泡盛を食べる

泡盛の楽しみ方は無限大という切り口で泡盛のいろんな飲み方に挑戦していますが、さらにその進化系で食べる泡盛に挑戦してみます。食べるラー油みたいな感じですかね?...

飲める人は一般的に甘いものが苦手だったりするみたいですがお酒も甘いものもどっちも好きな人も沢山いますよね。 僕もどっちもいける口です、もっぱら左党ですが。  大阪の泡盛マイスター の視点から泡盛とスイーツの楽しみ方について考えてみました( ^ω^ ) さてどんな楽しみ方が登場するのか!?

「どの銘柄の泡盛を使って作っているのかわからない」というイメージが強い泡盛ボンボンですが、ファッションキャンディが開発した「琉球泡盛BonBon」はその固定概念を思いっきり壊してくれました! 全46酒造所の泡盛(新酒)だけでなく古酒を加えた57銘柄の泡盛を使って作られています。しかも使っている泡盛のラベルを再現して1つずつ包装されているので「インスタ映えする」と若い女性を中心にブレイクしているみたいです。 こんなにたくさん種類が揃っていると泡盛マイスター的にはやってみたくなることがあるんです^ ^