛なんですか?山形なら日本酒じゃないんですか? 全然沖縄っぽくないけど泡盛好きなんですか? 泡盛の何がいいんですか? ことあるごとに聞かれるこういった質問。 僕が泡盛にハマった理由をひと言でいうと泡盛と人生は似ていると思えたから。泡盛も人生も思いっきり楽しまないとダメなんだと泡盛が教えてくれました。だから僕は泡盛じゃないとダメなんです。 はっきりいって長いのですがお暇な方はどうぞ読んでみてください(笑)。 

2018年から沖縄国税事務署主催で開催されている泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクールというものがあります。2020年で3回目、僕は2018年のコンクールに出品しました。 本記事では出品方法をはじめ注意したことや結果についてまとめました。 記事の内容 泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクールとは? 出品区分 出品するときに工夫・注意したこと 結果発表!! etc

『飲む』だけが泡盛の楽しみ方じゃない!? 泡盛には、自分で『造る』楽しみ方もあります!もちろん勝手に造るのは違法です。 じゃあどうする?? 沖縄本島南部に泡盛造りを体験できる酒造所があります。那覇空港から車で10分に位置する忠孝酒造では手造り泡盛工場で泡盛造りを体験することができます。...

尚順男爵が書かれた代表的な古酒の香りのひとつ、トーフナビーかざは熟れたほおずきの香りです。 どんな香りなんだろう?と食用ほおずきを熟成させてみました。 種類によってマンゴーのような甘い香りやココナッツのような香りも。 いやはや泡盛の香りは奥が深い^ ^

3歳になったのでもう3年が経つんですね。ということはこのときの泡盛もめでたく古酒の仲間入りしたということになります。 あんなこともあったなぁと思い出を語りながら20年古酒で成人のお祝いができたらサイコーですね。 甕入れの儀は一生の思い出になるのでおススメです。

2011年7月に那覇バスの一押しツアー「泡盛島唄ライブコース」に参加して忠孝蔵を訪れた時に手にしたこちらのチラシ。 「自分で造った泡盛を飲みたい! あ・な・たへ 泡盛造り体験プラン」