泡盛マイスター

僕が泡盛のテイスティングをするときに特に心がけているのはこの2つ。 泡盛の良い面を見る 感覚的な表現よりもできるだけ正確に できないときもありますができる限り意識するようにしています。泡盛のテイスティング勉強会ではできるだけ正確に表現することを特に心掛けています。

大臣賞を目指して挑戦した泡盛マイスター技能競技大会2015。なんと!なんと!宣言通りに大臣賞(沖縄及び北方対策大臣賞)をいただくことができました〜大臣賞をいただくことできたのはアレのおかげだと思います。黄色の例のアレです(^^)

泡盛マイスターですって言うと「めっちゃお酒強いんですねー!」と驚かれることが多いんですが、飲めるかどうかは全く関係のない資格です。それはそうとはたして僕はお酒に強いのか?気になってジーンライフの遺伝子検査でアルコール代謝について調べたことがありました。

恒例の関西泡盛同好会の例会に参加しました。今回は大阪城近くのKKRホテル大阪に会場を移しての開催。新阪急ホテルの方がよかったという意見もわかりますが、広いし事務所からも近いので個人的にはなかなか良かったと思います。昨年よりも会場が広くなって真ん中に泡盛ブースのスペースをどーん!と取れていたので、試飲できる泡盛が凄い量。とてもじゃないけど飲みきれません。それでも少なく見積もってもこれくらいは飲んだみたいですが(苦笑)

新しいことを始めるには、またそれを継続するにはそれができるような仕組み作りが大事だということを最近つくづく感じます。全日本泡盛マイスター技能競技大会(日本王座決定戦)にチャレンジすることを周りに宣言することで(ブログでも書くと)、「やっぱりやめます」は言いにくくなるので効果的です。...