泡盛を訪ねる

沖縄最終日にお邪魔できた北谷長老酒造工場さん。 試飲を勧めていただきましたが運転なので泣く泣く諦めました。全銘柄が並んでいて圧巻の眺めでしたね~! 「北谷長老」と「一本松」の造り方の違いも聞けて収穫の多い時間でした。訪問した泡盛の酒造所は45蔵になりました。

ご縁をつないでもらってようやく龍泉酒造さんを見学することができました!感謝! 電球が吊るされた麹棚なんてはじめて見たかも^ ^ はじめて聞くハブ酒造りのお話も面白かったです。 もっとゆっくりお話したかったけど台風じゃ仕方ない。またあらためて^ ^

台風21号で入波平酒造さんが甚大な被害に遭われたのは知っていましたがその爪痕は数年経ってもはっきりとわかるほどでショックでした。 与那国島で数日過ごせば1枚の板だって島では簡単に買えるわけじゃないこともわかってしまう。 だから大阪から応援することしかできません。

どなんが造られている工場はひと目見てピカピカで広いなぁと思ったのですが、いくら広いからって・・・ まさか泡盛の応援ソング「盛り泡ろう!」を工場の中で踊らせてもらえるなんて思ってもみませんでした(≧∀≦) すごく貴重な体験をさせてもらった国泉泡盛さんの工場見学レポートです!

修復工事のためタイミングが合わず数年越しで見学することができた「國華」の津嘉山酒造所さん。 お邪魔した時に工事中だった泡盛の酒造所というのははじめてでした。でも工事中だからこその見所も多く印象に残っています。 保存修理事業が完了したようなのでまたお邪魔したいです^ ^

運天港から伊是名島へのフェリーは1日2本。日帰りするなら伊是名島での滞在時間は2時間。 島での移動はレンタルサイクルだし、しかも台風が来ている中で伊是名酒造所を見学してフェリーの出発時刻までに港に戻ってくるというミッションの結果はいかに!?  

工場の前に立ってみると、どんな風景の中で造られた泡盛なのかがよくわかる。 これが僕が泡盛の酒造所を訪ねる理由です。見学できなければ尚更のこと。 宇江城城跡の麓のさとうきび畑に囲まれた高台に久米島の久米仙さんの工場はありました。

2016年の台風18号で工場の屋根に甚大な被害を受けた米島酒造さんに台風直撃から10日後にお邪魔することになるとは。 屋根がないので在庫を減らしたいという要望を受けて、少しでも役に立ちたいという泡盛ファンの想いと泡盛の注文を手に久米島に向かったのは忘れられない思い出です。

読谷村にある残波の(有)比嘉酒造さんにお邪魔しました。

酒造所見学ツアー第7弾「石垣島泡盛強化合宿2015」のラストを飾る7蔵目は仲間酒造所さんです。 石垣島の宮良の集落の風景に溶け込んでいて、この表札(看板)がなかったら誰も泡盛の酒造所だということに気がつかないんじゃないかな? 大阪の泡盛マイスターが実際に仲間酒造所の前に立って感じたこと。

さらに表示する