泡盛を訪ねる

幻の泡盛という異名を持つ「泡波」に泡盛マイスターが波照間島で出会った〜 通称ゲロ船と恐れられる船に石垣島から1時間揺られて、たどり着いた波照間酒造所の前に立ってみて思ったことは・・・ 泡波って出世魚みたいだなってことでした(笑)

石垣島の宮良の集落の風景に溶け込んでいて、この表札(看板)がなかったら誰も泡盛の酒造所だということに気がつかないんじゃないのかな? 大阪の泡盛マイスターが実際に仲間酒造所の前に立って感じたこと。

白百合ファンには説明不要 知らない方には説明不能!? あの個性的な味わいで有名な白百合です( ^ω^ ) 白百合と出会ってなかったら泡盛マイスター を目指すこともなく、酒販免許を取りオリジナル泡盛を造ったりしてないわけで(苦笑)、僕の泡盛人生の原点といえる泡盛です。 酒造所見学ツアー第7弾、またの名を「石垣島泡盛強化合宿2015」の3蔵目はあの白百合の池原酒造所さんにお邪魔しました。

2018年3月末で廃業した「千代泉酒造所」を訪ねた時のレポートです。 既に休業中で見学はできませんでしたが宮古島の奇祭「パーントゥ」を体験できたのは一生の思い出です。 誰もがもう飲めないと諦めた泡盛「千代泉」ですが「誇酒プロジェクト」として復活に向けて進行中みたいです( ^ω^ ) さてパーントゥの御利益とは?

酒造所見学ツアー第10弾の与那国島旅行で1蔵目にお邪魔したのは崎元酒造所さんです。 これまではひとりで、もしくは相方や家族をまきこんでという見学スタイルでしたが、今回はなんと泡盛愛溢れるこちらのお二人と一緒。お二人というのは泡盛イベントでつながったひーちゃんと浜田さん。泡盛ファンの間では有名なお二人ですよね(^^)...

沖縄最終日にお邪魔できた北谷長老酒造工場さん。 試飲を勧めていただきましたが運転なので泣く泣く諦めました。全銘柄が並んでいて圧巻の眺めでしたね~! 「北谷長老」と「一本松」の造り方の違いも聞けて収穫の多い時間でした。訪問した泡盛の酒造所は45蔵になりました。

ご縁をつないでもらってようやく龍泉酒造さんを見学することができました!感謝! 電球が吊るされた麹棚なんてはじめて見たかも^ ^ はじめて聞くハブ酒造りのお話も面白かったです。 もっとゆっくりお話したかったけど台風じゃ仕方ない。またあらためて^ ^

一人で三宮に出掛けていた相方から「春雨売ってるよ!」とメールがあったので、1本買ってきてもらったのがこの「カリー春雨(30度)」・宮里酒造所でした。 四合瓶だろうと思って軽い気持ちで頼んだら一升瓶だったらしく。リュックから一升瓶を少しだけ出した状態で担いで帰ってきました。

台風21号で入波平酒造さんが甚大な被害に遭われたのは知っていましたがその爪痕は数年経ってもはっきりとわかるほどでショックでした。 与那国島で数日過ごせば1枚の板だって島では簡単に買えるわけじゃないこともわかってしまう。 だから大阪から応援することしかできません。

どなんが造られている工場はひと目見てピカピカで広いなぁと思ったのですが、いくら広いからって・・・ まさか泡盛の応援ソング「盛り泡ろう!」を工場の中で踊らせてもらえるなんて思ってもみませんでした(≧∀≦) すごく貴重な体験をさせてもらった国泉泡盛さんの工場見学レポートです!

さらに表示する