泡盛を知る

泡盛の古酒といえば甕のイメージが強いかもしれませんが、泡盛は瓶の中でも熟成するのをご存知ですか? 宮古島の泡盛「豊年」を瓶で10年間寝かせたものと新しいものを泡盛マイスター が飲み比べてみました(^^) さて違いはあったのか?

いいお店だと気に入っていたある割烹の 大将にこう言われたときは 正直、ひっくり返りそうになりました。 というのもお店の雰囲気からして 日本酒しかおいてなさそうなのに 焼酎(芋や麦など)もおいてて 1種類だけですが 泡盛もおいていることも 気に入ってる理由だったので。 わかってて泡盛をおいていると 思っていたのに・・・...

泡盛がベースのお酒でカクテルのように甘味や酸味を程よく感じることができる泡盛リキュール。 ストレート、オンザロックだけじゃなくソーダ割りやフローズンスタイルとアレンジも楽しめます。 赤ワインをブレンドした変わり種も。入門編に泡盛リキュールはいかが?

泡盛初心者のみなさんが持つ泡盛のイメージを変えるきっかけになるかもしれない泡盛の秘密のお話。「お酒が飲めない方」にも泡盛を楽しんでもらいたくて、大阪の泡盛マイスターが泡盛を使った○○などを体当たりで試してみました( ^ω^ )

飲むだけが泡盛の楽しみ方じゃない! よく言われる・僕も言っていることですが泡盛に纏わる本を読み漁るのは至福のひと時。 酒造所巡り、古酒作り、料理とのマリアージュ、傍らに泡盛が注がれたグラスがあればさらに楽しめる。 結局は飲むということです(笑)

泡盛に限らずお酒があるコミュニケーションはとても楽しいもの。 楽しいゆえについつい普段よりも沢山飲んでしまうわけですが、度数の高いものが多い泡盛は気がつかないうちにお酒の適量を超えてしまっているかも? 1日に飲む泡盛の適量ってどのぐらいなんだろう?と、ふと思い調べてみました。

こだわって泡盛を飲みだすと嫌が応にも耳にすることになるのが「三日麹」「酵母」「減圧蒸留」「直釜式蒸留」 といった泡盛ワード。 泡盛のマニアックな面を殊更に強調したいわけじゃないけど、理解しておくとさらに泡盛を楽しめること間違いなしの重要泡盛ワードを泡盛マイスターが初心者向けに厳選しました! 薀蓄嫌いでなければ、いや少々我慢してでもお付き合いいただければと思います(^^)

尚順男爵が書かれた代表的な古酒の香りのひとつ、トーフナビーかざは熟れたほおずきの香りです。 どんな香りなんだろう?と食用ほおずきを熟成させてみました。 種類によってマンゴーのような甘い香りやココナッツのような香りも。 いやはや泡盛の香りは奥が深い^ ^

ミニボトルから一斗瓶(一升瓶10本分)まで種類が豊富な泡盛の瓶。 一合は180mlだから三合瓶なら540mlのはずなのに600mlになってる泡盛の三合瓶。 この微妙に60ml多い理由って??