ブログカテゴリ:泡盛を味わう



シャリシャリに凍らせた泡盛仕込みシークワーサー
泡盛とシークワーサーは鉄板の飲み方ですよね。カットして果実をそのまま水割りに入れたり。飲みやすいだけじゃなくて果汁を搾ってしっかりとした酸味を味わうのもお好みで。久高島土産の生搾り果汁で割ったらイシキ浜で見た神々しい朝日を思い出しました。

菊之露80th記念オトーリグラス
夜のトライアスロンと恐れられる宮古島独特の泡盛の飲み方、オトーリ。オトーリ廃止決議をしたその日の夜にオトーリを回したという上野村議会の真実は??未体験なので本で得た情報が中心ですが、宮古島名物オトーリついて調べてみました。

泡盛マイスターは泡盛全体を応援する立場なので、どの泡盛が好きとか美味しいとか言うべきではないという先輩方の教えを守ってきましたが、泡盛マイスターだからこそものすごく聞かれます。言わないと「実は詳しくないんじゃないか?」と思われることさえあります(苦笑)...

寒い日は泡盛だってお湯割りで。 お湯割りにすると香りが立つので古酒のひとつの楽しみ方としてもオススメです。 大阪の泡盛マイスター的には普通のお湯割りじゃ物足りないので燗酒にしてみたり、いか徳利でアレンジしてみたりと、泡盛の楽しみ方は無限大(^^♪

泡盛の水割りで乾杯!
ここ数年、ずっと気になっていること。 泡盛はロックで飲むもの(なんならロックで飲むのが一番美味い) と思っている人が多いこと。 沖縄物産展の泡盛BARに立っているときに泡盛の飲み方を聞くとオンザロックのオーダーがダントツに多いです。

泡盛カクテル 58KACHA-SEA
泡盛といえば・・・オンザロックやストレートで飲むものと思っている方が本当に多いです。 沖縄が持つ大らかで開放的なイメージや一年中温暖な気候ということもあって、高い度数のお酒をオンザロックやストレートでグイグイ飲んでいるイメージを持ってしまうのかもしれませんね。...

小さくても侮れないんです!お土産用などと軽く見てる場合じゃないですよ! 軽くて持ち運びに便利だしプラカップならビーチパーリーやアウトドア、甲子園の球場にも持ち込みできちゃう(^^)v お土産でもらった泡盛のミニボトルは今頃美味しい古酒に育っているかも?

泡盛がベースのお酒でカクテルのように甘味や酸味を程よく感じることができる泡盛リキュール。 ストレート、オンザロックだけじゃなくソーダ割りやフローズンスタイルとアレンジも楽しめます。 赤ワインをブレンドした変わり種も。入門編に泡盛リキュールはいかが?

泡盛の酒器の定番、カラカラです。由来には「空になったモノを振るとカラカラと音がした」という説があります。 何故、音がするかというと中に玉が入っているからなんですね。注いでみなくても手で持っただけで中身が入っているかどうかがわかる優れもの。巷には玉が入っていないものもありますが、頂いたのは玉が入った本格派でした!!...

パッと見は詰め替え用の洗剤ですが(失礼!)、れっきとした泡盛です。近所のスーパーでも日本酒、焼酎のパウチタイプを見かけるようになりましたが、これは2014年9月に発売された泡盛業界初のパウチタイプ「久米島の久米仙パウチタイプ(13度)」・久米島の久米仙です。...

さらに表示する