充実の設備が支える 菊之露酒造

酒造所見学ツアー第6弾、またの名を「宮古島家族旅行2014」の2蔵目は菊之露酒造さんにお邪魔しました。ナビを頼りに走っていると「こんな中心部に酒造所?」と思ってしまうような場所に工場がありました。

 

家で泡盛を飲むときはそれはいろいろな銘柄を飲みますが、外で飲む時は「菊之露V.I.Pゴールド」が多いので(大阪泡盛の会をはじめ、お世話になっている「焼酎と泡盛BARがじゅま~る」さんのボトルが菊之露なので)、この工場で造られているのかと思うとなんだか感慨深かったです。

 

こちらが原料のタイ米、通常1日8トンもの米を仕込むそうです。さすが宮古島ナンバーワンの蔵元ですね。

「この回転式ドラム1機だけで1日8トン?」と思ったけどそんなはずはなく(笑)・・・

ビッグな円盤型自動製麹機(製麹機の内部の画像です)もありましたし、他にも回転式ドラムがありました。そりゃそうですよね~。

こちらは蒸留直前のもろみです。

「蒸留直前になるともろみってこんなにも黄色かったっけ?」という具合に何度見学しても毎回新しい発見があるのは面白いところ。1年振りの酒造所見学なのですっかり忘れてしまったという話もありますが(^o^;)

 

蒸留器は縦横どちらのタイプもありました。

回転式ドラム、円盤型自動製麹機、蒸留器それぞれが点在する印象を受けました。工場を増設されたのか?それとも銘柄によって機械を使い分けているからなのか?は聞きそびれました。。

 

蒸留後の泡盛はこちらのタンクローリーで離れた場所にある貯蔵タンクへと運ばれます。

アルコール度数30度の商品は30度に加水してから運ぶようです。素人考えでは加水した分だけ量が増えるので運搬が大変じゃないかと思ったのですがタンク容量3,000リットルなのでそれほど問題にならないのかもしれませんね。

 

今回は都庁で開催された泡盛フェスでのご縁で幸運にも製造の工場を拝見することができました。

 

こちらの工場とは別にある貯蔵や瓶詰め、ラベル貼りをする施設はさらに見応えがあるそうです。なんでも何百本も並ぶ貯蔵タンクが圧巻だとか。次回はそちらも是非拝見したいものです!こちらは販売部の建物です。 

こちらの本「泡盛はおいしい」で知った名杜氏、平良恵修氏がいらっしゃった酒造所ということで興味深く拝見させていただきました。菊之露酒造様 お忙しい中、丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。

追記

泡盛の酒造所見学でお邪魔した蔵は20箇所になり、沖縄本島で見学のできる酒造所はほぼ網羅できたので次は離島に行ってみようと、これまた家族旅行に絡めて(家族を巻き込んで)一気に宮古島の7つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

 

以前、東京で開催された泡盛のイベントに参加したご縁で幸運にも菊之露酒造さんの工場を拝見することができました。

 

「泡盛のイベントのためにわざわざ東京まで行く?しかも平日に!」と思われる方も多いと思いますが(自分でもそう思います)、それが泡盛マイスターとしての奥行きを広げることに少しでも繋がっていると思えば、無駄ではないのかなと思います。訪問日:2014年10月2日

文:泡盛マイスター伊藤 薫